しなのさかいの駅前広場

カタログ…

KATO 165系 急行「佐渡」

こんばんは。しなのさかいです。




近所に存在する「山田うどん」。
言わずと知れた埼玉県のネイティブチェーン、ソウルフードでして、同県からあふれ出したお店がこうして近県で営業しています。
クルクル回るかかしマークは最近になってマイナーチェンジしましたが、ここはまだ旧タイプ。
それにしても“回転する”ロードサイドの看板は今どき珍しい。
とても目立ちます。
ですので、ずいぶんと前から「ここにあるのかぁ」と思って見ていたのですけど、殺伐とした佇まいはなかなか入りづらい雰囲気を出していて、何十年もの間、未知の世界のままだったのでした。

しかし、とうとう家族で食べに行きたくなる(安めの)お店のネタがなくなりまして、年貢の納め時という具合でついに訪問。

店内は1980年代のサービスエリアの雰囲気で、なんとオーダー取りも手書き伝票。
座敷席にはプープーと音が出る子ども椅子。
そして、自分が座った椅子はグラグラ。
久しぶりにノスタルジーを感じてしまいました。

「かき揚げ丼」はとても気に入りました。
家の連中もチープさに反した味の良さに惚れたようで、10月と11月で3回も訪問しているところなのでした。



どうでもいいことを書きました。





カトーから「佐渡」が発売されました。
前回の記事で少しだけ触れていましたので、その続きとしてみたいと思います。





細かくて伝わらない…というレベルかどうか。
雨どいが短いクモハ165の初期車だそうです。
これが運転台上部まで延長されたのは56番からとなるようです。
製品は「クモハ165-54」を名乗っています(流石にそこは間違えませんよね)。





回送運転台が付いたモハ164 500番台。
そもそも500番台の出自は1963(昭和38)年10月改正における準急「鷲羽」の12両化。
宇野線の変電所のキャパシティの都合で同線内を4M6T=10両編成とする制限があったことから、クモハ+モハを岡山回転とすることとなりました。
その際に製作されたのが、このモハなんだそうですが…

501から514までが製作され、このモデルはその内の「513」を名乗っています。
しかし、クモハ165-54とモハ164-513のユニットは新製配置が新前橋であり、西日本地域に所属したこともなさそうです。
つまり宇野線とは無関係。
関東ではこの回送運転台をどのように使っていたのでしょう?


その他、FRPタンクとなったサロ165というのもありますが、この辺りは製造時期による合理的な素材の選択と言えそうです。
低屋根でない普通屋根のモハ164とサハ165の製品化は定石と言えそうですので、これ以上の取り上げは省略します。





本題は、このサハ164です。
今回のセットでは、サハシ165-0(これも新規)との差替え選択方式で同封されました。
このことから「佐渡」は13両編成なのに基本セットも増結セットも7両(合計14両)というおかしなことになっています。
急行「ニセコ」セットのような、上り列車と下り列車とで別のスタイルを確保する必要もないですから。

このサハは、「アルプス」でサハシを連結すると登山客によるビュッフェの混雑(占領?)が激しくなることから、ビュッフェを売店方式へ変更することを目的に、1966年3月に製造されたもので、僅か2両しか存在しませんでした。
したがって、上越線よりも中央東線に使用されていたイメージが強く、逆に「佐渡」はサハシの方がしっくりとくるのです。
だってですよ、2両のサハが新潟に配属されていた期間は1974年12月から1978年7月までの間だけでしたから。
その後、約1年を大垣で過ごしますが、再び松本配属となり、再び中央東線を行き来することとなります。

サハシを編成に入れているとき、サハはこうして引込み線に留置しておくか、ケースに仕舞いっぱなしにするようになります。
ちょっと無駄ですよね。





カトーのアナウンスでは、1975(昭和50)年から1978(昭和53)年の姿としているとのことです。が、その頃の時刻表を取り寄せるのも面倒なので、手っ取り早く手元にある1970(昭和45)年12月の時刻表から、運行番号を確認します。





付属するシールには「佐渡」として「705M」と「706M」が収録されていますが…
1970年に当てはめると、どちらもそれぞれ上野と新潟を14時に発車する「佐渡3号」と「佐渡4号」というイメージで良さそうです。
カトーが想定する1975年頃もそうだったのかなぁ?





関東に住む者としては下り列車に憧れるものですから、今回も迷わずに「705M」としてみました。
この、番号を調べてから選択するプロセスは、115系300番台のときからのお楽しみとなっています。





上越線の主力列車ですから、同じく主力列車となる181系「とき」に登場してもらいましょう。





水田が広がる越後平野でも165系と181系の邂逅はあったわけで、昔は当たり前だった、今ではなんとも贅沢なシーン。
架線柱にはエメラルドグリーンの着色が必要でしょうか。





直線区間を爆走。
陽炎の向こう側からMT54の音が唸って聞こえてきそうです。





というわけで、カトーのリニューアル165系・第3弾は急行「佐渡」でした。
ホームページでも詳しく説明されているように、クモハとサロには、ひと目ではわからないような細かい形態差異が再現されていて、165系の全てを知り尽くしたようなユーザーには歓迎できる14両セットだったようです。

しかしながら、普通屋根のモハ164とサハ165、165系オリジナルのサハシであるサハシ165-0にとどまらずに、サハ164までを新形式として注ぎ込んでしまった辺りには、どうしても「やり過ぎ」感が漂います。
「アルプス」をもう一度生産する必要が生じたときに、今度はサハシではなくサハを入れて、別の角度から企画することもできたような気がするからです。
一見、ネタを使い尽くしたように見える中央東線の企画も、まだ183系0番台や189系(もちろん国鉄特急色ですよ)で「あずさ」をやる余地が残っているじゃないですか。
そのときの介添えとなる「アルプス」のために、このサハの製品化を温存しておけばよかったのです。
それを、差替え選択方式として“禁断の14両目”に入れてしまったのが今回と言えましょう。
実に惜しいことでした。

モハ164-500にもストーリー性、エピソードが添えられると良かったですね。





とはいえ、165系の急行「佐渡」は必要でした。
次は「東海」?
それとも169系「信州」?
「東海」ならば“大垣夜行”345M(375M)も意識して企画して欲しいです。
後者の方がセットネームとしてはユーザーの琴線にふれるような気がするからです。


ではまた。

スポンサーサイト
  1. 2018/11/22(木) 23:30:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<関東者なのに221系が好きであるというその理由 | ホーム | レイアウト工事・集中月間でした。>>

コメント

新165系の出来は素晴らしいと思いますが、今まで購入を見合わせておりました。
旧製品とプロトタイプが同じだからです。
今回の佐渡の内容を見て即予約、購入いたしました。今後、東海セットが出ても買わないでしょう。169系信州妙高なら買うかもしれません。
AU12車やサッシ化サロなど、変形車を製品化しないと商品として難しいのではないでしょうか?
急行形電車気動車はトミックスHGが実車のさよならブームに合わせて登場して今日までに市場を食い付くした感があります。欲しいのあるけどカトーが出さないからトミックスでいいや、
こんなのばっかりです。
  1. 2018/11/23(金) 07:45:21 |
  2. URL |
  3. とも #-
  4. [ 編集 ]

165系レポありがとうございました。
佐渡セットのやり過ぎでしょうか?
もしかしたら、一気に金型を揃え じっくりと
展開して行くのかもしれませんね。
チョットカトーらしからぬ価格設定に
違和感を持ってしまいます。
予想される 急行東海辺りの製品化の際のラインナップは担当者の腕の見せ所でしょう。(クモユ141をお願いしたいものですが…)
  1. 2018/11/23(金) 08:18:16 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

いつの間にか30両

Assyの予告通りにサハシの室内部品が153系になっちゃておりますが、
保有総数が非常に多い当方では食堂車だけは色差し等を楽しんでおりますので、直線で終わるカウンターは自分でやらなければいけませんね。
中途と思えるようなサハ164はどうしましょ
アルプス編成を2セット所有されるユーザーにはサハシとサハを仮トレードして「アルプス」を楽しむ時には2種類編成のすれ違いが楽しめますね。 
一方、サハシの153系改造タイプは使われていたかは不明ですが
「佐渡」の方は1965年頃までのサハシ2両入りの編成がでっち上げできますね。
嗚呼。。 (アルプス編成もう一つほしくなっちゃたぞ~)

山田うどん^^
当方は1000回以上入店しているだろうなぁ~
30年ほど前は献立も数種類しかありませんでしたが、今は品目もファミレス並みに増えて調理待ち時間が長くて面倒になっちゃたかな。

さ~て、恒例のベンチレーターとクーラーのバリ取りからだ (・。・;
  1. 2018/11/23(金) 17:23:05 |
  2. URL |
  3. PIN #-
  4. [ 編集 ]

トミックスHG製品との付き合い方

ともさん

コメントをありがとうございます。
トミックスHG製品の存在は大きいですよね。
当方もキハ58系については、完成度だけでなくHGの他形式気動車との混結もできますから、トミックス製品で満足してしまっていました。そこへカトーが「リニューアルをやる」とアナウンスした訳ですから、「うぇー」という気持ちになることは止められなかったと記憶しています。
他方、165系なんです。20世紀末にトミックスが製品化したものは隠ぺい力の弱いスカスカの湘南色でした。その後も劇的な改善は見られず、このHG製品をもって自分の中の165系とすることはできないと思い続けていました。その間15年。
そこにようやくカトーのフルリニューアルです。165系の象徴ともいえる「アルプス・こまがね」は、正にドンピシャの列車選択でした。
先行するトミックスのHG製品で満足してしまうやり方もありますが、どちらかというと当方は、トミックスとカトーとで競合する形式を比較し、納得できる仕様、解釈、完成度へ傾くというスタイルです。
既にトミックスが製品化してしまった形式をカトーがどのように解釈するのか、またその逆はどうなのか。こういう比較をし続けて、コレクションをより完成度の高いものにしていくというのもイイものですよネ。
  1. 2018/11/23(金) 21:26:46 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

余りもの

線路際の住民さん

そちらはどうしましたか?
ねぇ、ちょっとやりすぎですよね。
良心的な価格だと信じてきたカトー製品も、いつの間にかその安定感が崩れてきています。
そんな中、常に余る1両が入っているのですから。
次の165系がどのようになるかはまだわかりませんが、今のカトーの企画におかれては、ユーザーの心理を読み間違えないでもらいたいなあと思います。
  1. 2018/11/23(金) 21:32:12 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

サハ164の憂鬱

PINさん

お久しぶりです。
「佐渡」のダブル・サハシ。
そうなのです。普通車は非冷房になってしまいますけど、「佐渡」というとサハシ・サロ・サロ・サハシという編成の方が特徴的。豪華な編成ですよね。なお、サハシ165の50番台は信州方面から離れることはなかったようです。
「アルプス」「こまがね」は2編成持っていると心が落ち着きますよー(悪魔のささやき)。「アルプス」はまだ店頭で見ることができますね。今回のサハ164を手にした方々が魔が差したようにそうした気を持たれると、サーッと店頭から消えてなくなるような気がします。
いずれにしても、サハ164は「アルプス」に組み込んでこそふさわしいと言えましょう。
  1. 2018/11/23(金) 21:42:45 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

急行型、大好物人間からしてサハ164/モハ164-500入りはストライク過ぎましたので迷わず入線です。カトーも随分お値段が高くなりました。昨今の人件費・材料費の高騰理由でしょうか?以前、トミーでサハ164入りを所有していましたが、ハイグレードで有りながら塗装の乱雑さには許すことが出来ず、かなり前におさらばしました。伊那でモハ165の型が有りますし、カトーの165系も残すところシールドビーム車を新規製作の上、大垣の165系「東海」でしょうか?サロ165も帯なし?佐渡のセット構成からしてサロ163も入りそうですね。165系・キハ58系リニューアルの流れで455(475系)リニューアル、サハシの新規製作からして153系リニューアルもして欲しいのですが。
165系サハ164入りアルプスとして販売しても2編成導入ユーザーはそれほど居なく、Assy設定の無い特別企画品発売をしても買い替え需要しか生まれない気がします。この後のシールドビーム車入りを導入すれば40両級ですから。それに更にサハ164入りアルプス迄揃えるユーザーとなると・・・というのが小生の意見です。
  1. 2018/11/26(月) 16:02:09 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

再生産品が並んでもお店に客は来ないのです

鉄人1028号さん

どうもです。
皆さん、カトーの新165系の今後が気になるようです。こんな話題がユーザー間の触媒となっている現実は、まずは肯定しておくべきなのでしょうね。

サハ164の件は残念ながら見解の相違であり、主観論争を避けるべきだと思いながら、一つだけ付け加えさせてもらうことをお許しいただけるのであれば、それは、従来のカトーの企画には「ラダー型」と言えるような独特の展開があったということなんです。
まずは強力なコンテンツでその「ワールド」への突破口を開く。これが最初の「半歩」。この時点では内外共に批判や不安の声が鳴り響いているでしょう。やがてその次の形式、またその次の形式…と梯子を登るように「一歩」ずつ前進していくときに、以前の金型を利用した「新しい別の企画」を半歩分添えてムードを演出するというもの、です。
したがって、仮に今後183系0番台で「あずさ」、189系で「あさま/あずさ」が展開するとしたら(仮に、ですよ)、少なくともそこに添えられる「アルプス」は単なる再生産ではなかったのではないかと思えるんですよね、少なくとも数年前までは。
昨今のポスターに見られるラインナップ。単独でぽろんと転がり出るような、脈絡がよくわからない企画、再生産メニューが散見されます。
逆にシリーズ展開をしているように見える今どきの中央本線モノや晩年の碓氷峠モノは、10両を超えるセットが短期間で連続してリリースされるなどユーザーとしてはとても厳しい展開が組まれており、もう「お腹いっぱい」。189系「あずさ」ニューカラー、E257系(再生産)、115系1000番台長野色(再生産)、E353系。これらは一体どのくらいのタイムスパンで生産されるのでしょうか。これから中央東線を集めようとするユーザーにとっては「買いたくても買い逃すしかない」でしょう。

サハ入りの編成を手にしてもう一つの「アルプス」を手に入れるかは個々のユーザーの判断なれど、もし次に店頭に「アルプス」が並ぶときは、単なる再生産モノとしてではなく、何か別の形で模型店が「あの頃の中央東線、こんなのもいいよね」という空気感に包まれるような、そんなアイテムとして存在していて欲しいなと。模型店だって再生産品を置いていても客集めにはつながらないのです。店頭で「アルプス」論議が生まれるには、新たなカンフル剤が必要です。

いろいろ書いてしまい申し訳ありません。ただトミックスのHG製品に魅力を感じていないことは同じですよね。こういう声がキチンとメーカーに届くかどうかで古い形式・列車の企画の成功が決まるのではないでしょうか。
だって、ねぇ。LSEを1982年頃の設計ベースでリニューアルしたって誰も興味を持たないでしょう(笑)
  1. 2018/11/26(月) 18:44:02 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

鈍行バージョンも。。

しなのさかいさん

165系のリポートありがとうございました。こんなにバラエティーに富んでいたとは知りませんでした。模型から学ぶことが多いこの頃です。大蔵卿の許可が出ず導入できませんでしたが、今の165系素敵ですね。私ははるか昔のKATOの4両セット(クモハ、モハ、サロ、クハ)をカプラーを変え、TOMIXのスノープロ―、トイレタンクを付けて3両で運行しております(鈍行用。財政難の国鉄の雰囲気、サハではなくサロが余ってます)。年月がたちいい感じに古ぼけました。今はLEDが主流ですが豆球もreality的には今でも十分ありかなと思います。賛否両論あるかもしれませんが、165系の今後の展開ではJR仕様として3両編成も出して欲しいです(これだったら買える!)。晩年のコツコツとした頑張りも素晴らしいものでした。実車は中央線、日光線、両毛線、紀勢線などで乗りました。中央西線での381, 383系とのコラボが一番やってみたいところです。シールドビームと目玉でかの両方を製品化して欲しいです。
  1. 2018/11/26(月) 20:46:53 |
  2. URL |
  3. 十和田丸 #-
  4. [ 編集 ]

感動を手の中に、ちんまりと

十和田丸さん

3両の165系、とてもいいじゃないですか。
思い返すと、1990年代の165系ブームはこうした3両編成のコツコツとしたローカル運用に支えられていたようです。当方も中央西線の運用にはお世話になり、冬の空気の中をひた走る3両編成は深く記憶に刻んでいたりして。
低屋根の3両セットが発売されたのもそんな頃でした。13両なんていう高いハードルでなくても、短いこじんまりとした編成でも165系は楽しめます。
どうでしょう、大蔵卿のお許しを求めて「こまがね」編成を手にされてみては。あれは飯田線の運用ということにこだわらずに、中間のクハを抜いて3両編成にすることもできる素敵なセットでした。
探せばまだあるんじゃないかしら。勝手なことを申しましたが、新仕様を一度手にして感動してみて欲しいなぁと思いました。
  1. 2018/11/27(火) 21:29:39 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。先日はどうも。
コメ遅くなってすみません。仕事場だと堂々とテツ話もできないのが残念です。
山田うどん、独身の頃は県内の撮影の時によく使ってましたね。所在地は意識していなくても、お昼の移動時に何故か目につくので。昔はコンビニよりも山田うどんの方が多かったようにすら思います。今では県内の撮影どころかクルマにも殆ど乗らない状況なので、もう20年くらい行っていないと思います。駅ソバのドライブイン版のようなリーズナブルさ、座って食べる安堵感、身の丈に合ったグレードが良かったですね。
「佐渡」編成、500番代まで入っていたんですね。165系の中ではサハ164と共に思い入れのある車両なので、個人的にはぜひ揃えたいアイテムですが、今は将来を見据えて買い控えしています。単品だったら絶対に即買いでした。
車種揃えとタイミングについて人によって思いが違うと思いますが、私的にはドストライクです。写真を本格的に始めた頃には身近に実際に走っていた車両ですから、サハ164を連結していたレア感は今思い出してもゾクゾクします。500番代は全然意識していなかったので、むしろ「アルプス」や「ごてんば」のイメージになってしまいますけど。
今後の展開は169系に期待しても良いのかと思いますが、レアなところだと新前橋の169系900番代を連結した「ゆけむり」「草津」「あかぎ」なんかでも良いかな?と思います。ちょっと地味なんで、売れ筋ではないかもしれませんけど。
  1. 2018/12/01(土) 22:36:32 |
  2. URL |
  3. キハ181つばさ #LWshcgts
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰しております。
件の佐渡、こちらはセット内容から「アルプスを増発せよ」と解釈し、
新潟運転所ではなく松本運転所として増車しました。
(モハの800番台は東海やるために温存している伊那セットとトレード。
サハ165のの屋根を使って、副産物でモハ165の新製冷房車も出来ました)
友人情報(新潟ではなく神領を目論んでいる)ではモハ164にPS23搭載には屋根板の加工が必要ですが、
まぁ気楽にいじって遊びます。

現行165系のシールドビーム、どのタイミングで出るのかしら?
  1. 2018/12/04(火) 12:13:17 |
  2. URL |
  3. のぶひこ #erioLFTw
  4. [ 編集 ]

ファミリー食堂

キハ181つばささん

モハ164-500、単品だったら即買いですか。それはまたディープな…。
旧型客車それぞれに個性があるように、国鉄時代の電車にもそうした魅力があるのかもしれません。
仕様の標準化が進んだ今の車両にはなかなか個性が生まれないのでしょう。
169系は必要なんですよね。EF63と併結させるためにも。
山田うどんについては改めてご教示ください。最近になって「ファミリー食堂」というキャッチが付いたそうですが、そのファミリーを代表しますと、ファミリー的なお店でないところに惹かれているので、どうかこのままで(笑)
  1. 2018/12/09(日) 14:03:48 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

どちらが目に飛び込んでくる???

のぶひこさん

やっぱり今回の「佐渡」は、ストレートに「佐渡」と見ないユーザーが一定程度存在すると思っていました。
その要因はもちろんサハ164でありましょう。
もちろん「アルプス」の増備とすることに何ら問題はなく、むしろその方が自然と言えそう。
サハシ165-0とサハ164が並んだ場合、どちらの方が強く目に飛び込んでくるのか…。
2つの選択肢が与えられてしまったことで、ユーザーによっては「佐渡」と「アルプス」に見え方がが分かれてしまうのです。企画としてはもったいないことでした。
今回はそういう企画だったということが改めて分かります。
「アルプス」の増発、
  1. 2018/12/09(日) 14:10:32 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1606-cde8e6f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)