しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

カトー 14系室内灯(明かりムラを無くすには)

 20090910005.jpg

 線路際の住民です、いよいよカトーも20系と並べても違和感の無いブルートレインが、
発売されました。
20090908003.jpg
 20090908002.jpg
 室内も三段寝台(中段)表現や梯子を取り付ける等力の入った仕上がりです。


 こうなると 是非とも室内灯を取り付けたくなりますが、ストレートに取り付けると
左側の車両の様に明かりにむらが生じてしまうので一工夫が必要です。
20090910001.jpg

 本当にひと工夫でした、導光板の光源側にアルミテープで遮光するだけですが、
色々と比較してみた結果 一つ目の切れ込みを少し被るくらいに遮光した結果が
一番良い結果でした。
 20090910002.jpg

 こうなると 室内カーテンを作ってみたくなりますね! 
スポンサーサイト



  1. 2009/09/10(木) 20:46:53|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<寝台特急あさかぜ | ホーム | 帰省という名の鉄分補給「動画編」その1>>

コメント

皇帝のいない8月

これは効果あり。私も試してみます。
14系佐世保編成は、紀伊にも使えそうですね。カトーの出来のいいDD51と組み合わせて再現するのも面白いかも、と考えています。

しかしまあ、14系の急行編成については
 座席車→カトー
 寝台車→トミックス
という組み合わせで遊んでいましたが、この関係が逆転するかもしれません。しかもこの数か月で。おもしろいですね。

ちなみに「皇帝のいない8月」とは昔の映画でして、自衛隊がさくら号を乗っ取ってクーデターをするという話。
撮影にはいろいろと秘話があるそうです。
  1. 2009/09/10(木) 22:23:46 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

カトー14系寝台

やはり夜行列車には明かりですかね。
カトーの室内灯のように片側から照らすタイプだと、どうしても光源に近い方が明るいのは仕方なかったのですが、良い方法を見つけたようですね。
  1. 2009/09/10(木) 23:22:02 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

20系との並び、かっちょえぇ~ですな。
室内灯は是非試したいと思います。ありがとうこざいます。
カーテンですが、某模型誌に作例があって、クレープ紙というのがいい感じでした。
窓の開け具合を変えたり…、すると人形も載せたくなりますね。
  1. 2009/09/11(金) 06:31:35 |
  2. URL |
  3. カレチ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/244-612175ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)