しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

2021年 あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
しなのさかいです。




多くの方々にとっては大変な年になったと思われる2020年が終わりました。
しかし大晦日の状況を見ると、2021年も引き続いて厄災に右往左往することは間違いなさそうです。
この国には重々しいメッセージを発することができるリーダーが圧倒的に不足しているようで、このことによって国全体で果てしない論争の渦の様相を呈しています。

テレビを点けてもネットを見てもそうなので、争いの姿を当たり前のもののように感化されてしまったのか、街中でも道路上でも、攻撃性あふれる人をよく見るようになってしまいました。
ウイルスよりも人間の攻撃から逃げるためのステイホームをする必要がある…
そんな気分で今日も家にいます(近所の量販店だけはそっとパトロールしますかねえ)。


ですので、現実の世界から逃避できて、自宅にこもった方がより遊べちゃうNゲージ趣味は「やっててよかった」となるのですが…
毎年のことではありますけど、改めて問いかけましょう。

皆さんはこの趣味を楽しめた2020年だったでしょうか。


当方の1年間をざっくりと振り返りますと、まぁこんな感じです。

・カトーの新製品はホントに買いたいものが少なくなったし、買わなかった。
・その間隙をトミックスが突いてくるもんだからいくつかを手に。でも品質に難があってすぐに売却することも。
・本当に欲しかったマイクロエースの京急2000系を手にしてどこかホッコリしちゃったワ。
・おこづかいだけに頼らずに「買う前に売却」を徹底。不思議なことに1年間トータルでは黒字。
・そんなことでして、新製品レビューをするテンションも上がらず。
・レイアウト工事は「ひととおり完成」の後の修正、装飾段階に。


参考にはなるはずもなく。
なんだか、もがき苦しんでいるような2020年だったようです。
読み捨てちゃってくださいね(笑)




Nゲージ趣味の黎明期は、誰もが街中の模型店へ通い、そこで主人や常連客から感化されることだけで満足していたものでした。
やがてそうした零細模型店は後継問題などから閉店していき、顧客は他者とのコミュニケーションを失っていくのですが、そこで思わぬ伏兵が現れます。
「ワラビの狂犬」マイクロエースの再登板です。

同社の新製品は正にカユいところに手が届くようなものばかりでしたので、ユーザーは喜んで買い続けました。
それまでの模型店に代わって、ポスターと新製品を触媒にして鉄道模型メーカーとの対話が成立していたように思います。
Nゲージ・ユーザーにとって、このことは非常に新鮮な経験となってしまいました。
ただし、新製品で遊ぶいとまもなく「次の新製品」を買うこととなり、さらには品質に対する評価も二の次となってしまい、雑なコレクションが広がっていくものになっていくのでした。
対話を続けるために「月刊マイクロエース」に追従していくようなスタイル、とも言えましょうか。

この後は、マイクロエースに代わってカトーの快進撃が始まった訳です(語るまでもありませんね)。


我々ユーザーは、同好の他者とのリアルなコミュニケーションを失いかけていて、その代わりにメーカーとの擬似的な対話を楽しんでいます。
そして対話は「新製品」を「買う」ということで、かろうじて成立しているようです。
しかしその「新製品」も、ユーザー間の公約数のように、発売と同時に大きなフォーラムのようなものが生まれている間は機能していましたが、今ではどうなんでしょう???
なかなか力強い新製品は見られなくなったので、もはや「買う」ことでも他者とはつながりにくくなってしまっているようです。
現状はその手前、新製品の「発表」でかろうじてつながっている状態。
市場全体の消費意欲は旺盛のようですけど、その真実はなかなか厳しい局面、なのではないでしょうか。


模型店もなく、ヘビーな新製品も(企画の弱さから)なく、この趣味はますます個人主義的なものになっているようです。
メーカー各社はそうならないように、エントリージャンルの開発、イベントの開催に力を注いでいるようですけど、どこか空転気味。
今なお正解は見えていません。


現実の世界でも、模型の世界でも、閉塞感が覆っているように感じます。
数十年続けてきた趣味ですので、なんとか楽しめる方向に持っていかないといけないのかな。
そんな気持ちでいっぱいです。


暗い雰囲気でのブログ始動となりましたが、本年はこれまで増やしてきた「かつての新製品」を振り返りながら、自分なりの世界を育てていければいいなと、そんな前向きの発想を温めています。


ということで2021年のスタート。
本年もどうぞよろしくお願いします。





スポンサーサイト



  1. 2021/01/01(金) 00:01:00|
  2. 駅ノート
  3. | コメント:18
<<貨物列車で遊ぶ | ホーム | よいお年をお迎えください。>>

コメント

今年もよろしくお願いします。

まず、ひとつネタを投下するとして。
兵庫県豊岡市のばねメーカ、株式会社 東豊精工 が発売した貫通幌 なかなかいいですよ。
お試しあれ。


吾唯足知
ハングリー精神がないといけないとよく言われますが、それが良い方向に働くとは限らないということかと。

この国のリーダーの件。新年早々ですが、ここまできてるのに。
正月三が日、緊急事態宣言でも良いと思うんですけどね。
書き入れ時の寺社仏閣からは猛クレームかもしれませんが…。


量販店の模型担当の方、売上だけを見たら上がっているとのことでしたが、一時的なもののような気がします。
復帰した人や、新規にやってみようという人が購入されているのだったら良いのですが。
客層の売上分析とかされてるとは思うものの、どうなのでしょうね。


先般書かれていた、市中の模型店が模型店でなくなっていくようなニュースに接し というくだりが気になります。
私は量販店も複数行ける地域ですので良いものの。
学生時代に通っていた模型店は…存在すらしてないですね。
遠方で、たまに行っていたお店が辛うじて残っているくらい。

企画の迷走と捕らえている者がいる一方で、そう感じていない方もいるようですし。

長年浮き沈みはあるものの、続けてきた趣味には違いありません。
自分だけの楽しみ方をどう付け加えるか、にかかるかと。
少なくとも、同好の方と共有する時間は感染症の以前から、激減してますから。
さらに追い討ちをかけられた感じです。

模型に割いている時間は波ありますので、単純比較はできませんが。
いきつけの模型販売店の店頭で数人で、わいわい言っていたのがもう20年前です。
土曜日の昼下がりだったり、新製品発売の日は退社後の閉店時刻までだったり。

量販店に行っていても模型担当の方と話していましたが 2020年はこれがほぼなかったので。
安芸1967なんて、模型担当の方と話していて予約、購入でしたから。
これすらなくなるとはという感じです。

上新電機本店で開催されていた、新製品説明会のようなものもなく。
ガレージメーカの方が独自で開いていた会とかもありましたが、これも入場制限など限定的で。
近年ではこれが結構重要。
人と会話することで感染広まる以上、取りやめになるのは理解できるのですが。
ないよりはましですが、オンラインで一方的な話をされるのもどうかなともどかしく感じます。

鉄道模型趣味はどこかに持ち寄ってというのがあまりできないですし。
レイアウト置いてる店が増えましたから状況変わってるかと思うものの。
たいていは、家に招いてやお伺いして?
ベースは個人主義なのでしょう。
アウトドアな趣味ではないですね。

なのに撮り鉄は思いっきりアウトドア、同じ鉄道趣味でも真逆で面白いものです。
…撮り鉄の評価が特によろしくないのは、別問題として…。


模型は走らせて…ですが、買って終わりというのが非常に多いと思いますが、ご家族の話をわりと書かれていますし。
レイアウトを家族の手も借りて…夏休みの宿題のような一種の教育かと…一緒に作られていたり。
冷ややかな目でと書かれていることもありましたが、生活の中のひとつとされていて理解はあるということではありませんか。

レイアウト関係では、欲しいなと思っていたときになかったローカルホーム、買っておかないと…。
なんて思いつつ。


模型店での話は別として。
ここですら、コメント投稿されている方間でのやり取りがないように感じますので。
そのあたりはどうしたら? とも…考えるところです。

しなのさかいさん、線路際の住人さん…他、ここを更新される方々がどう考えられているか。
またよろしければご教示いただければと。

王子公園近傍にお越しの際は、ぜひ予告いただければ。
改めて、今年もよろしくお願いします。
  1. 2021/01/01(金) 03:59:42 |
  2. URL |
  3. Mu. #JSz2HnTU
  4. [ 編集 ]

しなのさかい様、明けましておめでとうございます。
パンデミックは国内や海外の様子を見ると今年も混乱は収まらないかな…
胡散臭い陰謀論も蔓延してるので注意が必要ですね。
まぁ個人で出来ることを確実に行っていけば大丈夫でしょう。

鉄道模型は去年は色々買い逃していた物を通販で買い漁っていましたが、
その中にTomix製品は入っておらず…

スーパーの肉や野菜と違って立派な工業製品なんだから
客が検品しなきゃいけないのは製品としてダメでしょう…
(客が検品できるのもおかしな話な気もしますが…)
これに限らず鉄道模型業界は他所と比べて「?」な所が多いのも
人が増えにくい要因だと思います。

去年は買ったは良いものの満足に走らせなかったので、
今年は簡単なレイアウトでも作って走らせたいですね。
  1. 2021/01/01(金) 11:23:43 |
  2. URL |
  3. Planet #-
  4. [ 編集 ]

コロナ禍の鉄道趣味

今年もよろしくお願いいたします.
自分の住んでいる地域では新型コロナウイルス感染症の患者が少なく,それゆえに神戸〜米子または姫路〜広島の乗車と,目的地での宿泊が必須となる,当初のコンセプトから大きく異なる運行を強いられた「WEST EXPRESS 銀河」への乗車を断念,自分も住んでいる県からは3月から出ることは基本的になく,観光列車にも昨年は一駅(文字通りの「一駅」です)の乗車に止まりました.
その中でできることに,鉄道模型製品の購入があります.自分の地域では有力な鉄道模型専門店が複数あり,店員や他のお客様の方々と議論することで,かろうじてメーカーとの対話はできています.このブログでの議論では大変勉強になることばかりです.

しかし,旅行控えの資金が鉄道模型に流れているのか,こと6月の「10万円給付」以降は壮絶でした.在庫品はなくなり,新製品も生産数が少なくなったこともありすぐに売り切れる,中古市場には店舗が少ないこともあって容易にアクセスできないという事情もあり,昨今は「無理して買う」状態になってしまっています.

特にKATOは生産ラインの様子がある程度想像できるようになったため,例えば「2021年5月に蒸機・反響の大きいモチーフ(『WE銀河・36ぷらす3』など)の新製品は生産できない」ことは想像できていました.とは言え,製品企画への意見は結局購買行動で示すことになります.TOMIX製品も昨今品質管理に疑問がある製品が増えましたが,それでも持っておかない製品があるかなと思います.転落防止幌の出来で話題になった223-2000系は「Aシート」に備えて持っておきます.昨今はマイクロエースも良い企画・良い製品が出ているので注目する必要はあります.

早く(鉄道趣味に限らず)自由に移動・会話ができる日が来ることを願い,観光列車の見送りなど,できることは行っていこうと思います.
手元のNゲージ車両の数もこの一年で大幅に増えました.少しでも経験・コレクションの質を高めることを目標に今後も活動しようと思います.
  1. 2021/01/01(金) 13:09:28 |
  2. URL |
  3. かずひこ #QCsvbcNU
  4. [ 編集 ]

 あけましておめでとうございます、昨年の職場環境は感染対策による緊張感に追われる一年だった事もありましたが、たまに鉄道模型を弄る一時が息抜きで救われる想いでした。
 その様な過ごし方をしたせいか、毎月の発表される新製品と言うより再生産に意外と目が行くようになりマイペースで楽しむ様にしています。
 暫くはこんな状況が続くんでしょうね
  1. 2021/01/01(金) 20:40:02 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

本年もよろしくお願いいたします。

Mu.さん

コメントをありがとうございました。
この趣味、そして市場の底に流れている(と思われる)問題を同じように捉えていただけているようで、心強いです。
かつての街の模型屋さんが模型文化の発信の中心であった頃を考えると、今は様子が一変してしまいました。
だから今の販売店としては、メーカーが企画する内容を脚色なく素直にネタにしてカウンター越しに会話を広げていく、このことで常連客を獲得していく…という流れにならざるを得ず、そうしなければ生き残れないのですけど、どちらがどうおかしいのか、そんなことすら成立している気配はなくて、メーカーと販売店の対話も妙なことになっているようです。
だからメーカーが非常に安易な発想で「おかしなアイテム」、例えば八百屋で魚を売るような製品を送り込む間隙が生まれているようなんですよね。んでもって、そのおかしなアイテムを律儀にPRする販売店を見ると、どこかその販売店自体の品位を疑ってしまいます。

模型市場の売上げについても同意見で、当方も一時的なものと見ています。
ガンプラの売り上げも好調のようなんですけど、それは「家の中にいて遊ぶしかない」という制約の中で起こっていることですよね。
ですから、いわば半強制的に発生している「ブーム」が訪れているに過ぎず、再びフィールドワークによる趣味が解禁されればいずれは元に戻るんではないでしょうか。そのときには現状のような文化性のなさが露呈すると思っています。


ここに来てくださる方々には本当に感謝しています。
できることならば、同じ価値や問題意識を発展させながら、些細な成果を共有しあえるような、緩やかなフォーラムをと思うこともありますけど、管理者としてはやはり交通整理は難しいと考えており、当面は執筆者との相互通行とさせていただければと存じます。
ほぼリンクを貼っおらず、訪問者数も増えることのない、目立つことを恐れた駄ブログです。
でも、それでいいと思っていますし、そのことでここまで長く続けてこられたようですので。

全てのコメントにお答えできていませんが、こんなところで御勘弁くださいませ。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2021/01/02(土) 12:07:41 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

品質に対して「NO」と言う方法

Planetさん

本年もよろしくお願いいたします。
昨年に「品質」のことを記事にしたところ、(賛否は置いておいて)多くの方々に興味を持っていただいたようでした。皆さんも気にしていたことだったんでしょうか。
我々ユーザーが低い品質に対して「NO」と言うためには、予約などしないで発売後にその出来を見極める冷静さが必要なのかもしれませんね。
一方で製品の送り手は、生産数を絞って価格を上げる…。
そんなことはユーザーに分かるわけがありませんけど、価格は上がりっぱなしだし、店頭からすぐになくなったりしていることもしょっちゅうですから、そんな風に疑いたくもなります。
だから、一度立ち止まって、今までの買い物を活かせるような(ささやかな)財源の投入でより高い満足を得ることを目指してみたくなっているんです。
レイアウト製作もいいですよね。一緒に悩んでみましょうか。
  1. 2021/01/02(土) 13:50:09 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

飯田線の車両だけでも困らない趣味生活へ

かずひこさん

ブログを更新し続けている者としては、まさに「日本のどこか」で記事を話題にしていただけていることをありがたく思っています。今さらですけど、インターネットってすごいなあと(笑)

お出かけができなくなっている分、その財源を模型に回すことができるのは当然のことですよね。
でも、やはりその流れを見ていてどこか大丈夫かなあとも思います。
この年末年始もどこにも出かけないのであれば、車両セットの1つくらい…と考えるものでしょう。
でも当方は、そうやってあぶく銭で手に入れた模型を「かわいがる」ことができないことを何度も経験しています。逆に言えば、鉄道模型は考えて考えて、考え抜いて「やっぱり必要なんだ」という結論に至ってからお店に出かけて買うようなものなのだということです。
だから、妙なことなんですけど、この市場にある特異な「消費者がお金を出して買うカタログ」は成立していたんですよね。今では全然そうはなっていませんで、考える暇もありませんし、その有料のカタログはユーザーにシンキングタイムを与えるツールとはなっていません(店頭に在庫がある可能性も低いのですから)。今のカタログって、買う瞬間に既に100%消費されていませんかね???

ユーザーが「無理して買う」ことをしている反動は、ユーザーにもメーカーにも販売店にも必ずやってきます。ただし、ユーザーだけは商売をしていませんから、自分のやり方を強く打ち立てていればそれでいいのです。例えば自分のコレクションが「飯田線シリーズ」だけになったとしても死ぬまで遊べてしまうようにしたい。とにもかくにも、コレクションをより筋肉質にしなければならないなぁと反省する2021年のお正月になっています。

申し遅れましたが、本年もよろしくお願いいたします。
  1. 2021/01/02(土) 14:23:15 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

お金を使わないで遊ぶ

線路際の住民さん

お疲れ様です。
再生産品に目が行く姿勢はこちらも同様です。
こちらとしては、半年くらい前の新製品をチョット探して、もし残っていれば自分の中に取り込む…という作業が多くなりました。
だんだんこの趣味はお金を使わずに楽しむことこそがテクニックなのではと思うようになってきました。もちろん感化される新製品があればそれはそれでよいのですけど(昨年の8620形のように)、そんなものがめっきり少なくなりましたからね。品質についてもそうです。
まだまだ不穏な日常は続きますが、いろいろとやっていきませう。
  1. 2021/01/02(土) 14:30:28 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

冬来たりなば、春遠からじ。

あけましておめでとうございます。


種々の便利なツールがあるにせよ、やはり「会うのが一番」な旧人類としては、この趣味を楽しむに際しての大きな要素のひとつをもがれた旧年でした。(電車で30分の距離のお店と、通販でやり取りしたほどです)

また同じ季節に同じ状況になる前にと訪れたお店で聞くところによれば、例年と違って線路類の動きが活発だったとのこと。
近年すっかり定着した「外に走らせに行く」スタイルで遊んでいたユーザーが昔ながらに部屋に線路を組み立てて遊ぶ、そんな風に少しだけ時間が巻き戻ったのかもしれません。
取り戻せはしませんが、巻き戻ったのであればまたやり直しとでも決め込んで、違った方向に行くのもアリなのかもしれないな、そんな風に考える次第です。
あ、あくまで趣味の方向性の話です、為念(笑

年末、私の手元には念願の「KATO製の東武8000系」がやってきました。
勿論、一昨年の「瑞風」ほどの華がある品物ではなくても、そのクオリティには唸らされました。
発揮するチャンスを減らされても止められても、鈍ることなくその腕はいつもピカピカに磨かれているようです。

年末に恒例となった某サイトの「オブザイヤー」も、今年は本命の8620だけでなくカムイに8000系に四国のN2000と票が割れていました。
メーカーもそしてユーザーも行く方向を模索する中で、それでもしっかりと作りしっかりと見極め、自分の楽しみ方を貫きあるいは見つけている人は必ずいるはずですから、このステイホームの期間をその刃を矯める時間に使いたいと思います。できる範囲で、ネ(笑

本年が楽しいか否かは、時流には抗えない立場として甘受するとして、出来る範囲で楽しみを見つけていきたいと思います。
その楽しみの一つとして、ここにもお邪魔させてください。

本年もよろしくお願いいたします。


海無し

  1. 2021/01/02(土) 19:52:51 |
  2. URL |
  3. 海無し #-
  4. [ 編集 ]

あけましておめでとうございます2021

しなのさかい様
あけましておめでとうございます。
今年もちょくちょく寄らせてもらいますのでどうぞよろしくお願い致します。

さて私の2020年の模型ライフはKATOのモラルハザードの酷さに辟易としながらも、改めて「鉄道模型遊び」は実に楽しいな、と再認識したことでした。

自分の仕事を自宅で行う事が多くなり、自然と余暇の時間が出来て、模型と向き合う時間が増えた事がきっかけの一つでしたが、ここ数年の「車両を買って整備して眺めて片付ける」ことから、今まで大量に買い集めた車両を取り換えながら、ゆっくりのんびり走らせる、に変わった事だと思います。

確かに車両が増加するペースは明らかに落ちました。それに対して増えていったのはストラクチャー類で駅舎などの施設、操車場の再現、置物としてのバスなど、「走らせることを演出するモノ」達でした。

この年始に行ったのは、「ターンテーブルを回して蒸気機関車を扇形機関庫に何度も出し入れして悦に入っている」というものでした(笑)
これも最近購入した内の一つです。

本来私のメインは「乗り鉄」です。でも未だにそれはなかなか実現するのが憚られる状況です。
当然フラストレーションが溜まるのですが、それを解消してくれたのはやはり鉄道模型でした。

2020年は「鉄道模型は走らせるとやっぱり楽しい」ものだと気付くことが出来たことは収穫でした。
新製品のスケジュールに右往左往するばかりだったここ数年間で忘れかけていた「大事な事」を少し取り戻した気がします。

買いたいモノもメーカーに振り回されることなく「自分らしく」選べばいいや、と思うようになりつつあります。

鉄道模型はやっぱり楽しい!各々楽しみ方は無限だしこんな素晴らしい趣味は他にない!と心から思います。

改めまして、こんな駄文ばかり垂れ流す私ですが今年もよろしくお願い致します。
  1. 2021/01/03(日) 02:23:42 |
  2. URL |
  3. つばめ787 #-
  4. [ 編集 ]

東武ファンがうらやましい年末年始

海無しさん

おめでとうございます。
昨年はレールが売れたんですねー。間違いなく車両を走らせるためのモノですから、基本に戻ったような楽しみ方をするユーザーが増えたのだという御分析には同感です。あとはこの傾向が市場の裾野を広げたこととなるかどうか。上流の牽引力、中流のセールス力がキチンと機能すると良いのですけど。

カトーの東武8000系、当方も店頭で見かけました。パーツのそれぞれが鋭いエッジが効いていて、見続けているだけで本物のような錯覚が…。
当方は関東に居を構えながらも東武鉄道方面の知識が疎いことから、このクオリティを手元に引き寄せても活かすことができないと判断し、とうとう買うことができませんでした。なのでストライクな企画だと思われた方々が本当にうらやましい。この年末年始はお休み状態です。
カトー製品の品質の高さは相変わらず健在のようです。2021年も様々な新企画が登場するのでしょうけど、願わくばその品質を全国のユーザーに広く浸透するように使ってもらいたいですね。

できる範囲での楽しみを見つけていくこと。その通りでして、少なくとも趣味が苦痛にならないようにしなくてはと思う最近です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



  1. 2021/01/03(日) 13:47:24 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

ストラクチャーは軸になる

つばめ787さん

あけましておめでとうございます。
ストラクチャーやターンテーブルに財源を振り向けるのは、今、絶対にアリですよね。レイアウトを製作しなくとも置くだけで風景は見えてきますし、相応しい車両もグッと絞られてくるので、むやみやたらに買い物の範囲を広げなくて済むようになります。当方は蒸気機関車を大量に持っていながら未だに後者を手に入れておらず、これをなくなる前に入手しておくことが数年後の備えになるような気がしていて…
とにもかくにも手持ちの車両をケースから出して活かしたくなっています。乗り鉄愛好家としても風景を軸にして収集する車両に無駄な広がりがないようにしていきましょうか。

本年もよろしくお願いいたします。
  1. 2021/01/03(日) 14:40:45 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

管理人様
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

今年はどんな新商品が出るのか楽しみにしていますが、ここ近年ネタ切れ感がなんとなくあるなと感じています。
お財布に優しい一年であってほしいと思いつつ、自分も要らない物は思い切って処分しようと思っています。

今年もブログを楽しみにしています。

よろしくお願いいたします。
  1. 2021/01/04(月) 14:08:16 |
  2. URL |
  3. 桃次郎 #DNOJgeMM
  4. [ 編集 ]

2個処分して新しい1個を買う

桃次郎さん

こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。
ネタ切れ感はおそらく既存製品のリニューアルが続出していることもあるからなのでしょうね。新規軸というか「その手があったか」と叫んでしまう企画が見えなくなりました。
財布に優しくするために、例えば2つの車両ケースを処分して1つの車両ケースを買う、とか、手持ちのコレクションをもう少し見極めるようにすると良さそうです。当方は昨年に続けてこのことを徹底しようかなぁと考えています。要らないものは「今」ではなくても「近い将来」を想像しながら決めています。この点はメーカーのリニューアル方針を読んで、となりましょうか。「地面」をつくることで軸もつくれると考えます。
イージーな企画にノせられないように、筋肉質なコレクションにしていく必要が見えてきましたね。やってみましょうか。
  1. 2021/01/05(火) 08:45:54 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

あけましておめでとうございます

 年末には、私のような新参者にまでレスポンスをいただき、ありがとうございました。お忙しい中、言葉を選びながらの返答には神経を使われることと思います。僭越ながら、こういった場を維持して下さっていることに敬意を表します。本年もしなのさかい様と、集われる皆さまからいろいろご教示いただきたく存じます。
 先日は、カトーの方向性と自分の求めるものの乖離が大きくなってきて、思わず悪態をついてしまいましたが、思えば私も“攻撃的”になっているのかも知れません。食わず嫌いになっている10-1550セット、せっかくの大好物・国鉄型なんだからこの際買ってみようか…。ベンチレータが不満なら、自分で加工すればいい。昔は153系や165系でやってたんだし。いつの間にかメーカー任せになり、「吾唯知“不”足」状態です。しかし、6個×6両=36個かぁ。あの頃と違って老眼始まっちゃったしなぁ。屋根上だけならトミックスなんですが…。結局そこへ戻って来て思考停止になると。
 なんて思っていたら、12系セット、ネット上の量販店は軒並み完売。ホビセンの通販も残部僅少!早くも狙い通りの効果が出た?ただこうなると5月にはもどかしいことになりなりそう。単品だとオハフ13は手に入らないですし。末端のユーザーには分からない事情があるのかも知れませんが、モヤモヤする展開です。というわけで、12系も「きたぐに」も様子見とします。噛み合わないなぁ。寂しい限りです。
  1. 2021/01/06(水) 18:05:30 |
  2. URL |
  3. 妙高讃歌 #-
  4. [ 編集 ]

あけましておめでとうございます

新年おめでとうございます。
貴殿が充実した趣味活動をされるようにと願っております。

駅ノート(コメント数)の管理も大変だろうと思うので手短に..
模型を触れる時間が増えたことで「自分」を知ることが出来た2020年でした。
ここで詳細を述べるのは控えますが、どのような模型と付き合い、どういう遊び方をしているときに、自分なりに楽しいと感じられるのかが大事だと思っています。
我を知る、足るを知る...といいたところでしょうか。

  1. 2021/01/07(木) 14:57:30 |
  2. URL |
  3. 連接車 #M7elFNEI
  4. [ 編集 ]

許せる仕様、許せない仕様、そして許さない仕様

妙高讃歌さん

本年もよろしくお願いいたします。
このコメント欄も「いつの間にかこうなっていた…」という感想なのですが、以前のように、ユーザー同士で同じ新製品を手にして「良かったね」「ここがこうなっているよね」という共感がしにくくなっている分、ユーザーの多くが、川上から「これから流すよー」と叫ぶ人たちに何かを言いたくなっているのでしょう。「そんなそーめん、食えるか」と(爆)

製品の設計、仕様についてはユーザーがそれぞれに許容範囲を持っていますから「なぜそうしなかった?」という視点は無数に存在するかもしれません。
仰るとおり、ベンチレーター等の屋根上機器は論争となる代表的なポイントで、カトーの客車急行シリーズはベンチレーターが一体化された10系、オハ35系と、別パーツ化されたスハ43系が混在していますから、本来ならば「おかしい」となります。

しかしながら不思議とこのシリーズに関しては、そういう声は少ないように思います。

とまぁ果てしない主観論争になるかもしれません。大切なのは、自分の中の基準に満たなければ「買わない」ということですかね。
ちなみに当方は、12系、14系座席車についてはベンチレーターが別パーツ化されているけど車体への標記類の印刷が一切ないトミックス製品か、屋根板と一体化されているけどその印刷が施されているカトー製品か、どちらか…と問われれば後者を選びます。
買ってきた車両は、できることなら不可逆的な加工をすることなく無加工で走らせたいし、走るシーンが印刷表現やシールの貼り付けなどでリアルに見えればイイなと思っています。
買ってきてすぐにナイフなどで加工してしまう方も多いようですけど、当方にとっては持ち帰ってきた車両たちは、まだまださっきお店に置いてきたお金の対価的存在として、そのままであって欲しいんです。
トミックス製品のBMTNカプラー換装もそうでして。
単に臆病なのかもしれません(笑)
でも、こんな感覚に、製品との向き合い方、妥協点があるかもしれませんョ。

それでは繰り返しになりますがコトヨロでございます(^^)
  1. 2021/01/07(木) 19:16:23 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

やりたいことはもうできる…かも

連接車さん

ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
お家時間が増えただけ、消費意欲は旺盛なのかもしれませんが、仰るように「自分は何が欲しいのか」「自分は何がしたいのか」を自問自答するユーザーも増えていると見ています。そう問うと、意外と既に手持ちの車両たちでやりたいことができてしまうのかも。それをやらないまま「何か欲しい」と飢餓感に任せてお店を往復するのは…コレ、当方の反省点です。
こんなことを言うと、メーカーはますます既存製品の焼き直し、プチリニューアルによる「買い直し」需要とだけ向き合ってお茶を濁すかもしれませんけど、やはりそう思うことはあります。

皆さんからいただくコメントは、当たり前のことですけどありがたいものにはもちろん、なるほどと思える論点が示されていたりしますと特に、こちらも自然と長文になっています(その反対もあります)。その範囲においては苦痛などにはなっていませんので、引き続き変わらぬお付き合いをいただければと存じます。
繰り返しになりますが今年もよろしくでございます。
  1. 2021/01/07(木) 19:28:11 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する