しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

Nゲージ・スローライフ宣言?

こんばんは、しなのさかいです。


ハロウィン、だそうです。

R0015189.jpg

ちょっと怖いです。



さて。
国鉄貨車に対する興味は、まだまだ続いています。

R0015172.jpg

最近は、模型店に入っても、まずは貨車の在庫をチェックすることが多くなりました。
こんなこと、30年ぶりかなと思えるほど、今までの自分にとって信じられない行動です。



先日は、中古店で「たから号」のバラ売りが行われていましたので、1両買ってみました。

R0015177.jpg

チキのままで車扱いがされていたかどうかは疑わしいらしいのですが、カトーでも貨車セットにチキを入れていますので、深く考えないこととします。



R0015179.jpg

黒貨車だらけの編成にこういう色が入ると、注意深く見つめるようになります。



だいぶ前に使わなくなって、ジャンク品のような扱いをしていた貨車もあります。

R0015182.jpg

その中にはホキ2200がありました。
クリーム色もかなり退色しています。



R0015184.jpg

しかし、最新ロット2両で挟み込むと、この退色したクリーム色が、かえって生きてきます。
編成全体がリアルになりました。
ウェザリングをしたみたいです。



今年に入ってから、カトーは魅力的な貨物用電気機関車を続けてリリースしました。
こうした方向性が、くすぶっていた貨車市場を牽引しているようにも見えます。
トミックスの不可解な二軸貨車シリーズも、さらに刺激となっているかもしれません。

Nゲージ市場では、空前のコンテナブーム。
国鉄貨車も、こうした機関車の充実により、新しいブームとなる予感です。




*     *     *




いろいろと振り返ってみると、2000年代は、新興メーカーの躍進により、選んで買うことが出来なくなっていました。
1990年代の「飢餓感覚」を引きずっていたからだと思います。
そういえば、カトーのスハ43系(もちろん旧室内灯仕様)なんて、どれだけ待っても再生産されませんでした…。
1990年代は、そんな記憶を持っています。


R0015197.jpg
 (写真はイメージです)

「すぐに売り切れてしまうのでは」という危機感が襲ってくると、もうダメ。
仕上がりの良くないセットでも、すでにネタでヤられていますから、当然のようにポンポン買ってしまいました。


しかし最近は、古参メーカーが、まるでオセロをひっくり返すような勢いで魅力的な製品をリリースし続けています。
しかも、仕上がりがとても良好!

もう「選んで買うことができる時代」なのかもしれません。
出来の悪い製品には、キッパリとNOと言いたい。
そんな心境です。



R0015188.jpg

こうして貨車を1両単位で集めていくと、なんだかホッとします。
そして、デコボコの編成を、機械然としたEF15に牽かせてみると、自分の方向性をあらためて探したくなる、そんな気分になります。

ガツガツ買わなくても、またいつか買えるさ…。
2010年代は、そんなスローな気分でNゲージをやっていこうかと思うこのごろです。


ではまた。






スポンサーサイト



  1. 2010/10/23(土) 21:13:50|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<MD-1500予備機増備 | ホーム | 全日本模型ホビーショー その2(カトー トミックス・トミーテック編)>>

コメント

コメント

>こんばんは、平民です。
貨車などは単価も安く昔の様に色々な物を繋げても絵になるので、ついつい買ってしまうのではないかと思います。

最近自分は車輌自体買わなくなってしまいましたが、その分トミーテックに御布施する次第となり、あまり変わらずと・・・

個人的に7枚目のイメージ画像にリアリティを感じてしまいました~!

  1. 2010/10/23(土) 21:34:46 |
  2. URL |
  3. 平民 #-
  4. [ 編集 ]

スローライフ・・・。良い響きです。
最近は仕事に追われ、少し前までは鉄道模型買うのにも追われて落ち着かなかったこと。
模型の方は最近は「瞬殺」と言う言葉も余り聞かなくなって来ました。
不景気のせいも有るのかもしれませんが、私も新製品を毎月のようにガツガツと買うことが無くなってきました。
月刊蟻地獄も流石にネタ切れ気味になって毎月手を出す事が無くなったのも理由のひとつですね。
本当に欲しい物をゆっくり考えて選んで買うという本来の姿に近づいて来たのかもしれません。
  1. 2010/10/24(日) 00:04:50 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

ワンコインの魅力

平民さん

カトーの貨車ですと525円、割り引かれて420円です。
こんな値段の箱をひとつ持ち帰るよろこびは、20,000円の車両セットを持ち帰るよろこびとあまり変わらないことに、最近気づきました。
トミーテックシリーズも、基本的には単価が安いですし、何よりも工作できるフィールドであることがうけているのではないでしょうか。
なにもしないで山積みにしてしまう車両セットを買うよりは、とてもよいと思いますよ。
  1. 2010/10/24(日) 09:16:06 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

月刊ワラビー廃刊?

北の扇形庫からさん

昨日は月刊ワラビーの発売直後でした。が…
昼にいつもの量販店にパトロールに出かけましたが、1時間半ウロウロしても、使ったお金はゼロ!
何も買いませんでした。
自宅の在庫や部品やらの方が気になったからかな?
再び社会情勢が嫌なムードになってきました。
先週は、またひとり、職場の仲間が倒れました。
そんな時だからこそ、本質的に鉄道模型趣味を楽しみたい、そーしないと、今度は自分がそんな社会の険悪な雰囲気に流されてしまいそうです。
今回のタイトルは、そんな思いを込めさせていただきました。
  1. 2010/10/24(日) 09:27:29 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

我が家の所有車両が、急増した頃から反比例するように 動かして楽しむ事が減った様に思います
何だか新製品購入が、半ば義務化した様な心理に恐ろしさを感じます
昨年来の景気の低迷も手伝い もう慌てて買わなくても充分に購入出来る環境に戻り
ゆっくりと自分の志向にあった買い物に
充実感を憶えます
しかし 趣味誌の記事を読んだ時に なぜか
かつて味わったワクワク感を持つ事が出来ません
なんだか記事を埋める事に悲鳴が、聞こえるのは私だけでしょうか?
スローライフ!素晴らしい言葉です
このブログを読んで頂く皆さんが、いつまでも鉄道趣味を楽しんでもらいたい物です
  1. 2010/10/24(日) 13:41:34 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民さん

「買わされている…」
そう感じ始めたのはいつ頃でしたでしょうか。
その時にはもう、買うだけで満足、という感じでした。
しかし、とうとう満足もしなくなったというのが、今の気持ちでしょうか。異常ですもん、車両ケースの山を作る日々は。
鉄道模型雑誌も、ちゃんと遊べているモデラーと出会うことが、昔に比べて劇的に少なくなったのかもしれませんね。
やはり「プレイモデルの時代」がなんだか懐かしくなります。


  1. 2010/10/24(日) 20:13:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

隠密です。
スローライフ、とても共感しながら記事を読んでいました。
隠密はN歴が2年ですので、まだ初心者の部類。
しかし、HO時代を加算すると35年以上…(;^_^A
HOに比べると劇的に何でも入手できるN。
嵐のような新製品ラッシュというメーカーの策略に乗せられてしまっていますが、「買う」という行為に走りすぎている自分に気づき始めました。
隠密は走行よりも「撮影」を楽しむ派です。
撮影にはフル編成なんて必用ないんですが、HO時代からの習性でついついフル編成で揃えてしまいます。
欲張らず、机の上で短い貨物列車を楽しむのもイイかも知れませんね。
買い急がず、新製品はよく考えて手を出さないと…(;^_^A
  1. 2010/10/24(日) 22:18:39 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

スローライフに賛成です!
身の丈に合った模型ライフ。
手持ちの山積み車両に少しずつでも手を加えて、自分なりのアレンジをするのもまた模型の醍醐味。

最近は室内灯を組み込んだり、未取り付けのパーツ付けたり、ナックルカプラーと格闘したり…
ちょっとした事でも自分のペースで続けるのが大事!

だって趣味なんですから…
  1. 2010/10/25(月) 18:10:48 |
  2. URL |
  3. もんち #8VFDsj1w
  4. [ 編集 ]

隠密さん

コメントをありがとうございます。
たぶん、どんな方にも好きな分野があるんだろうと思います。ブルトレなり貨車なり、のんびりとその分野に浸れればいいのですが、昨今の新製品ラッシュがそんな心境を押し流してしまっていたのかと思うのです。

要は「鉄道模型をどうやって楽しんでいくのか」という自分の気持ちを再確認したくなったということです。
「お金を使うだけの趣味は、自分にとって趣味ではなくなった」ということなのです。

決して不買運動を起こす気もなく、メーカー各社に新しい対応を求める気もありません。

そんな感じですので、お互いに、本当の意味で鉄道模型を楽しんで行きましょう!

繰り返しになりますが、コメントをありがとうございました。

  1. 2010/10/25(月) 18:35:55 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

もんちさん

ありがとうございます。
もんちさんのやっていること、私もそのまんまですし、大いに共感します。
例えば、新しい車両セットを買うのもいいのですが、そのお金で室内灯を買って、既に持っている車両に取り付ければ、走らせて遊ぶようになると思うのです。
そんな発想の転換で、マイペースでのんびりと鉄道模型を楽しんでみたくなりました。
かつて、お互いにいろいろありましたが、これからも末長くお互いに遊んでいきましょう!
  1. 2010/10/25(月) 18:53:38 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

スローライフ、私も賛成です。以前は、「趣味」と言えないほどの完成品の山を
自宅に築いていました。景気のせいも有りますが、これからは、楽しめる様な
模型を、と考えています。
  1. 2010/10/26(火) 23:51:11 |
  2. URL |
  3. 日本高速鉄道㈱ #E6kBkVdo
  4. [ 編集 ]

皆様大変お久しぶりです。

前回のエントリー以降すっかり夏ばて気味になってしまい、
レスポンスもろくにできずにすみませんでした。その上
PCも不調になるなど泣きっ面に蜂の状態が続きました。

模型スローライフは私も賛同します。私もこの春の手術
入院以降、何事も無理しない様にするようになり、模型も
程々がよいと感じる様になりました。前回の阪神以降
新規購入はなく、次のメトロ8000までゆっくり待つのも
いいものと感じています。
  1. 2010/10/27(水) 00:04:49 |
  2. URL |
  3. 快特天使 #5GABL/rw
  4. [ 編集 ]

快特天使さん

コメントをありがとうございます。
結局のところ、皆さんも数年前に比べると、選んで慎重に買うようになったみたいですね。
中古を探せば必ず見つかりますし、メーカーもリニューアルを兼ねた再生産をするようになりました。
慌てずに、本当に欲しくなってから探しても大丈夫なんだと思います。
こうした頭の冷却期間を持てば、もっとノンビリと、そして買物三昧の時代よりも楽しく遊ぶことが出来るかと思うのです。
  1. 2010/10/28(木) 18:26:28 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

日本高速鉄道さん

スローライフ、まさに日本高速鉄道さんが実践していることですね。
京王線に徹底的にこだわるスタイルは、自分の分野を貫いている訳で。
こんな感じでお互いにやっていきましょう。
そうすれば、いつかはきっと…、
おっと、ゼロ・クラウンが来たようだ。
  1. 2010/10/29(金) 20:35:43 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/694-63b0295b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)