しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

ちょっと北近江まで(その3)

(その2からつづく)


本稿では2泊3日の旅の2日目、12月23日(金)の動きをお伝えするつもりですが、今回は観光情報ばかりとなります。

鉄分は少なめですので、その点をあらかじめ御容赦くださいませ。





東横イン米原駅新幹線西口を朝8時過ぎに出ました。
米原駅前は閑散としている分、必要最小限の要素が至近距離に密集していて、レンタカー店もその一つでした。

東横インからほんの徒歩数分で、とび太くんに案内されながら、予約済みのレンタカーを引き取りに向かいまして、手前に見える白い車がこの日の相棒となりました。

レンタカー店の方に「北の方へ行くのはどうでしょう?」と聞くと「うーん、一応スタッドレスタイヤですが、うーん」といった歯切れの悪い応答で、かなりの難問をふっかけてしまったようで申し訳なく。


それでは10か所のポイントを順番に御案内します。



① 彦根城



米原から彦根城の近くまでは20分くらいでしたでしょうか。
朝8時台はこの地でも車による通勤ラッシュが激しくて、鉄道ばかり乗ってきた者が慣れない土地でいきなりハンドルを持つのですから、やや緊張。

カーナビの誘導で、あらかじめ教えてもらっていた住所に迷わずに着いて、この日の本当の相棒となる友人と9か月ぶりに再会。
青空を背景にして彦根城を眺めながら湖周道路へ出て、奥琵琶湖へ北上開始です(今回はお城見学はパス)。



②マキノ高原・メタセコイア並木



北近江を味わう今回のツアーの「最奥地」としてマキノ高原を選んでみました。
まずはココまで北上して、その後は持ち時間の範囲で彦根方面へ戻りながら観光スポットをハシゴするという魂胆です。

訪問が1か月早ければ、この道路は車のブレーキランプだらけだったかもしれません。
それほど落葉の季節は観光需要が高く、これもまたデジタルカメラ(スマートフォン)が生んだ騒動なのでしょう。
でも、葉が落ち切った褐色の季節もまたイイじゃないですか(^^)

訪問者は我々の他にはほとんどゼロ。
久しぶりのメタセコイア並木を、御覧のような閑散期ということもあって、自由にウロウロして味わうことができました。

移住したばかりの友人はこの場所を知らなかったそうで、どこへ連れて行かれるのかと心配だったそうで(アラアラ)
どっちが案内人なのかわからないところが面白いなと(^^)



③ 海津大崎

マキノ高原から湖畔に出て、そのまま海津へ。
琵琶湖なのに漁村のような雰囲気のある家並み。
この地も再訪してみたい場所でした。
この辺は「津」が付く地名が多いようです。
理由はなんとなくお分かりいただけますよね。





そんでもってこのブルーなのですよ。
風が強くて波が立っていましたけど、でもそれはやっぱり湖面の波で、打ち際はチャプチャプという程度の可愛い音でした。

「海に見えるけど、やっぱり湖だと気づく」
琵琶湖を見てそんな驚きを体験してみたい方にはオススメの場所だと思いました。



④塩津の交差点



お断りしておくと、このセブンイレブンがある交差点(T字路)は観光スポットでも何でもありません。

ありませんが、当方はこの交差点に来たのはこれで3回目で、いつも考えることは同じです。
それは、ココが日本海側への「動脈」であることを実感できる交差点であるということ。





ちょうど国道303号から国道8号へ合流するところの画面で、右(木ノ本・長浜方面)から左(敦賀方面)へ長距離トラックがバンバン走っています。
これが国道8号(右方面は303号との重複区間)。

303号からこの交差点に近づくとき、周辺には視界を遮るものがほぼないので、遠くから見ても、これから自分が異様な様子へ飛び込んでいくことを確認することができます。
上手く言えませんが、日本海側へ続く動脈そのものに見える、ということです。



⑤ 賤ケ岳のふもと



その交差点を右折してしばらく走ると、1583年に羽柴秀吉と柴田勝家が激突した賤ケ岳古戦場がありました。
画面は賤ケ岳トンネルを抜けて、背後を振り返ったところ。

賤ケ岳リフトの乗り場があるこの場所が気になった理由は、合戦場となったことが分かる地形、というだけでなく、賤ケ岳(画面に見える山)の麓に、いかにも近江地方と思える大音の家並みが存在していたからでした。

この地での暮らしが若い世代へ受け継がれて、それが100年単位で続いているんでしょうから、人が住もうと考える土地って一体なんなんだろうと。

旅のキッカケが「友人の移住」ということもあって、今回の北近江ウォッチングでは、たびたび似たようなことを考えさせられました。



⑥ 余呉湖



琵琶湖の北側にある余呉湖は今回が初めての訪問でした。
この場所は「静寂そのもの」であるとの情報を得ていたので、それなら年末の季節に立ってみるのもよろしいんではないかということです。

そんなことで訪問した湖畔には、既に1人で訪問している先客さんが。
みんないろんなことをゆっくりと考えたくなる時代、なのかもしれませんね。
いろいろありましたから。

ただ寒くて立っていられなかったというのが真相であり、大きな誤算でした。
2時間ドラマのラストシーンみたいにはいかないのね。

湖畔のドライブインでカツ丼を注文したら、たまごでカツをとじない、上に乗せただけのカツ丼で、これも(うれしい)誤算。



⑦ 北国街道・木之本宿



Nゲージの御座敷運転のときの駅のようなJR余呉駅を眺めながら、南下して木ノ本へ。
軽く木之本宿を観察しました。
ココは北陸本線の駅もありますので「旧宿場町」といっても昭和の雰囲気のある賑やかな駅周辺という感じ。
いつも時間がない中での訪問となり、宿題を残し続けている木之本宿です。





木ノ本の踏切でやってきたのは赤いEF510-4が牽くコンテナ列車。
スッキリと晴れた空の下を快走していても、この後には吹雪との戦いが待っているのですから、日本海縦貫線の物流は大変なことです。



⑧ 国友村



日本史を勉強していれば必ず出てくる国友村。
でも、その場所を地図上で指すようなことは普通できませんよね。
当方も訪問するまではそうでした。





こんなところにあるんですよ。
戦国時代の交差点のような地域ですから、国友村は、今風に言えば、サービスエリアか道の駅に併設された実演販売コーナーのような存在だったのかも。

こちらも現代に至るまで、平らな田園風景の中に残っていて、暮らしの様子も見えました。
最後の鍛治職人は昭和の初め頃までの御存命だったとのことで、それ以降は普通の集落になっているはずなんですが、代々家が受け継がれていることに感慨深さが。





住宅街の中にある資料館で、当時の鉄砲の重さを体感して立ち去りました。



⑨ 美濃・近江国境

国友村から北陸自動車道・長浜ICに向かい、レンタカーなのに図々しく高速で移動して関ヶ原ICへ。
岐阜県に戻ったところで、残りの時間を中山道の宿場観察に当てることとしました。





まずは中山道59番・今須宿にある美濃と近江の国境。
ココは今も岐阜県と滋賀県の県境です。
某テレビ番組ではバスの乗り継ぎができないとかで、近江側から徒歩でここまで来るシーンを幾度も放送していました。





「寝物語の里」の碑。

近くの郵便局で聞いたところでは鈍い反応だったので、地元の方々にはそれほどのスポットではないのかな。

公益社団法人びわこビジターズビューローが運営する「滋賀・びわ湖観光情報」では以下のような案内となっています。

「昔、国境の小さな溝を隔てて建つ両国の旅籠の泊まり客どうしが、寝ながら話しができたことから付いた呼称です。安藤広重の『木曽街道六十九宿』に描かれた今須宿の図は、この地を描いたものです。現在宿等はなく、石碑のみが建っています。」





Wikipediaから転載

県境のスポットであるだけに岐阜県側も案内しており、そこには源平合戦期のエピソードがあったようですが、どこか重々しく、滋賀県側の程度の案内の方が当方としては馴染みました。

どんな話題にせよ、国境を挟んで互いに枕を向けて夜な夜な寝ながら会話をするなんて、ロマンチックなことですよね。
現代にも通じる「県境ロマン」のルーツのような場所でした。



⑩ 中山道・柏原宿



中山道60番・柏原宿。
もう日没間近だったので、ささーっと。
山東柏原郵便局で874局目の旅行貯金を果たし、そろそろ北近江ウォッチングもおしまいという雰囲気になりました。

「山東」とは旧山東町(さんとうちょう)のことで、2005年に米原市へ併合されています。
予備知識がないまま訪問したので「山東?」となりました。

もう少し時間が欲しいと感じる場所でして、ココにも宿題を残したような。






その後は61番・醒ヶ井宿、62番・番場宿を通り抜けながら中山道の跡を辿りました。
交通量がものすごい名神高速道路の脇を白いトヨタ・パッソが走る風景は、自分で運転していて「絵になるよなぁ」と。

さらに63番・鳥居本宿を通りながら、郊外型ロードサイド店が賑やかな彦根市街へ戻って、北近江ウォッチングの大団円となりました。






この春に彦根に移住した友人は、その2年前の春、支店勤務中に会社を辞めてしまいました。
当方にとっては突然のことで、その事実を後日に風の便りで知った程でした。
本人から「彦根に行く前に」というメールを受信した昨年4月のとある日、仕事中の昼休みを利用して再会した…という流れです。

で、辞めた理由。
長時間労働でした。

超勤が年間1,200時間を超えてしまい、その原因はいわゆる「クラッシャー上司」の存在だったそうです。
定年退職をあと数年に控えたその支店の上司は、本店で定年を迎えることでキャリアを終えたいとの欲望があったようで、点数稼ぎのために部下たちに無駄な資料作成をさせ続けたんだとか。

そんなことをしているうちに、この組織に生きるエネルギーを吸い取り尽くされるのなら、今のうちに人生をリセットしてみたくなったということで、2年間の空白の後、縁もゆかりもない北近江の土地の仕事を選ぶことができた…とのことでした。
そんな彼が、わざわざ当方だけに「行き先」を教えてくれた形でして、「それなら必ず行くよ」と固い再会の約束をした、ということなんですよね。


人生の「残り時間」の使い方。
考えない人よりは考える人との関係を強く大切にしていきたい。
そう考えることが多くなっているこの頃です。





友人とは別れ際に彦根城近くの蕎麦屋で徹底的に語り合いまして、再々会を約束。
自宅へ送り届け、その後はレンタカー店経由で連泊する東横インへ帰って、カバンの中に入れていた木ノ本の「つるやパン」での収穫物をいただきました。

突然余計なデザートが湧いていますが、これは前夜と同様、近くの平和堂フレンドマートで買い求めたプリンです。
クリスマス・イブイブでしたから。
ノンアルコールで甘党の米原ナイトでした。



さて、帰り道のことに触れてそろそろ終わりにします。
模型のことも書かないといけませんし。


(その4へつづく)



スポンサーサイト



  1. 2023/01/19(木) 19:30:00|
  2. 鉄道旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ちょっと北近江まで(その4) | ホーム | ちょっと北近江まで(その2)>>

コメント

残っている物、残る物護る物。

おはようございます。

近江・美濃・尾張・三河近辺は、教科書で出てくる古戦場の名前がごく当たり前に「国道フォント」で交差点名になって現れたりしますから面白いですよね。その周りはいかにも騎馬隊が駆け下りてきそうななだらかな山、丘に囲まれていたりして。この辺りに差し掛かると、いつも私の脳内でYMOの”RYDEEN”がリピートしまくります。

鉄道で旅の大きな橋頭保まで辿り着いたのちはレンタカーでその周辺をつぶさに拾って回るというスタイルは、私もよくやります(いや、やりましたになりつつある;)。列車に乗ってくる地元の人たちが車内に運んでくるいろいろな「空気」の発生源らしい場所に辿り着いたりすると大層嬉しくなったりするので、楽しいですよね。本当は路線バスで巡れれば、もっと楽しいですけれども。

私は時間(とお金)の使い方が下手な人間でして、いわゆる「乗り鉄」と「模型鉄」の期間をそれぞれに行ったり来たりしてここまで生きてきました。片方に寄ることでもう片方へのモチベーションが溜まってきてそっちへ、でまたあっちの方の欲求が溜まってきてそっちへという、なんとも極端な進み方です。そんな具合ですから模型のコレクションもいつも、「その時には過去帳入りしてしまっている車両群」になりがちです。

文中にもありますが、「残り時間の使い方」。
折しも、敬愛していたドラマーがつい先日にこの世を去りました。
彼のように他人様にお見せできるようなレベル、愛されるものでなくてよいですから、アーカイブとして何か形に出来ないかなと思うようになりました。
  1. 2023/01/21(土) 07:44:32 |
  2. URL |
  3. 海無し #-
  4. [ 編集 ]

サラダパンと長時間労働のこと

おはようございます。

木之本宿を訪れたようなので、今から10年以上前に滋賀県出身のあのアーティストが全国放送のテレビ番組で紹介した「サラダパン」が出るんじゃないか?と期待しながら読み進めていたら、最後にどーんと出てきて「来たーっ!」と思わず心の中で叫んでしまいました(笑)

昨年春より、BSでそのアーティストの方が自らバーチャル世界の知事になって滋賀の魅力や問題点を取り上げる番組が放送されていますが、サラダパンの誕生秘話も昨年番組内で紹介されました。
なぜ今のたくあんを挟む形になったのか?は、番組を見ていて「へぇ〜」ってなりましたし、実際につるやパンのホームページでもマンガで紹介されているので、いい勉強になりました。


長時間労働の話に話題を替えますが、自分の勤務先は今は組合員に対しての時間外労働時間は年間720時間以内(基本は月45時間以内,年間6回まで月75時間、特別最大延長80時間以内)と定められています。
とはいえ、実際は間接部門で休日出勤で超過しそうな分を平日の代休で”相殺“することが常態化しており、結果年次有給休暇を消化しきれないというのが実情です。

自分が短大卒で入社した時にいた班長の方(後に係長に昇格)が、常昼勤務であっても真夜中まで仕事で残ることが多く、結果自身が結婚をするタイミングで会社を辞めてしまいました。
今もその方が会社に残っていたら、課長クラスまで昇進していたかもしれないですし、何より組織が今とは全然違う方向に進んでいたかもしれないと想像してしまいました。
  1. 2023/01/22(日) 10:37:57 |
  2. URL |
  3. パークランナー #ir/JjbnU
  4. [ 編集 ]

普通列車を降りた人たちの暮らしぶり

海無しさん

「列車に乗ってくる地元の人たちが車内に運んでくるいろいろな『空気』の発生源らしい場所に辿り着いたりする」というお言葉は正にその通りだと思いました。とすると、もしかしたら地域輸送を担う普通列車の様子はその地域の姿を滲み出しているのかもしれませんね。乗り降りする人。学生が多い区間。輸送密度が高い区間とそうでない区間などなど。観察していると興味が尽きず、思わぬところで新しい発見もあります。模型の世界での普通列車のキリトリ方というか、どんな車両が模型化されたらみんなが買うのかといった方程式が潜んでいるような気もしました。

文中にも書きましたとおり、この辺りは建物が少なくて、もともとの地形を捉えることがしやすいようで「ココに陣を設けた」と言われれば納得しやすい土地のようです。また、琵琶湖を水運の動脈と見て京都へのルートを想像するクセも身につければ、北近江が戦国・安土桃山時代には重要な土地だったことがよく分かります。
鉄道模型趣味をそのままの範囲で完結させるのはどこかもったいなく、また片手落ち。フィールドワークと1/150の世界をこまめに往復することが結果として世の中の仕組みのようなものを模型の世界に落とし込んでいけるのかもしれませんね。
当方も車での移動ばかりの20年でしたが、20年も経てば考え方や捉え方も変わるもので、鉄道だけの移動という制約の中での楽しみを再発見したようでした(^^)
  1. 2023/01/24(火) 19:24:53 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

ペンケースにすれば良かった

パークランナーさん

御期待を裏切らなくて良かった(笑)
「つるやパン」は今回で3回目の訪問で、北近江巡りでは外せないスポットです。今回の店内にはグッズ類も増えていて、小さなエコバッグを買いましたが、ペンケースにすれば良かったと後悔しています(あれ、イイです)。
サラダの正体はたくあんなんですよね。予備知識がないまま初めて食べたときはコールスローサラダかなんかだと思いました。
滋賀県の文化も攻めていて、彦根のおみやげ店には三日月知事じゃなくて西川知事プロデュースの食べ物も並んでいましたし。こういう文化に接触することが鉄道模型趣味から派生したセカンド趣味になっています。模型の話をしながら「サラダパン」と「サンドウィッチ」の話を混ぜる。イイでしょう(^^)

長時間労働のエピソードもありがとうございました。こちらの職場にもリミッターは設けられているものの、それを超えたときの産業医と呼ぶ方との面談は極めて事務的で。結局のところは職場ガチャなんです。
長時間労働の根本的な原因はなんなんでしょう。他人が持つ自由時間を尊重できない人かも。そんな人は自分の自由時間を無駄に使っているんだろうと思って、近寄らないようにしています(たぶん「サラダパン」の意味も分からない人でしょう)。
いざというときに「そんなら次へ」とリスタートすることができるか。日頃からできるようなマインドにしていかないといけないのだろうと考え直しているところです。お互い「御安全に」。
  1. 2023/01/24(火) 19:32:02 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1805-11917559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)