しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

腰痛のひどい時には手を動かそう!(カトー14系急行能登)

 線路際の住民です
 急行能登と云えば、現在の上越線長岡経由に変わるまで碓氷峠を通過する夜行列車でした。

 東北新幹線開業時に東北方面寝台特急の車種整理により余剰になった14系を利用して
「能登」「越前」「きたぐに」の体質改善が、計られました。

 さて上記のうちで荷物車を連結した「能登」を カトー14系で組んで見る事にしました。
 ここで一番厄介なのは、同じメーカー製品でありながらカプラーの違いにより連結できない
寝台車と座席車の間です。

 はじめは、マグネマティっクカプラーの取り付けをしましたが、EF62・63の協調時に自然解放してしまう恐れがあったので 作り直すことにしました。

 オハネフ連結面のカプラーも考えましたが、取り付け部分のボスに障害があり断念!
元から在る連結器を 眺めているうちに加工すれば良いかと思い ドリルを使ってみました
20091115001.jpg

 連結相手のカトーナックルと現物合わせで削ると 以外な程簡単に加工が終わり車体に組み込んで 連結してみるとガッチリと繋がっています。
 これで機関車の協調運転時も 自然解放や脱線の恐れも少なくなりました
20091115002.jpg


 連結面間も不自然に拡がる事も無く良い感じになりました、スハフに幌の取り付けを考えましたが
様子を見てからにしようかと思っています。
20091115003.jpg

 今回の加工は、連結器本体を加工することで部品の後付けや接着による強度の低下や
コスト負担を避ける事が出来た事は、他の編成を組む際の参考になりそうですが、
メーカー様には、出来れば相互に連結できるようなカプラー形状か取り付け可能にして欲しい物です

 でもこうやっているうちにメーカーからこの編成が、製品化されたりして!
スポンサーサイト



  1. 2009/11/17(火) 09:50:42|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<鉄コレで遊んでみる(東武鉄道5700系) | ホーム | 再び…>>

コメント

急行「妙高」

カトーさん、もう製品化は決まっているんでしょ?
と、いいたくなる投稿、ありがとうございました。
通常版マニ50の登場が、その日となりますね。
もうしばらく待つこととします。
  1. 2009/11/17(火) 21:45:55 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

能登

>一番厄介なのは、同じメーカー製品でありながらカプラーの違いにより連結できない寝台車と座席車の間です。
本来は同じカプラーなんですがね・・。
14系寝台が出た時点で座席車のカプラーをリニューアルするつもりなのか、寝台車にナックル対応の対策部品用意するのか考えてもらいたいですね。
  1. 2009/11/17(火) 23:39:57 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/318-85a0ef34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)