しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

レイアウト工事をチマチマと

こんばんは。しなのさかいです。


なーんにもできなかった年末年始も過ぎ去り、そして、なーんにもできなかった三連休も終わってしまいました。
昨年中に多少なりとも遠方へGO TOできた方はそうでもないのでしょうが、昨年のGWからずーっと遠征などせずにそのままでいる者としては、何かしらのプランが浮かんでも「いやいや…」とかき消すことを繰り返しています。
まだまだ続きそうな気配。
仕方がない、のか???



その空虚な年末年始。
大した買い物もありませんでしたので、趣味の視点、視線はもっぱら「地面」に向いています。
自宅でGO TOできてしまうところが鉄道模型趣味のせめてものメリット。
「とりあえずの完成」を果たした後の作業を進めるのも悪くありませぬ。





まずは、(北海道風)直線モジュールの真ん中に置いている保線小屋風詰所(「風」が多い…)。
詰所の背後にある木々のボリュームを増やして、手前には古枕木を利用した柵を打ち込んでみました。
こういうの、「やろうやろう」と思っていて数年間やらないメニューでして、思い立てば数時間でできるものなのです。

詰所には何かしらの看板があると良さそうでして、課題はまだまだ。
古枕木の柵も、一部分の上にさらに枕木を横置きするべきか悩み中。
野暮ったくなるのも不本意なので、仕事をしながら考えることとしましょう(笑)





一方、大工事となっているのが、山岳モジュールの中央、外線のスノーシェッド付近です(スノーシェッドは取り外しています)。

線路際の法面にGMの「石垣C」(コンクリートブロック)を使っていたのですけど、線路が緩やかにカーブしているので角度を付けられず、垂直に立ててしまっていました。
これは構造的にあり得ず、またブロックの積み上げというのもおかしいので、1cm幅の短冊状にカットした1㎜厚のプラ板を並べて、若干寝かせた擁壁とすることに。
この方が耐力のある壁ということができそうです。
どうなりますやら、自分でも不安がいっぱい。
当面はココを優先させるつもりであります。





その右隣にある温泉セクション。
ジオコレの「温泉宿B」の改造を進めています。
温泉宿シリーズの中でもこの「B」は樹脂の色のままでしたので、どこかそのままではチープ感が。
「A」や「C」と同じように、塗装された状態で重みを出したい、というのが人情でしょう。

以前にもお話したとおり、客室窓は全てくり抜いて、さらに拡大。
GMの「プラント工場」の採光窓を移植するというクレイジーなこだわりをしています(10枚は疲れた)。
加工した箇所はそれだけではないのですけど、いずれ御紹介させていただきます。





温泉街の背後の山には針葉樹を増やしました。
架線柱も下塗りをしていて、これからウェザリング処理をしようかなと。
じっくりと考えながら、景色をモノにしていきます。





地面だけではつまらないでしょう。
最後に車両をおいた風景も見ていただいて。
このキハ183-0についても一言ありますので、近いうちに触れることとします。

今回はこんなところで。
ではまた。

スポンサーサイト



  1. 2021/01/13(水) 23:10:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | コメント:4
<<擁壁物語 | ホーム | 貨物列車で遊ぶ>>

コメント

管理人様

こんばんは。
この直線区間の保線小屋とてもいいアクセントですね。
鉄橋区間も好きなんですが、この直線、良いなTOMIX思いながらいつも拝見しています。
いつも管理人様のレイアウトの全貌を見てみたいなと思っております。
一つご質問です。
レールのクリーニングはいつもどうされているんですか?

もし差し支えなければ教えていただけたらと思います。
  1. 2021/01/19(火) 18:44:12 |
  2. URL |
  3. 桃次郎 #DNOJgeMM
  4. [ 編集 ]

しなのさかい様、こんにちは。
今回の記事とは関係ないですが、鉄道模型にも関係ありそうな噂を耳にしました。

何でもここ一年でコンテナの運賃価格が約三倍になっているようで、
もしかしたら海外生産しているメーカーの製品価格などに影響があるかもしれません。

記事とは関係なくて大変申し訳無いです…
  1. 2021/01/19(火) 20:21:14 |
  2. URL |
  3. Planet #-
  4. [ 編集 ]

コロナで国際物流が止まり、海上コンテナはほぼレンタルですので。
所有者のリース会社に返却をした。
リース会社は置き場所も無い為に古いものからスクラップ処分したところ。
急激に国際物流の動きが戻ったため、コンテナ不足。
取り合いになっている。
海上コンテナの製造もされているが、破棄した数・需要数に供給が追いついておらず。
ほぼ戻るのが4月ごろとも。

まぁ、中国~日本は距離も近いので。
米国とのやり取りなんか最悪ですよ。

信じるかどうかは、お任せします。
  1. 2021/01/19(火) 21:55:08 |
  2. URL |
  3. Mu. #JSz2HnTU
  4. [ 編集 ]

レールクリーニング

桃次郎さん

コメントをありがとうございます。
レールクリーニングはとても簡単な方法で済ませています。と言ってもその方法には賛否両論あるのでなかなか説明できずにいました。近いうちにココで話題にしてみますので、今しばらくお待ちくださいませ。
  1. 2021/01/20(水) 08:37:26 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する