しなのさかいの駅前広場

顔が平べったくてねー、

さよなら大糸線 キハ52

20100308005.jpg

 線路際の住民です 

 昨夜のテレビニュースで ダイヤ改正に伴う話題を取り上げ その話題に中心は、
寝台特急北陸 急行能登 でした
 
 しかし 一部のテレビ局では あわせて大糸線”キハ52”定期運行最終日を取り上げており
報道各社の同じニュースでも取り上げ方の違いに面白さを感じました。

20100308004.jpg

 このところ大糸線へ撮影に訪れる事が出来なかったのですが、山登りやスキーに没頭していた頃
同線に触れる機会が、ありました。
 その頃は、国鉄色ではなく大糸線カラーで まさか国鉄色になるなんて想像もしていませんでした
 
20100308003.jpg

 大糸線は、沿線の姫川に沿って路線が作られている為に 集中豪雨等の災害に見舞われるケースが多く
この画像を撮影した時も 集中豪雨による土砂災害に伴う長期間不通から開通後に訪れた物で
沿線の荒れ果てた河原や地形が変わってしまった事で廃道になった国道を 見た時の驚きは今でも
鮮明に記憶しております。

 20100308002.jpg
  山深い場所をはしる大糸線沿線は、撮影地も多く何時も撮影する人の絶えない路線でもあり
偶に臨時列車でキハ181系の運転があると 結構な数の撮影者の姿を見る事があります
20100308001.jpg
 
 撮影環境にも恵まれた同線のキハ52を国鉄色に戻したことで 再び時間をかけた撮影を出来なかったのは
残念なことだと思っております 
 やはり 思い立ったが吉日!とは良く言った物です

 トミックスから大糸線キハ52が、発売されており今度は 模型の世界でじっくりと国鉄色のキハ52を
味わってみたいと思っています 出来れば、情景と共にでしょうが こちらはまだまだ時間がかかりそうですね
スポンサーサイト
  1. 2010/03/13(土) 10:26:41|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<被られてブルーな日 | ホーム | 東海道線直通 (211系の表示)>>

コメント

大糸線

私もこちらの方が気になっていました。
南小谷で夜行アルプスから乗り継いで、大雪の中を心細く発車。
ゆっくり、ゆっくりと、姫川沿いの灰色の世界が目に飛び込んできました。
フォッサマグナの中をコトコト走るキハ52は魅力的な存在でした。
  1. 2010/03/13(土) 17:53:35 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

大糸線キハ52

キハ52単行ですとブルトレやボンネット489と比べてしまうとどうしても地味ですから仕方ないのかもしれません。
国鉄色のキハ52・・・。撮影してみたかったですね。
スキーに入れ込んでいた頃。白馬や白馬大池までは行ったんですが、その頃は「鉄」休業中でした。
  1. 2010/03/14(日) 00:28:46 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

全国ニュースになりましたね

キハ52の引退当日、21時のNHKニュースでトップに放送されました。ちょっとびっくりです。
近年のダイヤ改正は萎縮改正のように感じていますが、やはり時代の流れなんでしょうか。
大糸線、決して遠くない路線だったのですが、元気と体力のない隠密には遠く、ほとんど撮影することなくキハ52は引退になりました。
ま、思い出はNで保存しますることにしています(^^;。
  1. 2010/03/17(水) 06:31:31 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
大糸線のキハ52形のお写真を懐かしい思いで拝見致しました。急峻な地形を走るこの路線に、とても似合っていた車両でした。
姫川の普段の風景は、激しい流れではあってもとても爽やかで、北アルプスの山並みの美しさも輝くようです。
豪雨災害の後、新しい真っ白なコンクリートで固められた斜面や河原が痛々しい風景になっていましたが、今では少しは自然の風景に馴染んできたでしょうか。
またいつか、今度はJR西日本の軽快気動車に乗って、この路線を旅したいと思っています。
風旅記: https://kazetabiki.blog.fc2.com
  1. 2019/06/14(金) 16:43:57 |
  2. URL |
  3. 風旅記 #O7xVy9HA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/441-dce14a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)