しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

KATO20系テールライトの改造

最近発売された「さよなら20系号セット」のライトユニットから
20系もいよいよ白色LED化されました。
 そこで従来品のライトユニットを白色LED化して見ました
090412_2115~0001
先日トミックス客車のLED化しましたが、KATOの基盤自体がシンプルな構造になっている為に
電球とダイオードをLED・抵抗に差し替える感覚で改造が、出来ました。
白色LEDに交換後点灯して見ると、バックサインが映えてよえい実感味を増した20系になりました
090412_2114~0001
スポンサーサイト



  1. 2009/04/13(月) 22:31:11|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<トンネルと国道20号 | ホーム | 秋葉原の新しいお店>>

コメント

LED工事

とうとう20系にもLEDですか。
確かに白いバックサインだからこそ、白色LED化すべきかもしれません。当方もやろうかな。
  1. 2009/04/13(月) 23:29:22 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

いいですね。
大いに参考になりました。
まだ、LEDの室内灯パーツが出ていないとき、ホビセンに改造依頼した2編成があります。
抵抗をかましているタイプでちらつきが目立ちます。
ダイオードに替えるとなくなるとのようですが、未対策です。ちらつき対策は何かされていますか。
  1. 2009/04/14(火) 07:56:17 |
  2. URL |
  3. カレチ #-
  4. [ 編集 ]

チップ式ダイオードを使用したほうが、スペース的メリットを得られます
しかし、今回原始的に抵抗を選択した理由は二つありました
① パーツが大きいので改造工事がやり易い、数で勝負な作業な為作業意欲を維持する事を優先しました(最近目が遠くなったのか細かい作業がきつくて・・・)
②急激な位相の変動が発生した場合にダイオードが付いていけず、瞬間的に過電圧が
LEDにかかる恐れがある(関連するかどうか分かりませんが、一時期のマイクロ製品の注意書きにコントローラーの急激な方向切り替えについて注意を促す項目がありました)
ちらつきについては、線路・車輪の整備にて対応しており問題はないようです
いわゆるちらつき改善と云うことであれば、以前DCCサウンド化の時にコンデンサーを付加する方法もありますが、安全上[短絡事故等)即時電流カットが出来ない恐れがある為
今後の課題としております
  1. 2009/04/14(火) 09:12:09 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

詳しくご教示いただきありがとうございました。
私も目の老朽化に伴い、パーツ交換にも、精密作業用拡大装置(ビーズ等手芸向きの巨大な虫眼鏡ですが)が手放せません。
HOで再販予定の20系もバックサインがLEDになります。
ストライクゾーンを攻められて財布を空けてしまいそうです。
  1. 2009/04/14(火) 10:09:49 |
  2. URL |
  3. カレチ #-
  4. [ 編集 ]

バックサイン白LED化

またまた刺激的なネタを有難うございます。
ここまで詳しいレシピを公開されるとやらない訳にはいかないような気になってきますよ!

私もここ数年で急に近い所の焦点が・・・。スマイル40愛用の今日この頃です。
何だか中年おやじ同士の井戸端会議みたいですな。
  1. 2009/04/14(火) 12:30:13 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/69-ed457633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)