しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

チョット変わったブルーサンダー EH200-901

 線路際の住民です

 当ブログでブルーサンダーが、プチブームになっているようですね!
ヒサシ付きの貨物機と云えば、この機関車! カトーから製品化が発表され発売が、
とても待ち遠しく思う毎日です。
20100209003.jpg

 さて 本題のブルーサンダーEH200の試作901号機が、新製後 新鶴見を中心に
試運転を重ねて居た頃 撮影地の小倉橋で待っているとやってきましたEH200-901!
 お馴染みのブルーサンダーロゴは、未だ入る前の姿です。

20100209002.jpg


 他に屋根上を見ると ? パンタが雑誌に載っていたのと異なりPS22Bに付け替えられていました。
改めて近くで撮影する為間近で見ると あの小さなパンタが、思いっきり背伸びをしている格好で
チョットほほえましい光景でした。
20100209001.jpg

 もうかなり前の話なので 理由は忘れてしまいましたが、シンパとの比較試験だったと記憶しています

 パンタ搭載自体は、この撮影した直後正規に戻され もう過去の物になりました。
 さて カトーのEH200は、塗り分け線に特徴のある一号機限定になってしまいます
実車も増備され続け今では、中央東線の顔になっています
 そろそろ量産タイプを製品化してほしい物ですね
スポンサーサイト



  1. 2010/02/10(水) 14:00:01|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ユーロライナー牽引機 | ホーム | JNR EUROLINER in 1985>>

コメント

質問ですが・・・

画像のEF65F型は、520号機なのでしょうか?
  1. 2010/02/10(水) 17:10:17 |
  2. URL |
  3. 岩崎友裕 #-
  4. [ 編集 ]

PS22B付きのブルーサンダーは初めて見ました。
着線荷役方式のコンテナホームでは架線が高くしてあるのでこんな風にパンタが思い切り伸びきっていますよね。
それにしてもすごい伸び方です。
  1. 2010/02/10(水) 20:07:58 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

質問について

 画像のEF65F型は、EF65-526です。
 引退秒読みの頃 高島貨物線で撮影しました、
余談ですが、この時東高島でEF65-56との並びが実現しています。
 
 横川に保存されているEF65-520と外見で大きな違いは、連結器復心装置カバーの
点検窓が、小型の下側にです。
この取り付け工事は、主に所属機関区で施工された為と記憶しています。
 
 PS22Bの大きく背伸びをしている光景は、まるでブルサンが大きくあくびをしている様な
感じですね!
  1. 2010/02/10(水) 20:32:50 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

のーびのび

ブルーサンダー901にPS22ですか。
知りませんでした。
北の扇形庫からさんのおっしゃるとおり、伸びきったパンタがおもしろいですね。
526号機の写真、どこまでも続く線路、奥行きを感じます。
写真をうまく撮れない私が言うのもなんですが、ナイスです!
  1. 2010/02/11(木) 14:30:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/391-bfa5c1ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)