しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

アクアシリーズ、その後。

こんばんは、しなのさかいです。

山岳モジュールの続きです。
川の水面にグレインペイントを塗った後を見てみましょう。


R0013949.jpg

半日程度で乾燥したようです。
良い具合ですねー。
薄く筆を叩いて塗ったので、予想通り細かい光の反射が得られました。

「グリーンディープ」が乾燥したら、今度は石の際や小石の上に「クリア」を塗ります。
水に濡れた石を表現するためです。
白い絵の具がそれでして、まだ塗った直後です。誤解のないように~。
やはり叩きつけるように、そして控えめに。


R0013950.jpg

ところでこの「クリア」こそ、石の上に塗るべきものでした。
前回、中洲の上に「グリーンディープ」を塗って、半分水没した雰囲気にしようとしたところ、意外と色調が強く、まるで入浴剤をかけ流したようになってしまいました。
つまり大失敗。
カラー付は、あくまでも水面だけ、しかも石の手前までギリギリとして控えめに塗り、そこから石にかけて「クリア」を塗る方が良いようです。


R0013966.jpg

ですので、中洲には再度リアルストーンを撒き、きちっとした中州に仕立て直しました。

中州の上流付近に見える濁りが「クリア」を厚めに塗ったところ。
これで乾燥した状態です。
ちょっと控えめの水しぶき。
これで良しとするかどうか、もう少し悩んでみます。


R0013975.jpg

上流側。大型の石の周りにも「クリア」を塗って小さな波(濁り)を再現してみました。
が、効果はいまひとつです。
もう少し、水しぶきを強調してみてもいいかもです。


R0013976.jpg

対岸の石には、アクリルガッシュを筆で叩きつけて色調を整えました。
リアルストーンには、透き通ったような石が混ざっているので、こうして色を整える必要があります。
バーベキューの団体等、いろいろと想像できますね。
橋脚の下の水流も、もう少し荒々しくていいかもしれません。


R0013969.jpg

とりあえず、バックホウを置いてみました。
何か工事をしているんですかね。


R0013971.jpg

でも、バックホウにパトカーという組み合わせは、ナンだか緊迫感が漂ってくるから不思議です。
日本人は、こうした光景に敏感に反応するのかもしれません。
テレビの見すぎですね。
鑑識のワゴンも到着しました。
いったい、なに???


*     *     *


だんだん、楽しくなってきました。
素直に新素材・グレインペイントを選んだのは正解だったようです。
何よりも、乾燥時間が短く、また乾燥してもその上にホコリが付けば拭き取れるということが利点。

R0014003.jpg

以前、リアリスティック・ウォーターを使ったことがありますが、いつまで経っても粘性が残り、上に載った物体を吸収しようとする、変わった素材でして。
メンテナンスには苦労しました。
このアクアシリーズなら、水深をリアルに確保する必要がありませんし、また、ひび割れるような心配もなさそうです。

R0014004.jpg

革命的な素材(絵の具?)です。
みなさんも、これでもう、水のレイアウトは怖くないですね。
このあとは、水しぶきの表現について考えてみます。

ではでは。




スポンサーサイト



  1. 2010/06/05(土) 20:58:27|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<さよなら | ホーム | グレインペイント・アクアシリーズ!>>

コメント

水の表現面白いですね。
中洲の横の浅瀬と白波いい感じです。
が最後まで残ったのは、物証を探すためだったのでしょうか。
機捜車も物々しく…。
一部分だけでも、大変楽しいレイアウト、ギザうらやましすぅ~
  1. 2010/06/05(土) 21:53:55 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

 イヤッ 見事です! 水面の感じが良く出ています。
 河原に集結したのは、捜査車両でしょうか?
 私は、どちらかと云うとその上を何気なく通過してゆく
赤ベコに目が行ってしまいました。
 何だかストーリを作りながら製作する姿が、目に浮かびます
多分すご~い至福の時なのでしょう。
  1. 2010/06/05(土) 22:41:30 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます!
グリーンディープの色の具合が川の色によーくマッチしていますよ。
水面の波や凹凸の感じもリアルでお見事です!
川原の石も落ち着いた色調になって良いですね。
水しぶきの加減がどのように表現されるか楽しみです。
  1. 2010/06/06(日) 10:39:49 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

新しい素材ということで、ちょっと緊張しましたが、乾燥も速く、とても使いやすかったです。

盛岡色のキハ58、こんなのも持っているんですよお~。
  1. 2010/06/06(日) 22:11:40 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

今までの水面素材の中では最高の表現力ではないでしょうか?とはいえ、しなのさかい様の観察力と技術力があっての出来ですよね。私にとってそれ以上にレイアウトメンテナンスが楽になるという事が最高の収穫かもしれません。レポートありがとうございました
  1. 2010/06/07(月) 08:55:52 |
  2. URL |
  3. 612M #-
  4. [ 編集 ]

う~ん
なかなかリアルになりますね!
早くやってみたいです!



河原にユンボとパトカー!
産廃の不法投棄か?
でも鑑識いるし…
誰か溺れたか?

人形を配置すると色々なストーリーになりますよね!

楽しみです!
  1. 2010/06/07(月) 09:21:06 |
  2. URL |
  3. もんち #8VFDsj1w
  4. [ 編集 ]

いや~、水面の感じが中々リアルですね!処で、河原にユンボとパトカー、
殺人&遺棄事件ですか?サスペンスドラマみない?
  1. 2010/06/08(火) 14:09:22 |
  2. URL |
  3. 日本高速鉄道㈱ #E6kBkVdo
  4. [ 編集 ]

これはすごい

ケータイでは数日前から閲覧していたんですが、やっとパソコンで見ることができました。
いゃ~、すばらしい仕上がりですね。
これが塗料というのですからビックリコックリです。
充分に水深も感じますし、水の色もステキです。
なによりも使い方が上手いですね。
隠密も使ってみたくなりました。
でも果たして使いこなせるかどうか…(;^_^A

中州の重機とパトカー、鑑識…
何やら事件の香りが…(;^_^A
それとも「太○にほえろ」のロケとか…(;^_^A

車両や人物を配置すると情景のイメージが変わりますよね(^^)
  1. 2010/06/09(水) 23:59:13 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/582-f46aaf53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)