しなのさかいの駅前広場

顔色がちょっと悪そうでねー、

古枕木で遊ぶはなし

おはようございます。しなのさかいです。




梅雨空に覆われた関東平野。
先週は、雨続きの日々の合間を見つけて平日休みをもらい、江ノ島あたりを散歩して来ました。
圏央道の内回りを使って1時間弱。
途中の渋滞もなく、スムーズに湘南エリアまで移動できました。
首都圏の道路のネットワークはこんなに快適になっていたんですね。

江ノ島島内では狭い路地や階段を攻めて、登って登って、そこから見える穏やかな風景がとても気に入りました。
1年後にココがオリンピックの会場になるとは思えず、どこか遠くの世界の話のようです。





女房殿と二人で来ましたから「そんならば」と、早めの昼食は「生しらす丼」にしました。
このエリアでのパワーアイテムであるしらすは、冬の禁漁のときを除けばほぼ通年は楽しめます。
ただし、生しらすは「朝獲れ」のものだけしか食べられませんから、朝早く行っても無理だそうです。
お昼から午後を目指して訪問する方がいいようですからお気をつけください。





やはり週末はものすごい混雑が発生するんだとお店の人に聞きました。
この日も平日なのに観光バスが次々と島内へ入ってきて、外国からと思われるお客が仲見世通りへ吸い込まれていきました。
なので、生しらす丼のお店の方に「どこからいらしたんですか?」と問われ、すぐ近くからであることと、相模エリアの住民が江ノ島・鎌倉エリアに近づけなくなった旨を説明すると、とても納得されたようでした。

とりあえず、オリンピックだけはサッサと終わって欲しいです。



□ □ □



近況報告をせねばなりません。
更新までに長いブランクが発生しました。
趣味活動はきちんと続けています。
ただ、休日にまとまった時間を確保することができておらず、何をやるにしても中途半端。
この場で成果的な何かをお伝えするようなことには至っていないのが誠に残念で、定期的にパトロールしてくださる方々には申し訳なく思っています。







こんな風に新しい車両もソコソコ入線させているんですけどね(笑)
でも、どちらかと言うとレイアウト工事の方に力を入れているので、週末の最後、ちびまる子の時間にはせめてものレールクリーニングをして終わる…ということを繰り返しています。

で、そのレイアウト工事ですが、




古枕木の柵をチマチマとこしらえているような段階なんです。
世界堂で売っている2ミリの角棒(マホガニー色)を、2.5ミリのドリルで地面に穴を開けて、刺しては切る…の繰り返しです。
これではね(笑)





こちらには0.3ミリの洋白線を貫通させています。
洋白線にはプライマーを塗って着色を施さねばなりませんね。
角棒も、製品のままの色調におおよそ納得しながらも、タミヤのウェザリングカラー(ブラウン)を染み込ませてみようかと思案中です。

こうして、ホームにいる旅客が逃走しないようにする策(柵)を講じることができました(一部が開いていますがナイショ)。
グリーンマックスでも古枕木タイプの柵を製品化していますから、それを使えばいいんですが、どうもイメージが合わないので却下です。
当方からすれば、古枕木が整然と並び“過ぎている”ことが問題だと言えそうです。
このタイプの柵は、間隔も高さもバラバラという方が説得力があります。
多少は斜めになっているのもマストでしょう。





やり過ぎには注意しながらも、古い時代を思い出させるにはちょうどいいアクセント。
レイアウト上で視線を注ぐポイントになっていて、やってみてよかったと感じます。
もう少しレイアウト上に増やしてみるつもりです。





やりたいことがまだまだあります。
時間が欲しいなぁ。

簡単に生存報告でした。
ではまた。

スポンサーサイト
  1. 2019/06/25(火) 08:00:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<KATO 2019年11月分ポスターを見て「これは企画担当がやった仕事ではないはず」と思い込むことにする。 | ホーム | KATO 2019年10月分ポスターを見て落ちぶれ感があっても現行仕様にこだわるべきかと頭を抱える。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1641-7e5f5f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)