しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

風林火山で鉄分補給2010(その4)

こんばんは、しなのさかいです。

「風林火山で鉄分補給2010」の最終回です。
長い時間お付き合いいただき、ホントにありがとうございます。
といっても「その3」までで十分に鉄分を補給できましたので、今回はその他山梨県内の観光情報を。


R0013309.jpg

最近は、観光地で「ナントカ体験」という看板を見るようになりました。
そういえば、バブル期には「テディベア」「トリックアート」等の美術館系施設が急増しましたね(笑)
ここ「スパティオ小淵沢」は、その体験系の総合デパートのようなところでして、レザー、押し花、ガラス皿絵付けなど、小淵沢とは縁もゆかりもないような体験メニューが多数用意されています。

その中でもびっくりしたのは、トンボ玉体験。
小学生が、縦に数十センチも伸びるガスバーナーの炎でガラス細工を作っていました(怖)
そのうち「溶鉱炉体験」なんてのも登場しますよ、きっと(大笑)


R0013304.jpg

うちの娘たちに「ガスバーナー」は想像もできないので、おとなしく「キャンドル作り」です。
紙コップにカラフルなブロックをつめ、最後にトロトロのろうを流し込んでいきます。
これがなかなか楽しい!
やはり小淵沢とキャンドルには何の関連性もないのですが、これは金を出す親だけの懸念。
小学校の図工のようで、娘たちは満足したようです。

さて、この季節はやはり「桜」。
ちょっと早かったようですが、近くに日本最古(かもしれない)という、推定樹齢2000年の桜の木を見に行きました。
北杜市・実相寺にある「山高神代桜」です。


R0013332.jpg

咲いていましたー。
最近は劣化が激しいらしく、こうして支柱に助けられています。
痛々しい様子ですが、木の幹に見える古木の風格は十分に伝わってきました。

ここでお昼。
韮崎中央公園に行くことは決めていましたので、韮崎方面での昼食となります。
そうなると、もう一度行きたくなる場所があります。


R0013339.jpg

「アルプス食堂」さんです。
日曜日の13時頃でしたが、満席でした。
注文するメニューは、もう決まっており…


R0013335.jpg

まずはやっぱり「アルプスラーメン」。
メニューどおりの名前で注文すると「はい、ラーメンですね」との回答。
こういうこと、ありますよねー(笑)
550円でした。


R0013336.jpg

そして「コロコロチャーシューミニ丼」。
これも以前にご紹介しました。
おいしいですよー。皆さんが食べたくなるまで、何度でも写真をアップします(笑)
350円でした。

その後、車の中で3人の乗客が爆睡。
そうなるとチャンス到来です。
以前から気になっていた「バスの店ビー・ユー」さんへ。
店内はバスのミニカーで溢れかえっていました。

旅の最後は、お約束の「赤松の湯ぷくぷく」です。
3月の訪問は、はじめてです。


R0013411.jpg

気温が低いせいか露天風呂も温めでしたが、眺めが最高なので文句を言うことはありません。
甲府盆地にポツリポツリと家の明かりが灯っていく光景は、何度見ても愛おしいです。


R0013417.jpg

男湯から1人で出てきて、休憩室で大収穫祭を開催しました!
出掛けがてらに買ったカトーのEF16。
そして、思いもかけず「バスの店ビー・ユー」さんで見つけた鉄道コレクション「富士急行1000系開業80周年記念塗装2両セット」。
ちゃぶ台にのせて記念撮影です。
旅先で見つけた模型って、なぜか嬉しいですよね。


*    *    *


こんな感じで、たった1泊の旅を終えました。
思いっきり趣味に走った旅をすることができない今の自分にとっては、まずまずの出来でした。
また90年代のように、全国各地を乗り鉄する日々がやってくることを信じて、もうしばらくは、こうした鉄分の混じったプチ旅行を楽しんでみようと思います。

R0013425.jpg

GRDⅢを「ぷくぷく」の外回りの柵の上に乗せ、カメラの下に車のキーを挟んでちょっとだけ下向きに角度を修正。
シャッターはセルフモード。
あとはカメラにおまかせ。
フィルム時代と比べれば、まあまあ満足できる夜景が撮影できるようになりました。

中央で灯りが集中しているところは山梨市駅でしょう。
この景色を再び見るのは、おそらく夏。
しばらくは「おあずけ」ですね。

ではでは。




スポンサーサイト



  1. 2010/04/01(木) 23:01:49|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<トレコレ第4弾運試し! | ホーム | 資料集め・・・>>

コメント

レポ有難うございました。
家族サービスと鉄分補給の相変わらずお見事なコラボです。
「アルプスラーメン」「コロコロチャーシューミニ丼」は山盛りの長ねぎが食欲をそそります。
  1. 2010/04/01(木) 23:41:31 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

バスの店・・・大変気になります。私も笛吹川フルーツ公園の
上にある「ほったらかしの湯」へは良く行きます。そこからの
眺めも最高で湯船につかりながら、昼間なら電車は見える、
夜なら夜景と上空を飛ぶ飛行機の飛行灯が見えたりと、とっ
ても良いですよ。一度行ってみてくださいませ。
  1. 2010/04/01(木) 23:57:43 |
  2. URL |
  3. 日本高速鉄道㈱ #E6kBkVdo
  4. [ 編集 ]

こんばんは平民です。
ラーメン見た目はオーソドックスに見えますが美味しそうに見えました!
しかも値段がリーズナブルで一度食してみたくなりました。

その後のビーユーが大変気になりました。
店名の由来も気になりますね!
もしかしてビーユー=BUいすゞ・・・??
今度是非行って見たい所ですね!
  1. 2010/04/02(金) 00:28:46 |
  2. URL |
  3. 平民 #-
  4. [ 編集 ]

 微妙に鉄分の臭いのする家族旅行でしょうか
実物のEF15を見た後にカトーEF16を購入してしまうとは・・ レイアウトに貨物列車を牽くEF16の姿を早く
拝みたいものです。

 
  1. 2010/04/02(金) 09:37:49 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

さすが観光地

信濃国も観光地がいろいろありますが、他国の観光地を見ると「うむうむ」とうなずいてしまいます。
甲斐国は清里や八ヶ岳、野辺山への玄関口として有名なためか、高原をイメージする観光資源が多いように感じます。
アルプスラーメン、これはネーミングの勝利ですね(^^)
たぶん普通系のラーメンのように思うのですが…(^^;
信濃国には「ぽっぽラーメン」というのがあり、蒸気機関車をイメージしますが、普通のラーメンだったりします(^^;
ちなみに300円♪お手頃ですY(^^)
  1. 2010/04/02(金) 09:48:49 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

北の扇形庫から様

そろそろコロコロチャーシュー丼、いかがでしょう?
確かにネギの味がさっぱり感を出しており、これが実にいいんですねー。
北の扇形庫から様が食べに行くまで、写真をアップし続けますよ~う(笑)


日本高速鉄道様、平民様

バスの店。お二人には気になる存在でしたね。
お花屋さんの店の奥にあり、その店の息子さんがやっているようでした。
以前より規模が小さくなったそうですが、バスコレの塗替品やミニカーなどが所狭しと・・・。
是非とも行ってみてください。


線路際の住民様

近いうちに韮崎編成を模型で再現してみます。
おまちくださいまし。


隠密様

信濃の国にもいろんな観光地がありますね。
私の好みとしては、妻籠、松本、安曇野、上田などなど。古い町並みに惹かれます。
甲斐の国もまだまだ観光資源が眠っているようで、いろいろと発見していきたいと思っています。

  1. 2010/04/02(金) 20:54:37 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

ラーメンと桜と夜景

こんばんは(^^ゞ
アルプス食堂はここでしたか。
公園行ったときにちょっと寄ってみようと思います。
ゆーぷるも近いですし(^O^)

この桜も知りませんでした。
樹齢二千年とは杉より凄スギ!
幹が折れてても、生き続けるとは、
末長く咲き続けてほしいですね。

う~ん、夜景キレイに撮れていますねぇ。
僕もまたトライします。。。
  1. 2010/04/02(金) 23:41:06 |
  2. URL |
  3. TENE #YG9ONXHE
  4. [ 編集 ]

ゆーぷる韮崎とアルプス食堂

TENE様

TENE様の領域を侵犯してしまったようですみません!
ゆーぷるとアルプス食堂。私としては、とても手作り感のあるプランでして、勝手に自己満足しています。
インターネットの普及により、「るるぶ」「まっぷる」だけの時代に比べて、はるかに自在に旅程を組めるようになりました。
こうした地元の味にどっぷり浸るのも、いい思い出づくりですね。
  1. 2010/04/03(土) 21:56:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/477-1d4377d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)