しなのさかいの駅前広場

見ろ! 古い12系がゴミのようだ。

C62と「ゆうづる」をレイアウトで

こんばんは。しなのさかいです。




車両へのインレタ貼りを少し休憩として、外の風景を眺めながら「もう冬も終わりだなぁ」と考えてみたりしています。

関東平野では、今年の冬を12月に入ってからようやく感じることができた…そんな記憶があるため、その短さは異様でして、年々そのスパンが縮んでいるようです。
花粉もこの週末から飛び始めたみたい。
いやーな春がまたやってきます。



そういえば、先日のNHK BSプレミアムでは新日本風土記「釜ヶ崎」が新作として放送されましたね。
以前にも書きましたとおり、この番組は地域を尊敬とか愛情の眼差しで捉えて制作している節があり、なんとなくですが鉄道模型趣味との親和性が高いと思っています。

だからこそ、今回は「釜ヶ崎」という非常に難しい地域を取材することができたわけで、そのまま、主観を混ぜずにドキュメントとして切り取るとこができたのでしょう。
「そのまま」が大事なのであります。
昨日には制作側のブログが更新され、取材時の苦労などが披露されました。
釜ヶ崎のおっちゃんたちの反応、どうなんでしょう。







模型の方はこんなところ。
カトー発“シロクニ企画”の最後の大物(?)、「C62(ゆうづる牽引機)」を入線させています。

黒い巨体に赤いマーク。
どうしても以前から「C62」というキーワードを聴くと北の大地を指向してしまうのが自分にとっての悪いクセでしたが、数年前の急行「安芸」「音戸」の連続「呉線」企画でその呪縛から解かれました。
やっぱりC62は高速旅客列車の先頭に立たせて、どんどん楽しみ尽くさないと「もったいない」のですよ。

番号は御覧のとおり「23」。
スノープローは常磐線の気候を考えて取り付けませんでした。
テンダー床下に表現されたATS車上子は涙モノでした。





黒、赤、そして青(客車)。
この姿で仙台~平間をノンストップで走ったのですから、これもまた十分にレジェンドと言えましょう。

本来であれば市場全体でもっと盛り上がってもいいはずなんですけど、なんだか気の抜けたサイダーのようになってしまったのは残念でした。
それから、11月末に発売された20系客車で「はくつる」をやろうとするユーザーが見当たらないのはこれいかに。
いずれにせよ、隠れレジェンドコレクションである20系「ゆうづる」を手にするのは今のうち、ということになります。





もう一つ。
35系4000番台「やまぐち号」用客車は、散々迷った挙句、トミックス製を選びました。
メーカーが推奨するとおりにトミックス純正室内灯を組み込み、そのうち展望デッキ付の2両には室内灯をダブルに。
ウリである展望デッキのランプがほんのりと点灯するようになりました。

あえてデフォルトでボディマウントカプラーが付いているカトー製品を避けた形となったので、ムキになって今回は全車にボディマウントTNカプラーを装備。
思い切ってカプラーポケットを切り飛ばしましたが、車両同士の間隔に遜色はなくなりました。
カプラーの下がスカスカなのは痛いですが(笑)





床下機器の印刷(着色)表現はトミックスとしては異質で、この点もカトー製品との差別化ができています。
一方、カトー製品にはボディ全体に表記類が印刷されていて、ヨダレが出るほどの精密感。
トミックス製品は車番と「グリーンカー」マーク程度ですから勝負になりません。





それでもトミックス製品を選んだ理由は、屋根板の合い方がきちんとしていたから。
カトー製品では珍しく、屋根板がやや短くて妻面屋根付近にスキマが発生するという仕上がりが見られました。
これはユーザーとしてはどうにもならず。

今回の「やまぐち号」の対決は引分けといったところでしょうか。
目下、サードパーティがこのトミックス製35系4000番台向けの標記類インレタを発売してくれることを待ち望んでいます。
ここんところ、インレタ貼りに苦労を感じないようになりましたので。






再びC62の姿を味わいながらエンディングです。
こうした列車が昭和40年代初期に何故出現したのか。
そんな背景を知ってみたいと思うことができれば、あなたは有資格者ですよ(笑)





小窓が並ぶナハフ20はどことなく上品な感じ。

背景の山がなくなっています。
少しメンテナンスが必要となり、取り外しました。
またすぐに戻します。


ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2019/02/28(木) 21:30:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<マイクロスピーカーシステム | ホーム | 妙蓮寺から歩いて菊名まで>>

コメント

C62と「ゆうづる」をレイアウトで

初めまして。
カトーのオハ35系やまぐち号セットの屋根が短いのは妻面にも雨樋を設けた為と聞きました。
かなり大きい隙間が実車でも見受けられますので、もしかすると短く感じるのかもしれないですね。
  1. 2019/03/01(金) 14:00:52 |
  2. URL |
  3. 空と鉄と #1.bfey3U
  4. [ 編集 ]

録音の思い出

まだ中学生の頃、模型屋の店頭でオープンリールのテープを聞かせてもらいました。
それはC62が本気で牽く20系の遅延回復運転
軽量客車特有のカタンカタンという高い音がものすごい勢いでジョイントを刻んでいくもの(25mレールで換算して時速120km近く)でしたが、持ち主の「後部の客車だから聞こえないけどC62はジェット機みたいにキーンという音がするんだよ」と教えてもらったことを思い出しました。

こうしたそれぞれの思い出を再現するのに模型は最適ですが、市場の方向性とか商品のコンセプトは昔のほうがときめきを感じていたように思います。
  1. 2019/03/01(金) 21:22:11 |
  2. URL |
  3. ホビぽっぽ #wXqzg7qU
  4. [ 編集 ]

C62についてはカトーの商戦の通りに何の迷いもな2両購入で22・23号機にしました。
20系「ゆうづる」は導入しましたが、両機にヘッドマークは付けませんでした。
一度は22号機に取り付けたのですが後発の「みちのく」牽引の時に取り外す・そしてゆうづるで取り付ける・・・
23号機は「あき」の牽引もしたいので同じことが起きます。
あの取付や取り外し作業は運転の度に行うのはリスクが大きすぎますので、マークなし台座を使用しストックのマークを薄く削り極薄両面テープで固定する何とも時代を逆行する方法としました。
駄菓子菓子^^  「みちのく」や一部の列車にあったC62重連(回送)はどうやら仙台区所属車だったようですが・・・
ATS車上子のケーブルモールドは素晴らしいですねぇ~。単独別パーツではないので部品としての購入ができないのがちょっと残念^^
最近のKATOのSLはふわふわな座布団の上でしかケースからの出し入れが怖くてできなくなりました。
オハ35系の屋根の隙間は実際は拳が入るほど開いておりますが、模型的には締まりの無い感じもしますね。当方はKATO製しか選択肢は無いのですが、なんで床下を濃灰色にしてしまったのか今回は意味不明でしたね。(しっかり導入していますが・・)

  1. 2019/03/02(土) 07:29:48 |
  2. URL |
  3. PIN #-
  4. [ 編集 ]

そうでしたかー

空と鉄とさん

なるほど、そういうことだったんですね。
トミックス製品との差が大き過ぎたので、なんでこうなるのだろうと考えてしまいました(笑)
  1. 2019/03/03(日) 13:16:56 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

キーンという音

ホビぽっぽさん

C62の音がジェット機のようにキーンとした音であるという事実は当方も存じております。ああした音を知ってしまうと、C62を単なる「大型蒸気」というキーワードではアプローチしなくなるんです。メカニカルストーカーの存在にしてもそう。なんといいますか、C62だけは別というか。今回の「ゆうづる」企画では単なる「大型蒸気」としてプロデュースされてしまった感が否めません。残念でした。
音に関しては今後開発されるかもしれないサウンドカードで楽しめるようになっているといいですよね。
  1. 2019/03/03(日) 13:27:22 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

ヘッドマーク、付けっぱなし。

PINさん

ヘッドマークの取り付けに関しては、外観を崩さずに選択可能とする設計としてはあの方式がカトーとしてはベストだったのでしょう。開放テコを取り外してから等々、確かに面倒ですが、当方はあれ以上の設計アイデアを持っていないこともあり、今回は23号機・ヘッドマーク付けっぱなしにしました。電気機関車と違って、ヘッドマークが接するボディ側の面積が圧倒的に少ないこと。これは仕方のないことですので。
「みちのく」や「安芸」「音戸」を考えると、PINさんの言うとおり、ヘッドマークの差し替えを迫られることとなります。そのたびに様々な箇所を破損させたり傷を付けないようにすることは大変。当方の23号機はそのための「付けっぱなし」です。
もしかしたら我々は、交換作業から解放されるために、もっと買い足さないといけないのかもしれませんね(爆)
  1. 2019/03/03(日) 13:36:44 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

思いついてしまったのは・・

こんなページを見てしまいまして ↓↓
http://www.bandai.co.jp/kids/hobbycenter/wz01.html
このメーカーができるなら、HMの樹脂を上半分ABSと下半分にニッケル又は鉄粉混合樹脂でクイックが出来そうですが。
カトーでも一部の屋根機器パーツで多色成形はやっていますからね
期待しちゃいます。 無駄だと解っていても、声が届くといいなぁ~と願いつつ、これと似た文面を御意見板に送ろうと思っています。
  1. 2019/03/04(月) 07:56:35 |
  2. URL |
  3. PIN #-
  4. [ 編集 ]

PIN さん、クイックヘッドマークで、それに近いことやってませんでしたか?
さすがに上下半分でなんてのはないですが。
  1. 2019/03/05(火) 02:54:25 |
  2. URL |
  3. Mu #CnwbxUkc
  4. [ 編集 ]

失礼致します。

 自分はこの20系セットが出る前から20系はくつるを走らせ楽しんでおりました。「はくつる」をやろうとするユーザー見かけないのは牽引機関車で楽に出来、かつ魅かれる組み合わせが無いのが一因と個人的には思っています。東北の列車に興味がある方ならED71牽引は魅力的だとは思いますがそれが普通の鉄道模型を趣味とする方々に対してまでは希求力は無いと考えています。
 はくつる登場時から半年間のみ有ったC60+C61重連でしたら凄い・やってみたいと思わせるものが有ると思いますがそれを行うためのハードルが高いように感じています。真鍮キット、またはその完成品では作るにせよ購入するにせよ手軽さはありませんし、マイクロエース製品ではギャグになってしまうと思います。対してゆうづるだと最後の定期蒸機特急として有名ですし、KATOから機関車買えば手軽に出来ちゃいますからね。手前味噌ですが自分も蒸機重連はくつるをまぁまぁ納得できる組み合わせにするのにはC61はTOMIXのを現役時代風に、C60はKATOのC59を改造と手間(楽しい手間ですが)がかかりました。
  1. 2019/05/03(金) 09:22:45 |
  2. URL |
  3. Manic #-
  4. [ 編集 ]

「はくつる」とは一体なんだったのか

Manicさん

大変ご丁寧なコメントをありがとうございます。
今回の「ゆうづる・はくつる」はダブルネームになってしまったことでどこか商品としてのメッセージ性が薄れてしまったように感じていて、その証拠に「はくつる」に関しては牽引機を新たな企画として用意することも、既存製品で遊び方を追求するアナウンスもなかったように見ています。もともとは「ゆうづる」だけでいけばよかった企画に「はくつる」というキーワードを入れてしまったことで薄味になってしまったようでとても残念。その余波がC62の在庫だぶつきと「みちのく」へつながっていきました。
今更マイクロエースの蒸気機関車もギャグですよねえ。とはいえ今のカトーにC60などを企画として昇華させる気概も感じません。残念です。
  1. 2019/05/03(金) 12:25:45 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1622-a2f90d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)