しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

リゾート21EXと黒船電車

こんばんは、しなのさかいです。

R0013613.jpg

4月28日(水)は予告どおり大変な1日となりました。
カトー、トミックス、マイクロエースの3社が発売日を重ねてしまい、しかも当方が買おうと決めていたアイテムがすべてこの日に発売となった訳です。
ここまで財政的負担が大きくなると、たとえ常軌を逸した買い方であっても、罪悪感が薄れていくから不思議です。
数か月前から取り組んだ倹約生活と不用車両の処分が無ければ、完全に財政破綻するところでした。


さて。
少々遅れてしまいましたが、その中の1つ、マイクロエース「伊豆急2100系・4次車『リゾート21EX』登場時8両セット」を見てみます。

R0013606.jpg

ご存知のように「リゾート21」は1980年代後半にカトーがR2編成を製品化しています。
今回はR4。1990年製の4次車で“EX”という名称が付されます。
JRが251系をデビューさせた頃、伊豆急は従来車のマイナーチェンジで増備した訳です。
外観の特徴を挙げれば、白と灰のツートンとなったスカートに、センターピラーのないフロントガラスといったところでしょう。


R0013608.jpg

屋上のクーラーキセです。
グリル部が銀色に塗装されていました。
妻面の幌も別パーツで表現。


R0013609.jpg

海側から見たシートです。
ボックス席のカラーだけが塗り分けられており、見ていて楽しくなります。
こうした細かい塗装はマイクロエースのお家芸です。


R0013612.jpg

当然ながら、ロイヤルボックスが連結されて製品化されました。
カトー製品でもロイヤルボックスの製品化が期待された時期がありましたが、結局そのまま。
この車両が無ければ、リゾート21は語れません。


R0013611.jpg

最近はカトーも取り組んでいるサボ印刷。
よーく見ると「踊り子」となっていました。
こうしてマクロ撮影しても、さらに拡大しないと何が書いてあるのかわからないくらいです。


ついでに、同時に発売された「黒船電車」仕様も見てみます。

R0013634.jpg

こちらは、通常塗装よりもさらに光沢が強い塗装となっています。
したがって、小さなゴミがボディに乗ると良く目立ちます。
むしろゴミが付着するような感じですので、取扱いに注意が必要かもしれません。


R0013628.jpg

黒船電車の大きなポイントは、この客ドア窓への丸窓印刷表現。
よくまあ、こうして印刷できるものです。


R0013630.jpg

そして、きわめつけが、運転席横に印刷された編成番号等。
ここまで小さい標記を、何も塗装していないガラスパーツに印刷するのですから頭が下がります。
マイクロエースの得意分野を「これでもか」と見せ付けられた気分ですが、それ以上に、設計担当者氏のこだわり又は愛着(執念?)が感じられました。
普通、こんな小さな文字は省略しますよね。

でも、こうした表現。
HG化が進んだトミックスでは未だに取り組んでいない領域なんです。
あらためて考えると、「これでいいのか」と思ってしまいます。


R0013617.jpg

フォグランプも点灯すると、まさしくリゾート21。
行先表示はシール対応です。

特に目立った塗装の不具合はありませんでした。
カトー製品は、どのロットでも赤と青がスケスケでしたが、今回の製品はそれも大丈夫です。

ひとつ気になった点。
床下を外して、ボディの裏側を見てみました。
すると不思議なことに、同社にしては珍しく、接着剤を使わないまま窓ガラスがはめ込まれていました。
たまにこういう製品(ロット)があるみたいです。
こうしたガラスが大きい車両では、接着剤のはみ出しによるガラスの白濁化は絶対にあってはならないことです。
この車両は海側と山側で窓の作りが全然違いますので、山側のピラーに接着剤がつけられると、それが海側から見えてしまいますから尚更です。

接着剤を使うなという現地工場への指示が行き届くようになったんでしょうか。
それとも、設計担当者氏のこだわりがそうさせたのか。
機会があればメーカーに聞いてみたいと思います。


R0013643.jpg

先行して発売された5次車「アルファ・リゾート21」と並べてみました。
ホントにいい時代です。完成品でこうして伊豆急行を再現できるのですから。

あとは、8000系。
こちらは、トミーテックに期待することとしましょう(笑)



*     *     *


ところで「トレーラーコレクション」。
第4弾については、重トレーラーが欲しいなと思っていたところ、もんちさんと線路際の住民さんに箱を選ぶコツを教えていただきました。
そうなると、実践あるのみです。

ヨドバシカメラ新宿西口本店の売り場で、もんちさんの指示通りの位置から箱をつまみ上げ、線路際の住民さんの言うとおり他の箱と重さを比べてみました。
おもしろいですね。明らかに重さが違うんです。


R0013641.jpg

たった1箱だけ買ったのに、家に帰ってから箱を空けた瞬間、重トレーラーのおしりが見えました。
嬉しかったですね。
後日「トレーラーの上に載せる建機を」と思い、これも1箱買ってみたら、またまた見事にパワーショベル。
もしかして、運を使い果たしてしまったでしょうか。

ではまた。



スポンサーサイト



  1. 2010/05/01(土) 14:18:58|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<マイクロエース小田急9000形のパンタ | ホーム | 小田急2010年度事業計画発表!>>

コメント

アルファリゾート21もモデルチェンジしたと言っても抵抗制御ですよね



界磁チョッパ制御の方がいいかと
  1. 2010/05/01(土) 15:51:44 |
  2. URL |
  3. じゃっしー #-
  4. [ 編集 ]

最近のマイクロも良い感じに仕上がるようになってきましたね。
KATOの2次車とはタイプも違うし、ロイヤルボックスが入っているので
一瞬惹かれましたが、こちらもそこまで余裕がないので見送りました。

8000系は、クロスポイントのキットを組んだものを持っています。
4両編成を2本繋いで8両編成で楽しんでいますが、こういう編成は、
テスト走行の時や試乗会、そして臨時運用の一部で組んだのみで、
通常運行では無かったようです。しかも現在は総て3両編成に
組み替えられ、そのような編成は二度とお目にかかれません。

他に、100系も持っていますが、さよなら運転時の10両編成の木箱です。
普段は短編成が基本の100系の長編成は結構壮観です。
  1. 2010/05/01(土) 17:57:43 |
  2. URL |
  3. 快特天使 #5GABL/rw
  4. [ 編集 ]

 しなのさかい様インプレありがとうございました
アルファーリゾートの出来から 次元の高い仕上がりを期待していました。
 製品は期待通りの仕上がりで連続窓と車体のずれも
認められず 良い製品ではないかと思います。
 しかし 発売時期が 新型成田エクスプレスと重なり
我が家の事業仕分けで 購入予定から外すことになって仕舞いました。
 重トレーラー無事に引当て お役に立てて何よりです
運を使い果たしたと云う事でしたら
 ここはひとつ京成開運号でも如何でしょうか?
幸運をお祈りいたします
 
  1. 2010/05/01(土) 18:30:10 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様?です。ここの処、連絡船後遺症で苦しんでいる
私には羨ましい限りです。でも、ここの処のNゲージは、メーカー
の不況対策からか、本当に良い出来の物ばかりですね!
  1. 2010/05/01(土) 20:53:30 |
  2. URL |
  3. 日本高速鉄道㈱ #E6kBkVdo
  4. [ 編集 ]

日本高速鉄道様
連絡船後遺症・・・笑えました!
 しかしそういう私は、EF15症候群で チョット重症かな?
  1. 2010/05/01(土) 21:34:44 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

伊豆急インプレありがとうございます。
しなのさかいさんの伊豆急コレクションも充実ですね。

それにしても今回の怒涛の新製品ラッシュ&人気車種発売時期の大バッティング・・・。
皆さん、資金繰り・車両増備計画にさぞかし悩んだことでしょう。

NEX人気でオホーツクの事はどっかに吹っ飛んでしまったようです。私はまだ試走もしてない・・・。
ちょっと他の事もやっているのでインプレ出来ませんわ。

5月15・16日黒船が立川から南武線経由で走りますね。前回は見られませんでしたので、今回は見てみたいです。
南武線沿線で良いポイント無いかな?
  1. 2010/05/02(日) 10:09:27 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

こんばんは、平民です。
伊豆急出来よいですね!
ロイヤルボックスが入っているので自分も欲しいのですが骸骨にすっかり吸い取られてしまいました・・・

>北の扇形庫から様へ
南武線なら個人的に多摩川の是政橋の所から真横なんて如何でしょうか?

自分も未撮影なので行きたいのですが今回行けるかな・・・
  1. 2010/05/03(月) 02:12:02 |
  2. URL |
  3. 平民 #-
  4. [ 編集 ]

精神的にしんどいマイクロエース

いろいろとマイクロエース製品の変遷を見てきました。一時は「もう安定的な仕上がりかな」と思った時期がありましたが、やはり結論を言えば、相変わらず完成度の振り幅が大きく、とても安心して買えません。

特に接着剤の使用状況だけは、実際に箱を開けて中身を見てみないとまったくわからず、こういう買い物は恐ろしさを感じます。
大手メーカーで接着剤を使うのはココだけですので、工場側への指示がもう少し徹底されればいいなと思います。

とは言っても、小田急5200形を除いて、当面同社製品を買う予定はありません。2、3年前に比べると激減ですが、これはこれでいいかなと思っています。
ネタだけでなく、完成度の高さも求める。こうした買い方へシフトしていく途上です。
  1. 2010/05/03(月) 09:58:24 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/527-1653491d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)