しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

新しいサウンドカードたち

おはようございます。しなのさかいです。




この週末は、所用により少しだけ信州方面へ出かけてきました。
これにて当方の「繁忙期」は終了で、普通の模型生活に戻ります。

小淵沢付近がちょうど紅葉の見頃のようでした。
そこよりもさらに数百メートル高い富士見高原の風景はすっかり「冬」だったので、上から下に向けて紅葉の範囲が移動していることがしっかりと分かりまして。
関東平野もそろそろ、でしょうか。



Nゲージ界隈ではトミックスの221系が大きな話題となっているようですが、当方はスルーしてしまいました。
カトーのリニューアル品でもう十分ですし、もちろん転落防止ホロがないスタイルでも持っておきたいところですが、当方にとっては登場時の短いスカートのスタイルで「新快速」の運用に就いていた姿の方がベスト。
それだけでなくて、4+2で「大和路快速」というのも良きですね。
のんびりと待つつもりで、そうやって取捨選択していかないと、そろそろ模型部屋が爆発すること間違いなし、という結論です。
インレタ貼りが面倒なのも大きな要因で、カトーが製品化してくれればありがたいんですけど(どうでしょう?)





そんな話題を片目で見ながら、カトーから新しいサウンドカードが発売されたので、都会の模型店で引き取ってきました。

今回は無難で渋めのラインナップ。
当方の所有車両群との親和性も高く、この先に活かせる投資となるような気がして、容赦なく買ってきました。





ただ、その中の「205系」だけは謎。
211系とのダブルネームとするなら分かるんですけど、今回はそうはしていない。
さすがに今のカトーの205系を生産し続けても…という気がしていて。
長年この趣味を続けていると、こういう電波にセンシティブになるんですよ。
よろしくないですねー。





差しました。





「キーン」という高音が混ざりながら、11両のコキ50000を牽いた列車が走り出しました。
模型人間としてはホッとするひとときです。





こんな鉄道シーンもそろそろ過去のものになろうとしています。
過酷な運用の連続であるDF200もダメージが相当なのでしょう。
「引退」という足音が聞こえてきたようです。


ミニチュアとして目に見える形で残すことを重視しながら、リアルな音を添えることも選択肢として提供し続ける。
このカトーの「遊び方の提案」はどこか狂気地味ていて(褒めています)企画発表当初には完全に惹かれてしまいました。

そして2014年12月、カトーが毎月のように買いたくなる車両を発売していた最中に「サウンドボックス」もドカンと発売されまして「えいやあ」と。

2014年12月28日「 KATO サウンドボックス」

その発売当初からカトーの音へのこだわりを応援し続けていて、今では複線用に2台持ちとなっています。
10年経っても第一線で遊び続けられているんですから、お金の使い方としてはまずまず…でしょう。









(おまけコーナー)



何やらまたまた印刷。





うーん、少し違うなぁ。





悩みながら、貨物ホーム前に置いてあった木材の山に程よく着色してみました。





こんな感じかな。
ま、いいか。


ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2023/11/29(水) 09:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<よいお年をお迎えください | ホーム | 「細い糸」を「太い線」に>>

コメント

205系のサウンドカードが211系とダブルネームになってないのは単純に走行時のモーターの唸り音が「似てるけど大分違う」からではないかなと。

それにしてもKATOサウンドカードシステム、家で走らせなくなってレンタルレイアウト主体になりつつあった時期の登場だったので、技術や発想として深く感心こそすれ小生は買わず仕舞いになってしまいました。

割かし幅の広いカセットの展開をしてくれていますが、小生にとって最大の愛好カテゴリとなる私鉄でのサウンドカードは将来何が題材となるのか?これについては当面、予測が難しそうです。

(因みに個人的な豊富な車内チャイムを持つ近鉄特急で令和の名阪甲ダイヤ主役、ひのとりをリクエストに申し付けています。サウンドカードとのセット企画とかでKATO印近鉄車が十数年振りに帰ってきてほしいなというシンプルな動機ですが中々叶いませんね。)
  1. 2023/11/29(水) 22:45:35 |
  2. URL |
  3. ポールスター通勤者 #-
  4. [ 編集 ]

221系など

空色の帽子です。
トミックスの221系、話題になっていますね。自分的には品質等カトー製で十分なのですが、製品化が発表された時に導入の検討をしました。結果、同じように延長スカートの頃の姿ということのため見送りました。当方も221系は急行運用となった急行マリン城崎やマリン白浜の頃の姿である登場時の延長スカート前の頃が良いと思います。そのため、カトー製の登場時の古い製品を一応所有していますが、実際に急行運用された形式が不足しているようで、厳密には製品と異なるみたいですが、まあ、大らかに「はい、これは221系の急行マリン城崎」ね!などと見立てています。トミックス製は登場時でしたら確か全形式の製品化なので恐らく購入していたと思いますが、延長スカートと知って自分のテーマ的にはちょっと安堵?、いや、残念だったことを思い出します。
音に関してはyoutubeで国内鉄道模型ではなく海外鉄道模型の動画サイトをよく見ているのですが、模型運転では音が当たり前のようで、中には煙をはいて走行している模型もあっていやビックリでした。外国型に手を染める気は全くないのですが、あ、でもカトー製のビッグボーイはかなり悩み、結局やめましたが・・・・ま、何でしょう、他人事のように見ていられるのである意味楽しいと感じました。
キハ40、そしてつい新型と思っていたDF200も、もうすぐ過去の風景になっていくのでしょうね。キハ40は愛称付きでヘッドマーク付き快速列車全盛の北海道色旧色時代が自分的にはテーマですが、現在の新色も実物の走行姿や乗車した時のことを思い出すと、模型で手元に置いておきたいと思ってしまいます。鉄道模型は走行もあるが故に例えば列車が過去のものとなっても思いをより想起させてくれるという点で出会えて良かったと思える趣味です。
またお立ち寄りさせていただきます。
  1. 2023/11/29(水) 23:01:10 |
  2. URL |
  3. 空色の帽子 #-
  4. [ 編集 ]

模型も「音鉄」

お久しぶりです。

実はしなのさかい様と同じく私もサウンドボックス「2台持ち」なんですよ(笑)
だから今回の話題に共感しまくりでコメントさせてもらいました。

何となくSLを走らせていてドラフト音が出せれば面白いよなぁ、と思ったのがきっかけでした。
小学生の時分に何処かのイベントで16番の運転会があり、そこを走っていたD51のテンダーにスピーカーが仕込んであり、迫力ある音を奏でていたのを羨望の眼差しで見ていたことも思い出し、車両に仕込むよりはお手軽だしこれは長く楽しめそうだと思い切って投入しました。

使い始めたらこれがすっかりハマッてしまいまして、SLでは飽き足らずE233系や京急2100系など電車も音を鳴らしながらでないと少し物足りなく感じる位になっています。

KATOのターンテーブルとサウンドボックスを組み合わせると効果が絶大でして、C57やらD51等を機関庫に出し入れしながら各形式のカードを差し換えて楽しむと1日これでイケます!(配線が少々面倒ですが)

また今回のDF200とEF66も投入していて、ななつ星用7000番台の何だかおかしなミュージックホーンも鳴らしながら楽しんでいます。

KATOが音に着目したのはとても素晴らしい事だと特に感じたのは記憶と音は密接に繋がっている気がして、少し前に出た寝台特急のカードと今回のEF66のカードを鳴らしていると、「はやぶさ」や「富士」に乗車した時の光景が鮮明に甦ってくるんですよ。ちょっとジーンときちゃいますね。
  1. 2023/11/30(木) 00:58:13 |
  2. URL |
  3. つばめ787 #-
  4. [ 編集 ]

なるほどと過去記事とも参照して、たしかにレイアウトのジョイント音を軽減・減少させたくなるよなあという感想を持ちました。

うちにもサウンドユニットとカードが増えておりますが、300系のぞみの音とカシャンカシャンのジョイント音は釣り合いが取れませんものね。

サウンドユニットとカードは国内ではKATOだけが持つ強みですが、これを自社製品のオプションパーツとしての売り方ではなく、ひとつの商品の「幹」として立たせられないだろうかという思いは持っています。
たとえばここのところ種々の色替えバリエーションが模型としても出てきているキハ261なんて、こっちがカード単独で出して来たら面白いかな、なんて。
私鉄車両も含めてどんどん種類を増やしていって、その中に時々「?」がつくカードが出されて、「実はこれは、ウチが出すんでしたーw」的に模型の方が後から発表になったりとか言うパターンを作ったりしたら、市場が少しザワつくかもしれませんね。

先日の記事と少し内容が被りますが、売る物だけではなく売り方によるアプローチがあっても面白いなと思った次第です。
何につけ、ユーザーはやはり、ドキドキしたいものなんですよ(笑


あ、私個人の模型ライフですが、本業がアホみたいに忙しくって放置のままです。
まつしまはインレタドレスアップ途中で放置、エメグリ常磐線なんてまだ箱の中。トホホ。
  1. 2023/11/30(木) 12:35:24 |
  2. URL |
  3. 海無し #-
  4. [ 編集 ]

細い線で紡ぐ縦糸と横糸

立石の221系、良い製品だと思いますよ。
お顔の印象把握が抜群に良い。221系には思い入れをお持ちかなと推測していましが、ご希望の時代設定とのズレがあったようですね。
(もちろん私だって、登場時やその時代に並走していた私鉄電車を立石の造形で見てみたい気持ちが強いのですが…笑)

お気に入りの形式であっても、時代設定が違うとか、製品の仕様(私はインレタに理解を示しています)に不満があるといった理由から、ユーザがお見送りをしてしまう状況こそが、「細い線」たる要因なのではないでしょうか。メーカー側としても、すべての趣味嗜好を拾いきれない事情があるようです。

私の場合には、実物の印象をよく捉えているとか、模型としてよくできていて、チャーミングであることのほうが大事なようでして、そのほうが模型に愛着が湧いて精神衛生上よろしい。肩の力を抜いて雰囲気を楽しみたい、自分でどうにかなる範囲の不満点には手を加えてみようという思いが強いようです。
  1. 2023/11/30(木) 23:31:05 |
  2. URL |
  3. 連接車 #bDO6Upxo
  4. [ 編集 ]

車両の精密化への期待はそろそろ…

ポールスター通勤者さん

サウンドボックス・カードの存在は、模型車両に向ける興味が増幅するというか、現実世界で車両に接したときの記憶を模型に注ぎ込むことができるというか、趣味を続けていく上でそんな捉え方になっています。レールクリーニングを怠れないとかいろいろと気を使う面もありますが、これもまた「走り」のリアルさを求めるキッカケにもなり、そんなことからレールの交換作業へ進んだ1年だったのかもと振り返ってみたり。
自分の中では、市販製品の模型車両の精密化(仕様、グレードという面で)は十分になされたのかなと総括していて、市場全体で何らかの「違うこだわり」も交えていく段階に入るべき頃合いか、という心境です。
私鉄特急のカード、あってもイイですよね。小田急NSE、西武レッドアロー、近鉄ビスタⅡなど。この辺は期待しても大丈夫、かな(^^)
  1. 2023/12/01(金) 23:33:11 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

DF200も過去の存在になる

空色の帽子さん


ポールスター通勤者さんへの返信でも触れましたとおり、市販模型車両の精密化を求めるフェーズ、時代はそろそろ終わりとしても良いのではという感触を持っており、空色の帽子さんが御覧になったような海外の愛好家のようなこだわりがもっと普通に、そして手軽に捉えられるようになると面白そうだなぁと考えています。「蒸気機関車からの煙」はこの趣味の黎明期からの宿題となっていて「音」「光」に次ぐテーマなのでしょうね。

北海道の鉄道も、近年はとにかく新幹線を札幌まで通じさせることが目標であり、このことによる歪みは「後で考えればイイ」と置き去りにされてきたようです。その「後で」が今でして、新幹線の建設を見ながら存続方法を検討しているのですから、我々が記憶している北海道の鉄道の風景は早晩、全て本当に記憶の中だけのものになるでしょう。「鉄道模型趣味」のウエイトが懐古主義的になるのも道理でして、それならそうと割り切って北海道の鉄道シーンを手元に再現しておきましょうということです。DF200のカードはそんな思いから早速差してみたのでした。
  1. 2023/12/01(金) 23:35:25 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

やばいカードがあるんです

つばめ787さん


いつもつばめ787さんから仰られるとハッとしてしまいます。ターンテーブルはサウンドボックス・カードとともに「買っておくべきアイテム」なんだよなぁと繰り返して気づいてしまう(笑) 最近は模型店を訪れても新製品車両ではなくてターンテーブルをジーっと眺めています。
もちろん「お金の使い方」は人それぞれ。例えばリレーラーを買ってもクリスマスプレゼントのように満足できているならそれでヨシなんですが、年月が経過しても大金と引き換えにして取り寄せたはずの「価値」はある程度残っていて欲しいもので、その点でターンテーブルのようなアイテムは、プチリニューアルが度々行われる車両模型と比べると「長持ち」しますよね。サウンドボックス・カードにも同じような価値の残存を感じています。

それにしても「寝台特急」のサウンドカード。知る人ぞ知るですがアレはヤバいですね。西落合が売り捌く危険ドラッグです。差したまま目を閉じてしまい、もはや模型が周回していることを忘れてしまう(オーバーですが)。こんなアイテムが模型店でいつでも普通に買えて、遊ぼうと思えば手軽に遊べてしまう時代。これはすごいことですよ。残された時間を計算しながら、どういうことをしておこうかと考えるようになってきた最近です。
  1. 2023/12/01(金) 23:37:19 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

音をきっかけにして地面へ

海無しさん

カトーとしては自社の車両製品をベースにしてカードを開発しているのでしょうが、仰るような幹としての思わせぶりな展開があってもおもしろいですよね。仮に「キハ20系」のカードが登場したら、カトーのあの黎明期の模型車両のお供としては今さら感満点なんですが、かといってスルーはできないでしょう。そうなると103系KOKUDENにも同じことが言えるでしょうか。
とはいえ、全ての車両をカバーできるまでにはまだまだですから、代用措置はやむをえません。例えば、振り子型気動車特急の音はJR四国2000系のカードを代用したりしています。「キーン」という音が含まれている点がカギでしょう。
こういうことを考えていると、だんだんレールや地面のことばかり考えるようになるんです。自宅にフレキシブルレールをストックしておきたくなりますよぉ(笑)
  1. 2023/12/01(金) 23:51:46 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

221系

連接車さん

コメントをありがとうございました。
誤解を与えてしまったのなら申し訳ないのですが、トミックスの221系は飛ぶような売れ行き、カートン買いも発生している様子から十分に「太い線」になっている良製品だと認識しており、お祭りに参加しなかった者としては羨ましく捉えている日々です。
当方が買わなかった理由はとにかくカトーのリニューアル車がパンパンに手元にあることです。これ以上の増備には慎重に選択していかざるを得ないという極めてパーソナルなことが原因です。もし、今回のトミックス製が今よりも5年前に、カトーのリニューアル車よりも前に登場していたのなら、飛びついて数編成を持ち帰って、逆にカトー製品は「もういいかな」と考えていたことでしょう。

賛否両論のある転落防止ホロ付きの(カトー製)リニューアル車ですが、仰るように「模型としてよくできていて、チャーミング」です。時代が限定される顔つきでありますが、とりあえずは当方にとって「JR西日本の221系」として十分機能しており、これ以上、様々な時代をあらわす各形態を手元に揃えていくことは極力控えてみようかなと考えた上での本稿でした。
もっとも、「トミックスがそのうち登場時仕様も製品化しそうだ」と(最近のやり方から)思えてしまう点が逆噴射をかけてしまう大きな原因でもあります。221系がデビューから30年も塗色を変えずに走り続けていることも原因ですかね。いつまで走るんでしょう、221系。
  1. 2023/12/02(土) 00:14:03 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

ストライク・・・バルキリーなんてあったなぁ・・・

こんばんは。
221系、毎日見ていた…になりつつあり。
KATO 製品デビュー時の車番、オール5 の編成もまだ健在だぁって思っていましたが。
本線からは撤退ですから、ゆるく使うつもりのようですよ。
延命工事はお得意ですし。
TOMIXの造形も見たいところでしたが。
クモハ220+クハ220 は、やってくれないですねぇ。

ほんとに欲しいの?
すぐ再販するよ…たぶん。

いまは、オーシャンアローをどうするか悩んでいますわ。
大阪駅ビルから、梅田貨物線を走行する姿は撮影しましたが…。
どうせなら、両端非貫通で。
  1. 2023/12/03(日) 02:18:16 |
  2. URL |
  3. Mu. #CnwbxUkc
  4. [ 編集 ]

さてどうしましょう、283系

Mu.さん

283系もいよいよ今月発売ということで、KATOの年末アイテムになりました。
こちらもどうしようか考え中で、要するに予約するには至りませんでした。
そちらと同じ感覚なのかなあと思うのですが、283系は「阪和線や紀勢本線の主役」というよりも「大阪環状線の脇役」なんですよね。環状線のにぎやかさを演出する車両として「あってもいいかな」というのが正直な気持ちでして、導入についてはもう少し考える予定です。もっとも蕨方面の模型に一度も手を出さなかった点で気持ちは軽いのですが(買いなおしということでもないので)。
  1. 2023/12/03(日) 21:46:55 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1833-46b5b539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)