しなのさかいの駅前広場

ちゃんとした205系は本当にちゃんとしていたのだろうか。

キハ82系が見える風景で

こんばんは。しなのさかいです。




いきなりどーでもいいことから始めますが、今月のお買い物は、今のところコレだけだったりします。
自分の中での「コンテナブーム」は、カトーからSRCが発売された辺りがピークで、その後は下降。
結局のところ10年以上前には過ぎ去っており、今回も念のために手に入れておいた程度のものです。
既にコキに満載しているコンテナをいくつか下ろして載せ直すかな。

今般の大騒動が原因で模型店に行かなくなっているのではなく、それ以前から続く「買いたいものがない」ことが原因である、とだけは申しておきましょう。




それにしてもやはり。
世の中は混迷の一途を辿っており、鉄道模型趣味どころではないという人が大勢生まれていることも分かってはいます。
ですから、果たしてこんなブログを続けていていいのだろうかと悩みながら結局は書いていることをどうかお許しください。
現実世界からの逃避も、今を生きる人間としては精神衛生的に必要なことなのです…




さて、前回の続き…




ディーゼル・ワールドへ逃避していたのでした。
でも、非電化区間のエースであるキハ82系をこのワールドに溶け込ませていないことに気づいたが故の前回の終わりの予告だったのです。

皆さん、チョット前に買った模型、走らせていますか?





その後に登場するキハ181系と比べれば、滑らかな曲線のデザインが心地よく、ヘッドライトのケーシングが当時の自動車の意匠を汲んでいるようにも見えます。
全国を走り回っていた特急形気動車であるだけに、どんなシーンに置いても違和感なくキマりますよね。





2000年代半ば、直線モジュールを北海道風に仕立てようと決めたのは、カトーがキハ82系をフルリニューアルしたことに大きく因りました。
ヘッドマークを「おおぞら」にして、キロ80が2両入った13連が堂々と走る風景は、誰が見ても「イイ!」とため息をつくものなのではないでしょうか。
これまでに架線柱を立てたい衝動に駆られてきましたけど、やっぱりなくてよかったかもー。





これは、色の組み合わせだけを楽しんでいるところ。
ワム80000のとび色2号が加われば最高でして、できればファインスケールのカトー製品を拝みたい。
トミックス製品でもいいから一番背後に置けばよかったかもしれませんね。





一方でこうなれば、ワム80000よりも黒い貨車の方が合います。
そう言いながら貨車を出していないところに当方の問題がありまして、それはまたそのうちにということにします。





ウチのカトー謹製ローカルホームは13両が収まる長さにしています。
ポイントとポイントの間であれば14両もOK。
15両は流石に厳しく、スハ44系「つばめ・はと」とか20系「殿様あさかぜ」、湘南新宿ラインのE231.233系などはダメです。
構わずに走らせちゃいますけど(笑)
ローカルホーム、手に入りにくくなっているようですね。
2013年当時はまだまだ買えたのですけど。
最近は車両よりもストラクチャーを手に入れておいた方がいいんではと思うことが多々あります。





急行列車を待避させて特急通過。

この冬にレール側面の錆色を吹いたところ、塗膜が弱かったのかパリパリと剥がれてしまう箇所が続出しまして、土曜日は1日中エアーブラシを使っていました。
今度は強い塗膜を作ったので、まずは大丈夫かも。
「やっぱりプライマー処理をしといた方がよかったかなぁ」と少し後悔しましたが、かと言って剥がれたことが一度もない箇所が大部分なので、やはり塗料を希釈しすぎたのだと自分を納得させました。





北海道なのか山陰なのか、自分でも分からなくなっています。
でも、それがまた面白い。
20系客車は一旦ケースにしまいました。
ラダー式に、レイアウト上に入線させているものと関連する列車を少しずつ出し入れしながら、列車同士でリレーさせていくという魂胆です。





そろそろカトーのマニ44が発売されますね。
やってみたい編成があるので、キハ82系はそのまま駅に留置。
マニの到着を楽しみに待ちます。

ではまた。

スポンサーサイト



  1. 2020/04/20(月) 22:30:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<KATO マニ44 | ホーム | ディーゼル・ワールドへ>>

コメント

こんばんは。
ディーゼルワールド推進ですね。
13両の、特急 おおぞら。いいなぁ。
直線的な183系の10両とはまた違う感じですね。

加古川、高砂、三木、北条、鍛冶屋…とありましたので。
そちらメインで進んでいたのを思い出します。
何故って、短編成でよかったしね。

私も模型店に行ってないですね。
時間短縮どころか、営業休止ですし。
阪急新1000系 と20系は連れてきましたが、あと瑞風の内装シートかな。


ワム80000 の違いにはなんでやねんと思ったり。
正しいのはどっちかわかっているだけに。
あの色合い、やはり国鉄の塗装は主張しすぎないように感じます。

ローカルホーム、すごく雰囲気出ていていいですね。
ご本人はまだまだと言われるかもですが、ホームの照明もあってすごく良いですよ。
しかし…これが売っていない。
手に入れてしまうと、使いこなしの差に愕然としてしまいそうですが…。
国内に引き上げて作るようなことでしたが、パーティングラインとか問題山積みのはず。
楽しみに待つとします。



マニ44他の編成楽しみですね。
週末金曜日の入場ですね、さて…当日引き取りに向かうか。
当時見送っていたもの、再生産の予約を入れるかどうか、非常に悩ましいところです。

  1. 2020/04/21(火) 03:54:55 |
  2. URL |
  3. Mu #-
  4. [ 編集 ]

Muさん

久しぶりに「お」と思えるネタがマニ44です。80年代のシーンを再現するには必要でして。この辺はまた後ほど。

キハ183系との対の存在としてのキハ82系も面白く、まだまだ楽しかった頃の北海道の鉄道、メーカーがこんな着眼点を持ってくれたらいいのにと思うんですが…、なかなか難しいみたいですね。
  1. 2020/04/21(火) 19:10:46 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

しなのさかい様、こんにちは。

元々時事ネタを扱っているブログではないので、趣味の記事を書き続けても良いと思います。
時事ネタなんてニュースサイト見れば十分ですからね。 いつもどおり行きましょう。
私も別の所でゲームの話を毎日していますし…。

私はコンテナは買ってないですね。
コンテナ貨車持ってないし、そもそも道路脇で錆びているやつしか見たこと無いのも影響していますね。
このあたりも個人差がありますね。

あまり深く考えすぎて鬱病にならないよう気をつけて下さい。
  1. 2020/04/23(木) 20:20:52 |
  2. URL |
  3. planet #-
  4. [ 編集 ]

planetさん

暖かいお言葉、ありがとうございます。
なんだか急速に社会的分断が進んでいて、その分断を有識者たちが毎日のように「コメント」というスタイルで煽っている気配がありまして。こうした発信の場の在り方も気をつけなければと思うところはあります。とにかく嫌な世の中になりました。

コンテナはとりあえず…なんですが、今の合理化が進んだ物流を面白く見るかどうかでこの二つの新製品への見方が変わるのでしょう。物流は「コスト」。そんな社会的捉え方が見えており、どうもダメです。当方も錆色が浮かんだ緑のコンテナの方が時代的に面白く、今の貨物列車をどこか冷めた目で見ています。
  1. 2020/04/24(金) 07:58:07 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1690-1e005317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)