しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

貨車の連結器 

線路際の住民です

 貨物列車を組んで思う事に 見た目の悪さ(玩具っぽい)を感じます。
 貨車自体の造形は、最近かなり改善されているのに・・
 やはり 連結間隔の広さに問題があるようです。

 貨車自体種類も多く互換性を求められたり コスト面を考える場面も多いことから
アーノルトカプラーになってしまいます
 連結器をTNカプラーにする方法もありますが、
 今回は、新しいトミックス”ワラ1”を カトーナックルに交換して見ました。

 20100307002.jpg

 改造方法は、連結器根元の穴を 前後方向に拡大するだけで取り付けが出来ます
 
 TNカプラーと比較して見ました、左側がカトーナックル 右側にTNカプラーです
20100307003.jpg
 
 カトーナックルの方が、TNと比べて1mm程連結器間隔が短くなりました、見た目も狭い感じですね!
 妻面は、こんな感じです 何と無く貨車の表情で こんな顔チョット前の駅の端で良く見ました。
20100307001.jpg

 但し まだ充分な走行試験をしていないので安定性の確認をしていませんが、ねじれ方向への追従は
苦手なのかもしれません 今後の課題でしょう。

 他にマグネマティックカプラーを使う方法もありますが、コストの問題もありこれから考えどころです
 TNカプラーも柄の短いタイプがあれば 連結面がより良くなるかもしれませんね
スポンサーサイト



  1. 2010/03/07(日) 12:14:27|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<消える旅立ちの風景 | ホーム | 重連貨物列車>>

コメント

ワラ1に関しては、メーカー間で形態にそれほどの差異は無いようです。そうなると、こうしてカプラーを換装してメーカー違いで連結してもOKということですね。
Nゲージでは黒貨車も今が旬です。信じられない時代です。
  1. 2010/03/08(月) 20:49:17 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

Nゲージ貨車の品質の向上に目を見張る物が、ありますね
 こうなると これらの貨車を牽引する機関車の充実を期待したいものです
  1. 2010/03/08(月) 21:06:43 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

貨車の連結器

黒貨車の連結器はどうしても編成が固定で無い関係と更に互換性とコストの問題でアーノルトが多いです。

あとは編成の両端に連結するのを何両か決めておいて、片側だけカトカプかカトーナックル。
最後尾のヨ、ワフは両側カトカプ、カトーナックル、マグネマティックのどれかです。

黒貨車でもほぼ固定編成みたいに使うものは全車カトカプにしたのも有ります。
  1. 2010/03/10(水) 22:40:01 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/435-4a3d5108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)