しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

金曜日の夜、特急あまぎで。

こんばんは、しなのさかいです。

先週は、台風18号にやられました。
月曜日から傘を持ち続け、火曜日からは雨がっぱを着込む。
ホント、さんざんな1週間でした。

R0011845.jpg

そして木曜日の朝は、そのクライマックス!
見事に抑止をくらいまして、新宿には約1時間の延着。
着いたら、ご覧のとおり、案内板が緊迫感でいっぱいでした。
とりあえず、相模大野までは行ってみようということなのですね。
運行に携わる方々はホントお疲れ様でした。


R0011844.jpg

新宿駅では珍しい光景です。
たまたまカメラを持っていたので、「恥ずかしいな」と思いながら撮ってしまいました。
おじさんが入ってしまいましたが、『新日本紀行』のエンディングみたいで、これもまたいい具合です。



さてさて、今夜は模型車両です。

年内かどうかは微妙ですが、ひさしぶりにカトーが、品番10-393・394「157系<あまぎ>」を再生産するそうです。
初回ロットがミレニアム2000年で、それ以来生産されることはなかったように思います。
未だに中古模型店でもよく見ますので、意外と不人気車種だったのでしょうか。
当時は製品化要望も強かったように聞いていましたが・・・。


当方は、伊東線・伊豆急行線の車両を守備範囲としていますので、2000年には9両編成を導入済みです。
リゾート系列車が走る路線に、このような無骨な特急が走っていたのかと思うと、それもまたいいもんですね。

で、この9両の他に、こんなASSYパーツを2つ買ったまま、放置していましたので、先ほど思い出したように取り付けてみました。

R0011850.jpg

品番10-456「157系お召し電車」のうち、クモハ157に使用された床下パーツです。
10-456もまだまだ中古模型店で見かけますので、ますます不人気なのでしょうか。なんだか157系がかわいそうになってきます。

で、このパーツを何に使うかということですが、当然ながらクモハ157の床下に使います。
いったい、どういうことなんでしょう?


R0011851.jpg

こちらが、換装前。


R0011852.jpg

こちらが、換装後。
おわかりいただけますでしょうか。
連結器周りのスカートの開口部が狭くなりました。
当然ながら、こちらが正しい形状となります。

今度はサイドビューで確認しましょう。

R0011858.jpg

こちらが、換装前。


R0011857.jpg

こちらが、換装後。
台車の位置が運転席方向へ移動しました。
やはり、これで正しいことになります。

どうしてこなるんでしょうか。
それは、<あまぎ版>クモハ157の運転席側のカプラーを、2両増結に対応させるよう、伸縮カプラーとしているためです。
このカプラーがややスペースをとるように設計されていましたので、スカートの口は大きく、台車は後ろへオフセットしなければならなかったのです。

そういうことならば、中間となる可能性が高い7号車のみとすればいいようなものですが、このクモハだけ台車の位置が違うのも変でしょうから、クモハすべてを共通設計としたのでしょう。
発売当時、157系ファンからは特にスカートの形状について不平・不満が出たように記憶しています。

<お召し電車版>で改良されたのは、そんな声を受けてのことなのでしょうか。
ただ、この改良があまり話題とならなかったことも事実だったように思います。


R0011861.jpg

でも、こうして見ると、なかなか精悍な顔です。
ヘッドライトは、ミレニアム期特有のオレンジ色LEDとされていましたので、電球色LEDに換装してあります。
背後にぼんやりとEF65Pを置いてみました。
萌えますねー。


R0011885.jpg

昭和50年頃の東京駅?
九州ブルトレが発車する時刻に157系<あまぎ>の発車があったかどうかはわかりませんが、当時の雰囲気をお好みで再現できるのは、鉄道模型の醍醐味ですね。

今日は金曜日。明日は土曜日で半ドンだけど、仕事はお休みします。
伊豆急下田まで、いってきます。


*   *   *


9月危機が去って、しばらく小休止です。
7月のキハ52大糸線あたりから、ラッシュが続きました。
それだけメーカーサイドも市場調査をうまくやっているということなのですね。
うけてたつユーザーも、いよいよ自分の守備範囲を絞り込まなくては、やられっぱなしになります。
買ってばかりではなく、こうしていろんなパーツを使ってカスタマイズすることが大切なんですが、どうもうまくいきません。
深く反省です。


R0011865.jpg

さあさあ、秋晴れとなった3連休です。
我が家では、これといったスケジュールはありませんので、のんびりと。
昨夜は、近所の温泉へ行きました。
いわゆる、スーパー銭湯系の温泉ですが、湯質がなめらかで、なかなかいいんですねー。

ではまた!






スポンサーサイト



  1. 2009/10/12(月) 00:38:25|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<いしがき | ホーム | さくら・はやぶさ>>

コメント

おはようございます。最近ブックマークしたものです。KATOの157系,私も床下を変えました。お召用ということで,厳密に言うと黒の艶などに違いがあると言うことですが,私にはあまりよくわかりませんので・・・。
ところで157系はGDIのメタルインレタは使っていないのですか? メーカー側は,「元の印刷を消して貼るように」指示していますが,上から貼っても全然問題なく,上手い具合に印刷が隠れます。
サボのシールも上手く貼られているようですし,ここはGDIのJNRにした方が見栄えがしますよ! 老婆心ながら・・・。
  1. 2009/10/12(月) 08:27:01 |
  2. URL |
  3. 最近ブックマークした者です #-
  4. [ 編集 ]

あまぎ

そのパーツ知りませんでした。
先頭部の台車がほぼ正しい位置になりますね。
再生産ものは対策済みになっていればいいですね。
お召しはAssy、あまぎは中古で揃えましたが、スナップ式台車など最新仕様なら、いっちゃおうか検討中です。
  1. 2009/10/12(月) 09:37:54 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

台風18号

先日は台風で大混乱の中、出勤お疲れ様でした。

157系あまぎの床下にはそんなからくりが有ったんですね。
ASSYがすんなりと手に入る時は良いのですが、それ目当ての人が殺到してASSYが瞬殺なんてケースは最悪ですね。
  1. 2009/10/12(月) 10:05:25 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

台風襲来下まさに痛勤でしょうか、お疲れ様です。
さてカトー製品の先頭台車位置では、485、583系についても同じ事がありました
その辺りはメーカーでも悩ましく思っているそうです
157系の台車の話題で 交通博物館閉館時まで展示されてました
あれが157系の成れの果てだとは…
  1. 2009/10/12(月) 10:20:08 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

最近ブックマークした者様
コメントありがとうございます。確かにGDIインレタを貼った方が良さそうですね。このクモハは平面ですからなおさら好都合です。
床下のツヤの違いは気付きませんでした。いつもの成形色のままのようです。

イケレク様、北の扇形庫から様、線路際の住民様
313系0、300、3000番台も台車の位置が話題となりましたね。この点でモデモ製にアドバンテージが発生したと思います。
ASSY争奪戦だけは避けたいですね。お召し電車も発売後だいぶ経ちますから、このパーツは無いかも。
ご希望の方は中古でお召し電車を買ってしまいましょう。
  1. 2009/10/12(月) 20:06:10 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/285-593155e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)