しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

飯田線の風景を色で楽しむ。

こんばんは。しなのさかいです。




遊んでナンボの趣味ですから。
「そういえば…」と思い立ち、トミックスの名鉄7000系を引っ張り出しました。
いわゆる2次車でして、HG製品と呼ばれるTNカプラーが標準装備されたものです。
昔の絵本には必ずと言っていいほど、こんな先頭車にニコニコした乗客が描かれていました。





近所の量販店の室内灯のおかげで、このとおり展望席まで爆光状態とすることができる…とは以前に御報告済であります。
あまりにも明る過ぎていて、座席の色や形が蒸発してしまっているのは無念。
逆にスカーレット色が目立っていますけど。
7500系、欲しかったなぁ(ナンノコト?)





それにしても動力ユニット、モーターの調子がおかしくて参りました。
買った当時の滑らかな動きが失われており、エンドレスの途中で突然ピタッと止まる現象も頻発。
言い換えれば「コアレス以前」のグリーンマックスのツインモーター仕様みたいなんです。
これが例のM-9モーター現象を指すのかは分かりませんが、来月に再生産されるM-13モーターに換装させる必要が急浮上してきました。

つい先日には、買ってから数か月しか経っていないマルチレールクリーニングカーのモーターが逝ってしまいましたが、これも改良版でM-9を使っているように見えるし。
どうなんでしょうね。





そんなギクシャクした走りをするパノラマカーが、何やら古豪たちが集結した駅にやっとこさたどり着きました。
「豊橋なのにホームの形がおかしいだろ」とは言わないでください。
飯田線の「色」を楽しみたいだけなんですョ。





カトー謹製ED62にも久しぶりに御対面。
青15号とクリーム色1号が「飯田線色」みたいで違和感ゼロです。





同じ顔であることを確認。
特に意味はありません。
どちらもいい顔をしています。




ここまで遊んで、ちょっとブレイク。
近所の量販店へ行って、予約品を引き取ってきました。




「つばめ」青大将。
前回品と異なり、増結セットが設定されたので、機関車共々の買い直しです。
早速、前回品(既に手放しました)から取り外していた室内灯を組み込もうとしたところ、マイテ39の分解が上手くいかなくて難儀しました。
15年ほど前にもこんな苦労をしたかなぁ、と。





説明書に変更はなさそうです。
しかし、どういうことか、この展望デッキが抜けない(笑)
見たところ、展望デッキ側上部にあるツメの「返し」が効き過ぎていて、相当な力でボディから引き抜く必要があるようなんです。
粘り気のあるジュラコンで成形された部品とはいえ、あまり無理な負荷を掛けると、抜けた瞬間に思いもかけず破壊しそう。
それが2本の支柱だけであればなおさらです。

結局、床下とボディを完全分離することはできず、ボディがプラプラとなった中途半端な状態で、その隙間から室内灯を組み込みました。





手元にある「はと」の初回品と比べると、今回のボディカラーは若干暗めに調整(そうなっただけ?)されていることが分かりました。
検証したのは「はと」ですが、初回品の「つばめ」基本セットに今回の増結セットを当てれば、少々面倒なことになるかもしれません(当方の目の錯覚である可能性もあります)。


さて、飯田線ゴッコに戻ります。



⬜︎ ⬜︎ ⬜︎





ガーター橋を渡って。
秘境感が漂っていれば合格。
釣り人は必要か(人形は、掃除機をかけると吸い取っちゃうことがあるんですよね)。
トンネルの上あたりに謎の廃屋でもおきましょうかね。





トンネルを抜けて、田園風景の中へ。
クモニ13+クモニ83を後部に連結しているところがポイントです。






2007年頃だったでしょうか。
RMモデルスで限定発売された「飯田線245M」セットというものがありました。
グリーンマックスの板キットを中心に据えて、サードパーティのパーツ群を詰め合わせたキット形式のセットで、編成は豊橋方から、

クモニ83102+クモニ13025+クモハ53001+クハ68404

とされていました。
245Mは豊橋から辰野までの片道で設定されており、帰りは荷物電車のみの運用に分離されましたから、この編成をやるときは、必ずクモニが最後部となります(たぶん)。

長い間、Nゲージユーザーにとって「飯田線の旧型国電」は、工作派モデラーしか手を伸ばせない領域となっており、流通するパーツの豊富さがその位置付けを確たるものにしていました。
このセットはその象徴とも呼べるもので、工作する時間もなく、また腕に自信もない当方は、この編成が走る世界に共感しながらも「そこへ行く」ことができないもどかしさを抱いていたのでした。

カトーが〈飯田線シリーズ〉の展開に着手するのはこのセットが発売された6年後、2013年のことです。





カトーから「ローカル線の小形駅舎」も発売されることから、もう一度、飯田線の風景、世界を考え直してみたくなっています。
今週はヨ8000の発売も控えていますから、ED62との組み合わせも大変有効。
「おみこし」の時代を考えると、165系「こまがね」「伊那」や、スカイブルーの119系との組み合わせも悪くなく、ぼんやりとそんなことを企んでいます。
JR東海色の119系も、時代の長さを考えればマストと言えましょう。


飯田線シリーズの再起動、あるでしょうか。
あればいいですよね。
ありますよ、きっと。


ではまた。
スポンサーサイト



  1. 2020/05/25(月) 19:30:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<KATO 2020年10月分ポスターを見て約1時間前に直江津に着く列車に気づく。 | ホーム | KATO 東京メトロ千代田線16000系(5次車)>>

コメント

和製セッテベロ

和製セッテベロからの飯田線いい流れですね。旧国のお顔には「辰野 16:06」のようなサボがついているイメージでしょうか。

この趣味をやっていると、「自分は◯◯に間に合わなかった」とか「実物を見らずじまいだった」みたいない話をよく聞きます。97年頃だったと思いますが、RMMで飯田線旧国の特集があって、製作者のモデラーさんも同じようなことを言っておられたように記憶しています。

発表時のざわつきは凄かったですよね。おっしゃるような工作がハードルだったり、時空を超えて憧れの世界を手元に置ける楽しさみたいなところにカタルシスがありました。そのあたりを、いまのメーカー担当がどう理解しているのかは分かりません。

秘境をひた走る車輌を見ていて、かつての西落合が高らかに掲げていた「Nゲージの到達点はレイアウトである」という文化を示すのにはもってこいの材料なんだろなとぼんやり思っています。
  1. 2020/05/27(水) 13:11:07 |
  2. URL |
  3. 連節車 #-
  4. [ 編集 ]

車両から地面へ

連接車さん

クモハ53007、008の発表時、誰もが「本気か?」と思いました。しかしその後の展開はご存知のとおり。Nゲージの世界における旧国の模型に対するハードルを下げたかったというカトーの狙いはユーザーの思いとマッチしたようです。「完成品がないならつくればいいじゃん」という論理は否定しませんが、どうしたって自作派は同好者が少なく、その世界を語り合うにも輪が広がりません。だからこそ完成品は必要だったのでしょう。仰るとおり、このシリーズは車両の域を越えて地面への展開も見えてきました。
クモハ42で使われたグレーの幌、クハユニ56の荷物室扉の奥行、クモハ53007の運行番号表示器のガラス表現なども、シリーズが深化するたびにユーザーの声が届いて改善されていきました。このメーカーとユーザーの対話だけを取っても、飯田線シリーズは意欲的であったはずです。
カトーとして面白さを広めたい、打ち立てたい、価値を提案したい「何か」の答えが20世紀特急ならばそれはそれでいいとして、発表後にユーザー間で話題となっているのか、ユーザーに届いているのか、そこが気になります。
  1. 2020/05/28(木) 23:11:30 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

展望車デッキ 説明書推奨の外し方は本当に可能?

ご無沙汰しております。一年ぶりくらいのコメントになります。
ブログ副題の「マイテ39の展望デッキが取れない。」に思わず笑ってしまいました。
記事中でも触れられているとおり、説明書通りにデッキ上部のみを引っ張って外すというのはまず無理ですよね。

私も今回青大将つばめを購入し、先週末に室内灯取り付けのため説明書をマネしてなんとか外せないかと四苦八苦してましたが、どうしても固くて無理でした。
試行錯誤してなんとか室内灯を組み込みましたが、壊しやしないかとヒヤヒヤ物でした。
  1. 2020/05/30(土) 00:56:10 |
  2. URL |
  3. RAN #-
  4. [ 編集 ]

四苦八苦

RANさん

やっぱり外せませんでしたか。当方の力不足かと思いましたが、同じ思いをされる方がいらしたのでホッとしました。「四苦八苦」という言葉以外に気持ちを表すことは難しく、まさにそうなのです。久しぶりに説明書を疑いました。
ガラスパーツは外れるので、開いた側面窓から爪楊枝を入れて展望デッキの爪を裏から押そうと思いましたが、それでも固くてダメ。更に窓枠を凹ませる危険性もあり、すぐに撤退しました。
デッキの柱を折ってしまった方とかいらっしゃれば、そのときの状況を聞いてみたいですね(いないことを祈ります)。
  1. 2020/05/30(土) 09:21:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。マイテ39の分解の話で、そんな大変だったかなぁ? と思い引っ張り出してみましたら、確かに説明図のとおりにやろうとすると、壊れそうで怖いですね。 でもウチはなんで簡単にコレを簡単に分解してたのかを思い出しながらやってみました。ウチのやり方では車掌車の分解のようにデッキ下の丸穴のある爪部品をこじ開け後方に引いて抜いていたようですね。
正直な話は説明書に特記してあったのを読んでいなかったわけであります。と思ったら、発売時のもの2002年には↑のような説明書きは見当たりませんでした。
飯田線の245Mセットは買いませんでしたね。というよりキットもパーツも全て予備の予備の予備ぐらい揃っておりましたからね~。いまだにアホみたいにあります。
実際の245Mは飯田線下り始発より1時間ちょい早く出発してしまい、
中部天竜までは「荷2041M」で客扱いをしませんでした。
撮影するには天竜や飯田付近に宿らないと無理な運用でして当時学生の身である当方で大垣行を使う18きっぷや東海道・飯田・中央の片道切符でしか行けない私は廃止までに出会うことが出来ませんでした。
なんにしても、飯田線の第2波は古い方に向かって流行ってくれると当方としては嬉しいです。
  1. 2020/05/31(日) 15:53:36 |
  2. URL |
  3. PIN #-
  4. [ 編集 ]

第二波

PINさん

非常に遅いレスとなり申し訳ございません。

展望デッキの取り外しを巡っては、こちらもデッキ下のボッチに気づきましたが、やはりボッチを押せばどこかが干渉してしまうらしく、どうにもこうにもうまくいきませんでした。ツメがもう少し緩ければ良かったです。
旧国パーツ、いろいろとお持ちなのですね。並んだパーツを見ているだけで面白かったものです。実車に乗る、実車を撮る経験が僅かな差で出来なかった者への慰めとして、いやそれだけでなく、古いものをどこか「新しい」と感じる世代への答えとして、飯田線シリーズの第二波を期待しましょう。
  1. 2020/06/07(日) 12:14:44 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1695-e5048e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)