しなのさかいの駅前広場

415系、売れているのかなぁ。

カトー キハ28 車体更新

線路際の住民です、久しぶりの投稿になりました。
 ここしばらく、キハ58「いいで・ざおう」にドップリ浸かる日々を過ごしております。


  東北線のジャンパ栓の取り付けが、上野駅据え付け時に於いて北向き方向という事でジャンパ栓取り付けは要注意です。
 セットを組む前から色々な事を調べるわけですが、そんな時につばさ様のサイトには大変お世話になりました。




  さて今までのリニューアル前製品をどうするか? 特に2箇所の給水口を持つキハ28はそのまま休車になって なんだか勿体ないなぁ~と思いながら放置状態でした。


 先日、ホビーセンターカトー東京店を訪れたところ ボディだけのキハ28と窓ガラスが売られているのを発見! ボディが百円 窓ガラス1枚50円ですからもう買うしかありせん。 

 休車になり棚の隅に放置されているキハ28をボディ交換で再生を試みました。





  先ずは、パーツの確認から始めヘッドライトレンズがそのまま使えることがわかりボディ、窓ガラスパーツと旧製品の屋根 床下機器 台車を合わせて 車体更新をする事にしました。


 はじめにガラスパーツを並べて違いを確認します。




  新旧製品のパーツを比較しながら削り出して行きます、今回は客用扉の小窓がないタイプでしたので 下まで伸びている箇所をカットしましたが、小窓がある場合は床板の窓ガラスと干渉する部分をカットするようです。





 現物合わせで床板を削りながら車体を嵌め込みます、意外と簡単にできました。





  
これはキハ58 用ですが、屋根板はリニューアル品に比べ横1mm長さも10mm弱短かく水タンクのあるキハ58 についてはニコイチにした上で、0.5mmの角材を屋根板側面に貼り付けてリニューアル品に合わせましたが、これでは勿体ないのでキハ28については、プラ板を使い長さを伸ばすこととしました。





  試しに鉄道模型コンテスト特製品のボディを載せ替えてみたものですが、問題は無いようです。
そんなわけで、キハ28を2両 キハ58  1両の車体更新の完成です。





  ところでスターターセットの車体を見たら新規ボディなんですね 台車をエアサス付きにしてキハ57なんていいなぁ~ なんて考えちゃいますね。
それでわ~
スポンサーサイト



  1. 2019/08/05(月) 22:23:26|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<KATO 2019年12月分ポスターを見てサロ110を気にしていた頃を思い出す。 | ホーム | おまけコーナー・2019年7月号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1644-0e45db1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)