しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

KATO マニ44

おはようございます。しなのさかいです。




カトーからマニ44が発売されました。
「待望の新製品」と言いたくなるカトーの新製品は、自分にとっては実に久しぶりですので、ココで少しだけメモを残しておきます。





1978(昭和53)年デビューのパレット式荷物車。
荷物列車の命運が尽きるまであと数年というタイミングで新製され、1980年代前半、荷物列車最末期における「ニモレ」の編成に強烈な特徴を与えました。





後部はこんな。
普通ならレボリューションファクトリーのインレタにお世話にならなきゃいけないような検査標記が、乱れることなくあらかじめ印刷されています。
いつものことながら、カトー製品の強さをひしひしと実感するポイントです。





カプラーはボディマウントタイプに対応していませんので(これはこれで正解だと思います)、カプラーポケットに何を打ち込むかが勝負です。
当方は、ブルトレ等を除く全てのカトーの客車の両端には「かもめナックル」を取り付けていますので、今回も躊躇なくそれにしました。





マニ44同士の連結間隔。
よろしいのではないでしょうか。
「歴代のマニ44」と比べれば車高も低く抑えられていて、いわゆる腰高感は全くありません。





サイドの印刷も乱れなくキマっています。



ところで、室内灯の取付については少し悩みました。
マニ44は窓が少なくて、両端にしかありません。
なのでLED室内灯クリアのプリズムを取り付けても無駄さが目立ちますし、プリズムの断面が反対側の妻面までしっかりと導光して照らしてしまいまして、いわゆる「爆光状態」なのです。





しばらく考えて出した結論は「室内灯拡散板」。
確かヨ6000が発売されたときのパーツだったでしょうか。
そのときには、手持ちのあらゆるヨ、ワフへ取り付けようとASSYパーツを買っていて、その残りが程よくありました。
これを使って、ほどほどに車内へ光を行き渡らせればいいやと考えました。





ボディを被せないでテスト。
結構大変なことになっています。
他社製品では「提灯」になるかもしれませんよ。

しばらくするとヨ8000が発売されますから、その際には再びASSYパーツによりこの拡散板を調達することとしましょう。
一定程度のストックがあると、ある日突然応用が効く…というお話でした。





仕立てたい列車は、函館本線の客車列車たちだったのです。
特に、函館を夜に出る41レは、荷物列車なのか旅客列車なのかという諸説があるもので、チョット変わった列車でした。





東京からはるばるやってきた荷物車たちは、青函連絡船による航送で函館に上陸。
そして様々な列車に連結され、さらに北を目指していました。
ココ、我々はこれまでの「ニセコ」「大雪」などでも散々予習してきたはず。





マニ44を手にした目的は、1980年代前半という荷物列車最末期にも感じられた〈北を目指すロマン〉を手元で再現したかったからなのです。
今回の単品製品は「北スミ」の「マニ44 2109」。
この車両が北海道を走っていたことは確認済です。





グリーンマックスから板キットのマニ44が発売されたのが、確か1980年代半ば。
「小荷物列車 Part II 5輌セット」のために新規で製作された気配もあり、なかなかチャレンジングな企画でした。
この頃のDNAが数年前までのカトーの企画に通じていたとも言え、逆に、当のグリーンマックスにその遺伝子が何も残っていないように見えるのは皮肉な話です。

その後同社からは2011年に完成品を発売。
さらに2019年(たった昨年のことです)には側面や台車を改良した完成品を発売しましたが、このときの1両単品の価格は3,600円+税に達しました。
同じ2019年にはモデルアイコンからも意欲的な板キットのマニ44が発売されましたが、いずれにしても荷物列車をどうのこうのと語る企画ではなく、カトーから発売される気配がないことを見越した上でのスキマビジネスのように見えたことは事実(ごめんなさい)。
製品化に注ぐエネルギーを考えると非常に悩ましい問題です。
この度PLUMが製品化した「工業地帯」シリーズのように“誰もいないところ”で立ち上がる発想、誰もいないところを見つける発想が必要なのかもしれませんね。





Nゲージ・マニ44ストーリー。
これにて完結でございます。
長かったなぁ。
「カトーは寝て待て」ではなくて「カトーはコールドスリープされて待て」でしょうか。
この調子で適正なワム80000をよろしくです。

ではまた。




スポンサーサイト



  1. 2020/04/28(火) 09:30:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<KATO 2020年9月分ポスターを見て一瞬違う会社のポスターかと思う。 | ホーム | キハ82系が見える風景で>>

コメント

お世話になっております.
私は山陽本線主体で車両を集めており,「EF62牽引の,マニ44を含む荷物列車」は外せない列車でした.そのため,GM製のマニ44は,キット時代から腰高感が改善されていない,今回のKATO製品よりも価格が高い,と思いつつも,2011年ロットを2両のみ購入,EF62についても,最初にKATOから発売された「3058-1」を予約して買っていました.ついに満足できるマニ44が手に入ったというと感慨深いものがあり,EF62・荷物列車セット共々購入しています.
函館本線の荷物車主体の普通列車は,しなのさかい様のブログ記事を見るまで存じませんでしたが,実に国鉄時代らしい列車で再現したくなりました.
模型構造・印刷・組み立てやすさなど,KATOの技術力の高さにはいつも驚かされます.困難の中でも完成度の高い製品を送り出し続ける工場部門(特に最終組み立て部門),そして運送業者の皆様には感謝しかありません.
  1. 2020/04/29(水) 21:58:33 |
  2. URL |
  3. かずひこ #QCsvbcNU
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
マニ44、すごく良いですよね。
ベンチレータが別パーツだったらもう言うことありませんが…。
実際手に取ってみると、それほど気にならず。
GM製よりベンチレータの高さが低く、抜き勾配が少ないので目立たないからでしょうか。
その分、別パーツのベンチレータが少し目立つ感じもします。

セット+マニ44単品を買いましたが、この値段で尾灯完備。
車番が被るしなぁって1両にしたのですが、もう1両欲しかったかも。
すごく早く売り切れたようで追加では買えず。
上新電機の本店が休業しているので、営業開始日に寄れたら行こうかな。
通販に回されてるかな?


106 のキットだったかな。小荷物列車 Part II 5輌セット、懐かしいですね。
104 のキットを作っていたのが小学校6年ぐらいでしたから、もう少し後かな?
マニ44 と オユ10 の冷房改造が欲しくて買いましたけど。
新作が2両含まれているのは数はくためかなぁとか、そんなこと考えたり。
実際には一編成に複数連結されていたので、特に意図は無かったのかも。
もう一度つくるべく旧パッケージの 106キットも、袋入りキットも買ってあるが…。
3回の引っ越しで行方不明ですわ。

GMの改良製品、3,600円とは…ユーロライナーだけ買おうかととか思いましたが。
モデルアイコンのキットを知っていたので、見送ったままです。
モデルアイコンのキット、だいぶ待たされましたが。一時期生産されていたリトルジャパンのキットに通じるものあります。


GMの製品、最近のは解像度だけ見たら上がっているように感じますけれど。
やりかけた途中で放置、もったいないと思うことも多い。

阪急新1000系はもう一声かと思いつつ。
意欲的な製品にはなっているかと。
値段的にはかなり厳しいですけれどね。

  1. 2020/04/30(木) 01:41:30 |
  2. URL |
  3. Mu #-
  4. [ 編集 ]

かずひこさん

山陽本線をメインですか。それはいいですね。
と言いますのも、当方も181系「しおじ」、153系「山陽」の時代に強く憧れており、KATOがまた製品化してくれないかと思い続けているからなのです。今回の荷物列車は当然ながら新幹線開業後となりますから、そんな列車たちとの共演はありませんでしたが、海や山の風景の中を走る長編成はやはり価値あるもの。ぜひぜひ「ワールド」を大切にしてください。

一方で函館本線。これはかつての混合列車のテイストに近いです。夜行だけでなく日中もガンガン走っていましたからお調べいただければ簡単に出てくるかと。大人のメルヘンの世界を堪能しましょう!
  1. 2020/04/30(木) 07:57:44 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

Muさん

こちらの方もマニ44と荷物列車セットは瞬殺だったようで、結構探している人が多いようです。実は当方も単品2つだけの予約にしていたため、偶然にもラスイチだったセットを手にすることができた人間です。
人気なのか、それとも単に生産数が少ないだけなのか、ユーザーは見極める必要があるかもしれませんね。

あの当時のGMの客車セットの箱には、どこか時代を先取りした価値が込められていました。エーダイナインを含めた完成品メーカーは、ブルトレや485系といった子どもたちに人気のある形式を好んで製品化。そんな中で「小荷物列車」どうぞ、でしたから。鉄道模型の楽しみ方を多様に持っていたメーカー、それはグリーンマックスが最初だったのかもしれません。

カトーが放つ荷物車。気がつけばカニ38もあるのですからすごい。次は何でしょうね。
  1. 2020/04/30(木) 08:42:28 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1691-a2ce6549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)