しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

グレインペイント・アクアシリーズ!

こんばんは、しなのさかいです。

今日は、仕事の帰りに総本山を参拝してきました。
「Z~」の共用パーツをたくさん仕入れてきましたが、これは!と思えるパーツに出会えなかったことも事実でして。
徒労に終わった感があります(笑)
ボディのバーゲン会場は、まだまだ終わる様子がありませんでした(爆)


本題です。
レイアウト工事の内容を更新しておきます。

前回ご紹介したままでした、モーリンの「リアル・ストーン」。
木工用ボンド水溶液での固着を試みましたが…。

R0013933.jpg

予想以上の強固な定着ぶりでした。
指で引っ掻いても、まったく動きません。
結果的には「スーパーフィックス」でなくてもスーパーフィックス?
心配して損しました。
ただし、石と石のすきまにメリハリが無くなってしまいましたので、ここはあとで塗装によりハイライトをつけます。

ここまで来たら、一気に水面の仕上げへ突入しなければなりません。


R0013946.jpg

水面の仕上げには、様々な素材が紹介されていますが、私はこれを選びました。
「グレインペイント・アクアシリーズ」です。
カラーは2つ。「グリーンディープ」と「クリア」を選びました。


R0014034.jpg

中身はこのように。
透明感はまったくありません。
こんな素材で本当にキラキラした水面を得られるんでしょうか。


R0013939.jpg

まずは、アクリルガッシュで川の色に塗った部分に「グリーンディープ」を塗っていきます。
ただし、筆を左右に動かすことはしません。
平筆でトントンと叩きながら塗っていきます。
アクリルガッシュの時とは反対に、今度は細かい塗りムラを作ることで、やさしい光の反射が得られるようになることを期待します。


R0013937.jpg

中州は絶えず水で濡れているようにしようと思い、接着した石の上にグリーンディープで塗りました(が、これは失敗でした。どうして失敗かは次回に)。
先に固着したリアルストーンには、ほどよいグレーに調色したアクリルガッシュを塗って、より川原らしく仕上げました。


R0013944.jpg

橋脚には、グレインペイントが付かないように、丁寧にマスキング。
とはいっても、万が一筆が接触しても、すぐに濡れ雑巾で拭けばきれいに落ちます。
ここがアクリル絵の具の良いところです(放置すると落ちなくなりますのでご注意)。


こんな作業をしながら、おととしのJAMでターナー色彩さんのブースに寄り、当時は試作段階だったこのアクアシリーズを見せてもらったことを思い出しました。
まだまだグレインペイントが発売間もない頃でしたので、もう次のステップを考えているのかとビックリしたことです。
こうして水面専用の塗料が発売される時代が来るとは。すばらしいですね。


はじめて使う素材ですから、ドキドキです。
乾燥したらどんな具合になるんでしょうね。
なんだか、電子レンジの中をのぞいている心境です。

ではでは。



スポンサーサイト



  1. 2010/06/02(水) 23:08:27|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<アクアシリーズ、その後。 | ホーム | トロピカルな海>>

コメント

わ~スゴーイ! 水流の感じがよく出ています
良~く見たら川に揉まれている流木があるかも・・
見入ってしまいました。
  しかし凄い塗料ですね!
 材料・素材の進化に製作意欲もそそられると思います
 さて我が機関区・駅モジュールは中断状態ですが、
そろそろ再開しようかな・・・
  1. 2010/06/02(水) 23:23:52 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

やはりこの「グレインペイント・アクアシリーズ」が現時点では最も手軽に水面を表現できる塗料でしょうか。
良い出来上がりが期待できますね。
  1. 2010/06/02(水) 23:59:06 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

私もこれを使おうかと買ってあります。
あと水しぶき様にモーリンの白い砂…

果たして海は出来るのか?

しなのさかい様の出来上がりが楽しみです!
  1. 2010/06/03(木) 06:50:16 |
  2. URL |
  3. もんち #8VFDsj1w
  4. [ 編集 ]

 水泡が飛び散りそうな感じになって来ました。
 こうなると橋脚を洗う様子も見たくなりますね!
 そこで橋脚の基礎部分の形を川の流れに沿った形(舟形)等
如何でしょうか?
 ここまで作った後で手を加えるのも大変でしょうが
橋脚付近の水流を再現した時 抜群の効果を得られると思います
 何だかそんな事を言っているうちに作りたくなってきました・・
 どうしようかな~
  1. 2010/06/03(木) 09:30:51 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

水しぶきと流木ですね。

流木はノッホの製品を使うか…。さすがに外で拾ってきたものは使うのが怖くて。電子レンジでチンしちゃえばいいんですが。
水しぶきは考えてみます。あんまりやりすぎるのも良くないので、ホドホドがいいですね。アクアシリーズのホワイトを使うか、ジェルメディウムにするか。
ちょっと悩んでみます。
  1. 2010/06/03(木) 21:08:42 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

流木…
私はカトーの樹木キットの余りを使おうかと思っております。

ただ、そのままでは使えないので考えてしまいます。

流木は樹木キットよりももっと白っぽい色?ですが、一番小さい樹木キットならサイズ的には良いかと思います。
  1. 2010/06/03(木) 23:15:44 |
  2. URL |
  3. もんち #8VFDsj1w
  4. [ 編集 ]

なるほど~。。。今まで木工用ボンドを薄塗りで使ってましたが(コスト安のためです)やはり専用の物はいいですね!!!水たまりや田んぼの畦横に流れる用水路とかも作ってみたくなります。水が流れてるように見えますよ
  1. 2010/06/05(土) 08:06:52 |
  2. URL |
  3. 612M #-
  4. [ 編集 ]

興味つんつん

こ、これがウワサのグレインペイントなんですね。
これはすごい表現力ですね。
とても参考ににる記事をありがとうございます。
そして仕上がりがどうなるか、次の記事を楽しみにしております(^^)
  1. 2010/06/05(土) 19:30:08 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

アクアな週末

もんち様

流木については、ファインリーフ・フォーリッジの幹も良いかなと考えています。
あとは、近くの麻溝公園でやっているクラフト教室で、乾燥した素材をくすねてこようかと(笑)

612M様

ほんと、ターナー色彩はすごいです。
水田の水路なんか、「マッディ」でやれば最高かもしれません。

隠密さん

感想をありがとうございます。
さて、乾燥した状態、その後の状況をアップしました。
続いてご覧くださいまし~
隠密さんのレイアウトも拝見しておりますが、勝手な感想でもし訳ありませんが、お互いに方向性が合っているのでは??と思っています。
やっぱり、田舎のレイアウトはいいですね。
心が癒されます。
  1. 2010/06/05(土) 21:22:54 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

遅ばせながら...

しなのさかいさん,こんばんは.

中学生以来,約25年間封印していた鉄道模型を1年前に再開し,
生まれてはじめて,レイアウトを作製している超初心者です.
TOMIXのレイアウトベースキットを使って,七転八倒しながら
なんとかそれなりに頑張っています.

いろいろな製作記録をネット検索しているうちに,しなのさかいさんのサイトにヒットしました.
1年前にアップされた内容のようですが,
グレインペイントアクアの川の造成がすごくきれいで,
あまりのすごさに,何度も見入ってしまいました.レイアウト作製の参考になります.

一つ教えていただきたいのですが,
ペイントの「グリーンディープ」と「クリア」を選んでいますが,なぜこの2つなのでしょうか?
ど素人な私は,いろいろなお店を渡り歩いて,ようやくペイントアクアの存在を知ったのですが,
あまりの種類の多さにびっくりして,選択に難渋しております.
何かいいヒントを伝授していただけると幸いです.

ジェルメディウムとペイントアクアホワイトの違いはたいへんよくわかりました.
やっぱりグレインペイントはすごいんですね.

震災数ヶ月後の,このようなレイアウト作製は不謹慎と思われるかもしれませんが,
鉄道を思う故.ご容赦いただきたいです...
  1. 2011/07/25(月) 00:17:46 |
  2. URL |
  3. さぶりな工房 #e6H08sX6
  4. [ 編集 ]

グリーンとクリア

さぶりな工房さん

レイアウトの記事にコメントをいただけるとホントにうれしいです。
1年でも2年でも前の記事で構いません。
こちらもコミュニケーションをさせていただきながら、頭の中を整理できますので。

さて、グレインペイントアクアのグリーンとクリアについてです。
水面の製作にあたり、一番悩んだのが、水面の色です。
でも、本物の景色を観察すると、水面の色って実に様々。
当方が「海」と「川」のどちらにするか迷っていたのも原因ですが、最終的に川にすることとしてからも悩みました。
で、結局、グリーン系の川底にトライすることとしました。
ただ、グレインペイントをいきなり使用することはやめ、まずはアクリルガッシュ(つまりアクリル絵の具)で徹底的に色の調整を行います。
納得できた川の絵と着色が済んだら、その色を生かしつつ、川面の小さな波を表現するためにグレンペイントアクアのグリーンを叩き塗りします。
また、河原の石のうち、川に接したところを水で濡れた感じにしたかったので、クリアを使用しました。
ここにグリーンを塗ると、川の水の色がバスクリンみたいになるので、濡れた程度にしたいのならクリアが無難です。

Nゲージは地面と共存するスケールですから、再開して間もなくてもレイアウト製作の欲求を持つことは自然な流れだと思います。

最近もレイアウト工事をしていますので、近況報告ができると思います。
その際にもぜひお越しください。
  1. 2011/07/25(月) 22:22:39 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます!!

こんにちは.
コメントを頂きありがとうございます.
とても参考になります.
また,いろいろ教えてください.
  1. 2011/07/27(水) 07:14:35 |
  2. URL |
  3. さぶりな工房 #e6H08sX6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/581-c3e20476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)