しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

第30回日本鉄道模型ショウ

こんばんは、しなのさかいです。

今日は、大田区産業プラザで開催されている「第30回日本鉄道模型ショウ」へ行ってきました。
ご一緒いただいた、北の扇形庫から様、線路際の住民様、ありがとうございました。

ところで、このショウですが、当方の守備範囲であるNゲージは影が薄く、どちらかと言いますと16番以上のスケールがメインです。
そんな16番以上のスケールについて当方からレポートするには大変荷が重過ぎますので、いつもどおりNゲージ中心のレポートとさせていただきます。


【リアルライン】

R0011957.jpg

まずは、現在のファインスケール蒸気の潮流をつくったリアルライン。
プレミアムシリーズの北海道型、D51241・追分機関区が年末の発売として案内されていました。
どうやら今では、プレミアムシリーズという名称は無いようです。
最初期のD51710・711のような価格路線は放棄したようで。

R0011962.jpg

こちらは、D5160・岩見沢第一機関区のキャブ付近です。
当然欲しいですが、どうしても2万円台、3万円弱という価格に躊躇してしまいます。
トミックスC57135の価格を考えると、少々・・・。
末端ユーザーは、高い価格設定を生産ロット数にまで結び付けて理解しようとはしませんから。
リアルライン社のN蒸気にかける情熱が素晴らしいだけに、今後の展開を気にかけてしまうところです。


【マイクロエース】

R0011971.jpg

キハ261系1000番台「スーパーとかち」の発車準備が整ったようです。
12月発売予定。“超かむい”との同時発売ですね。
阪急9300系も同時期発売予定ですから、カトーの年末展開も考えると悩みどころ。


R0011968.jpg

南海6100系です。当方、南海の電車には疎いので・・・。
ただ、和歌山電鉄の「いちご電車」「たま電車」「おもちゃ電車」がバリエーション展開で発売されると話は別です。
水戸岡デザイン、警戒しなくてはいけません。


R0011973.jpg

もうひとつ、貼っておきましょう。
小田急9000形です。
線路際の住民様は、腕を組んだままひたすらにジーッと眺められておりました。


【トラムウエイ】

R0011974.jpg

トラムウエイのブースでは、150分の1スケールのスターハウスが展示されておりました。
12月までには発売されるそうです。予価2100円。
バルコニーの手摺りが、最近発売されたA社製の団地モデルよりも細く成形されているようでした。
2色用意され、塗装済完成品。手摺りのみユーザー取付となるようです。
線路際の住民様のアイデアですが、Nレイアウトの山の上にポツンと置くといいかもしれません。


【DDF】

R0011975.jpg

「ガスホルダー」という名のガスタンクが発売されました。
点検通路の柵は取り付けられていませんから、N・HOの使途に合わせてユーザーが取り付けるのでしょうか。ちょっと、その辺は不明です。

ところでこのストラクチャー、どこかで見たことがあるような気がします。
足も8本だし、とても似ているんです。
うーん・・・。


【やえもんデザイン】

R0011978.jpg

久々に、N蒸気用パーツをつくる新しいメーカーが現れました。
しかも、昨今の潮流に乗ってか、ファインスケールの蒸気モデル用パーツか、ファインスケールとするためのコンバージョンキットを製造。
今後が楽しみです。
写真は、カトーC62東海道型を北海道型に改造するパーツセットの取付見本となっております。
90年代、こんなパーツたちを追っかけて、いろんな模型屋をハシゴしたことを思い出してしまいました。


【アクラス】

Nゲージしかレポートしない、と言っておきながら、最後は80分の1、16番です。
アクラスの183系1000番台は、既に店頭に並んでおりますが、ここでも大々的にアピールされていました。
昨年の同会場では「まもなく発売」なんて告知されていましたから、それから丸1年経過したこととなります。

R0011983.jpg

R0011985.jpg

いやー、クハ183の形状に酔っぱらってしまいまして(笑)
国鉄特急色の正確性もあってか、とても美しいですねー。
当方、16番のモデルは一切所有していませんが、このアイテムからなら始めてもいいかもと思ってしまいました。13ミリ化工事も楽そうですし。
コンデンサーの威力も抜群。先日、近所の量販店で確認しましたが、ほんの1分間レールの上に置いただけで、テーブル上に置きなおしても数分はライトが点灯し続けるんですから。
Nユーザーを16番へと誘う危険なモデル、そんなアクラス製183系1000番台でした。


*    *    *


とまあ、こんな感じで見てきた次第です。

R0011986.jpg

夏のイベントとは異なり、とてもハイエイジな客層ですので、それだけ落ち着いた雰囲気で、じっくりと眺めることができました。

それにしても、16番以上を手掛ける出展メーカーの情熱はすばらしいですね。
ひとつひとつのこだわりに圧倒された感じです。

ではまた。






スポンサーサイト



  1. 2009/10/24(土) 20:29:07|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<C57で遊んでみる(トミックスC57135) | ホーム | ソニック・リニューアル車、発進!>>

コメント

日本鉄道模型ショウ

しなのさかいさん、線路際の住民さん今日はお疲れ様でした。
早速レポをアップしていただき有難うございます。
これだけレポしていただければもう私の出る幕はありません。
毎年思いますが、このショウに行くと今年もあと2ヶ月余り。時の経つことの速さを感じます。
来月は駅前広場祭りやりましょう!
  1. 2009/10/24(土) 23:02:29 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

次の駅前広場祭りへ

北の扇形庫から様
本日はありがとうございました。
昨年に誘っていただいてから、私はこのショウのファンとなってしまいました(笑)
是非とも第2回駅前広場祭りを開催したいですね。
日程調整に関する調査・ご協力をお願いいたします!
とにかくのんびりと遊びましょーう!
  1. 2009/10/24(土) 23:24:26 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

なかなか話を聞く機会の無いパーツメーカーの人と話が出来る良い催し物でした
さて大手メーカーからSL製品化の期待が高まる中このメーカーの皆様にとても期待しています
  1. 2009/10/25(日) 11:29:28 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/299-514ff924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)