しなのさかいの駅前広場

415系、売れているのかなぁ。

第59回全日本模型ホビーショー(その4)

(その3からつづく)


【トミックス/トミーテック・その2】



「出雲2・3号」は、個室寝台化が進んだ1990年代のブルートレインの一つで、「トワイライトエクスプレス」のオハネ25 520番台に準じたオハネ14 300番台と、「あさかぜ」「瀬戸」のオロネ25 300番台に準じたオロネ14 300番台が組み込まれていたことが特徴(というかこの2両が無ければただの14系)。
あ、三段寝台のオハネ14もありました。
この編成はこれまでの「あかつき」セットなどに含まれる車両でカバーできると思っていましたが、今回のやつは新しい金型なのでしょうか。
御担当さんとお話をすることができたのに。肝心のところを聞き忘れてしまったようです(笑)

当方、この編成はちょっと気にしていながら踏ん切りがつかないでいるアイテムで、これがカトー製ならば、ためらうことなく買うところなんですが、トミックスの14系と24系の仕様は、年々進化しているとはいえ「今更感」が強くあります。
なんてったって基本的な設計は1990年代始めの頃のものですから。
でも、トミックスはブルトレネタで攻めまくっていますねー。
この点は、ユーザーとしては頼もしく見えています。





お召仕様の機関車2両セット。
気がつけばトミックスブランドでは、最近このセット形態が増えています。
銀色のカプラーに注目でしょうか。





以前から触れているとおり〈機関車リニューアル〉政策の第1弾はEF81。
確か今月には発売されるはずで、ローズピンクの方は1両だけ買っておこうかなと思案中です。
本来なら手持ちの従来品は、カトーのASSYパーツのような真心でアップデートしたいところなのですが…。
こういうところにも、ユーザーに対するお金の使わせ方に粗っぽさが目立つのです。
どうにかなりませんか。





そして「トワイライトエクスプレス瑞風」なんです。
もう発売されていますから、様々な方の入線報告を拝見するとしましょう。
後発となるカトー製品との違いがどう見えてくるのか、楽しみで仕方がありません。





ジオコレ製品全盛の中で「トミックス」のストラクチャーもまだまだ現役のようです。
特にこの「コンビニエンスストア」は、実在するチェーンをモデルにして次々と新製品が放たれていますから「この先もまだまだあるんじゃないか」と思うわけで。
今回は「ヤマザキデイリーストア」ときたもんだ(シブいぜ)。
大好きなヤマパントラックもザ・トラックコレクション第1弾以来の登場で、自称菓子パンマニアとしては萌えます。
「セイコーマート」も必要となってきましたね。
「ポプラ」はどうでしょう。
「セーブオン」とか、懐かしのコンビニも可。

ヤマパントラックは増備したいなぁ。









その他、鉄道コレクションやジオコレを見てきました。
バスコレはもうナニガナンダカワカラナイ状況で、ユーザーから見れば「そういうことになっていますよ」とだけ釘を刺しておきたい。
そして鉄コレ。
まだまだ展開の余地はあるのでしょうが、そろそろトミックスブランドでのやり直しを見せてもらいたいところ。
これまでにありましたよね、鉄コレではやって欲しくなかった車両が。
そんな「希望」を一度でいいから見せてもらいたいなと、そう思いませんか?

また、ジオコレ製品は、一時期に見られた、思わず「こういうのが必要だったんだよ」と言ってしまいそうな見事なセンスが消えてしまい、企画者自身が何をやっていいのか迷走しているように見えます。
当方は、こんなネタよりも後ろに見える「歪んだ農家」シリーズをリニューアルしてくれればいいだけなんですけど、そんな声は届かないのでしょうか。
「しむらー、うしろー!」てね(笑)
ユーザーが求めているものを丁寧にすくい上げてもらいたいです。









再びトミックスから。
「都市型」というネームが付けられた新しいホームシリーズです。
レールを展開する鉄道模型メーカーとしては(カトーと共に)ホームのアップデート、時代追従は避けられないようですが、カトーの近郊形ホームDXよりは華奢に見えます(トミックスは昔からそうですけどね)。
それと、なぜか駅関連のストラクチャーはホームばかりが考えられる傾向です。
ここでガツンと駅舎のバリエーションが増えることを祈りますか(たぶん無理だなー)。


(その5へつづく)

スポンサーサイト



  1. 2019/10/03(木) 23:10:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<第59回全日本模型ホビーショー(その5) | ホーム | 第59回全日本模型ホビーショー(その3)>>

コメント

忘れられる駅舎

駅舎関係はどのメーカーもあまり力を入れていませんね。
駅ビルとかレンガ駅舎とか結構需要有りそうな気がするのですが。
特にtomixは地上駅舎が木造の田舎駅しかないのがもったいないです。
最近の都市型のホームを出すなら駅舎も都市型を出して欲しいですよね。
  1. 2019/10/04(金) 22:29:46 |
  2. URL |
  3. planet #-
  4. [ 編集 ]

駅舎がない

planetさん

地上駅舎。最大公約数を見つけられないからかもしれませんが、なかなか増えませんよね。
レーザー加工のペーパーキットではいい線を突いている企画があるのに、どうして大手メーカーはダメなんだろうと思ってしまいます。
ホームが都会型でも駅舎が木造のアレではだめですし、かといって橋上駅舎もちゃちです。いずれにしろ、トミックスブランドでちゃんと駅舎の総括をしなければ、アンバランスは際立つばかりのようです。
  1. 2019/10/05(土) 13:58:38 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

リニューアル機関車

今月になり、リニューアル第一陣としてEF81ローズとトワ色が世に送り出されました。このEF81ローズは国鉄時代かつ普段着のプロトタイプで、KATOからは一般色という名称で発売済みですね。流石にEF81普段着という名称での発売は不自然ですね。(笑)
先月、追って(余計な)リニューアルEF81 300番台と400番台貨物仕様の製品化決定が発表されました。当局では400番台のみ導入予定です。以前、TOMIXから旧製品EF81 400番台貨物仕様の2両セットが発売されてましたが、何故M車とT車のセットにしてたのかは今思うと謎です。
EF81 300・400番台は片栓式重連総括仕様のため、両エンドで連結器回りの形状が異なりますが、今回の製品化においてこの辺りも忠実に再現されるか気になる次第です。
  1. 2019/11/07(木) 23:48:08 |
  2. URL |
  3. 爽(SAYAKA) #-
  4. [ 編集 ]

買い直し地獄

爽(SAYAKA)さん

コメントをありがとうございます。
こちらもローズピンクを1両買い直しました。
手にしてライトをつけて「やっぱりこうだよなぁ」と思いましたが、従来品とも大差なく、この1両の財源を(製品化されていない)別の機関車に当てることができたならばもっと良かったなと、そういう気持ちが込み上げてきました。
あとは手元に300番台のローズピンクを残してあります。この中身を今回のリニューアル版と交換するのもアリかと考えながら「イヤイヤそれは無駄なこと」とささやく神様もいて、つまらない悩みの日々。
最近はこうした「置き換え」「買い直し」を考える企画ばかりです。この業界、ホントに物事に対する視野が狭くなりました。
  1. 2019/11/08(金) 07:40:51 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1662-fedd2855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)