しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

帰省と言う名の鉄分補給その1

こんばんは。北の扇形庫からです。

少し遅い夏休みで函館の実家に行ってきました。
盆暮れ正月も関係無く、年中無休の仕事ですから、今回やっと私の番が来ました。
「帰省」と言うのも「既成事実」?で、鉄分補給も抜かり無くしてきました。

1日目は8月24日。夕方の便なので、ちょっとのんびり午後からの出発です。
横浜線快速で横浜へ。京急羽田空港行きで羽田へ。

TS3B1065.jpg

ANA863便、ボーイング767-300で出発です。

TS3B1066.jpg

18:20頃ほぼ定刻で函館到着。夕暮れに函館山のシルエットが・・・。

TS3B1068.jpg

この日は出迎えの両親と空港から夕食に五稜郭の堀端にあるすし屋へ。
すしの写真は出てきませんので悪しからず。


2日目の25日は午前中は旧五稜郭操車場跡付近です。
DF200,キハ40から。

DSC03613.jpg

DSC03620.jpg


五稜郭機関区には早朝の貨物ラッシュが落ち着いた時間でしたので、多くのカマが休んでいました。

DSC03624.jpg

元の場所に戻り、DF200、キハ183、キハ281です。
今回DF200は100番台が多く見られました。

DSC03636.jpg

DSC03640.jpg

DSC03646.jpg


一度帰ってから、午後には午前中と同じ場所と五稜郭駅付近にも行ってみました。
789系スーパー白鳥、DF200、ED7950番台。

スーパー白鳥から

DSC03648.jpg

DF200は100番台が着々と増備され、今年度も5両増備予定です。

DSC03651.jpg


ED7950番台は現在7両。EH500の増備で影が薄い存在に・・・。

DSC03654.jpg


この日は期待していなかったED7950番台が見られた所で引き上げました。






スポンサーサイト



  1. 2009/08/30(日) 20:45:51|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<帰省と言う名の鉄分補給その2 | ホーム | 風力発電機>>

コメント

空の広い北海道の鉄道 やはり架線の無い世界は違います
その中で数少なくなった元祖ED79を明るい時間に撮影出来た事は
良かったですね。
 新幹線工事の話題もあり今後の動静が注目される函館本線ですが
いつまでもその素朴な姿を失わないでほしい物です
  1. 2009/08/30(日) 21:36:42 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

heat281

こんなロゴも昔となってしまいました。
スーパー北斗もデビューから15年。早いものです。新型気動車特急の建造も噂されていますし、北海道新幹線の動向も加味すれば、その計画もまた変わる可能性があります。
いずれにしても北の大地に乾杯です!
  1. 2009/08/31(月) 22:39:54 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #.rEgMis2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/227-02762d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)