しなのさかいの駅前広場

新モーター、入れてしまえば「新製品」。

国境の春

春と云えば満開の桜を思い浮かべますが、雪国の春の訪れも趣があります
題名の国境とは、群馬・新潟県境付近の事で川端康成著「雪国」の冒頭の情景描写から由来しています。
 撮影場所は、土樽ー越後中里間です、この川の水は、この近くで魚沼川と合流して
越後平野に至り「こしひかり」の水耕に欠かす事の出来ない存在になるます。
この様な写真は、後日レイアウト製作に於いても良い資料になりますね
ef5861nakasato.jpg
スポンサーサイト



  1. 2009/03/27(金) 21:52:01|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<C623登場! | ホーム | 桜満開>>

コメント

谷川岳のむこう側

橋脚はこの石積調がいいんですよ。
トミックスのレンガ橋脚を短縮して円柱状にする作例もありますね。
それと淡緑色の架線柱。これだけで上越線とわかるから不思議です。いずれにしてもデッキガーター橋はレイアウトの見せ場です。
  1. 2009/03/28(土) 10:30:55 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/44-77918353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)