しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

DD53のラッセルヘッド


 20110123003.jpg
 線路際の住民です
 
 長岡駅構内で撮影したDD53です、駅で待っているとイキナリやって来たので驚きました
 まあ~とっさの一枚と云うところです。

 既に北の扇形庫様のDD53のレポートに何だかDD53-1も欲しくなってきましたが、
模型店に行ってももう姿が無いですね!諦めました。
 既に購入していた2号機を走らせてみると 何と無く気になります…
良く見るとラッセルヘッドが、フラフラしながら走るんです。
 後ろの機関車に押されながらなのでしょうが、非常に気になるので 技術課題!として改善に取り組みました




 単純かつ簡単な作業を色々と考えた末に連結棒とラッセルヘッドを結ぶスプリングを増設する事で
蛇行動を抑える事にしました。
20110123001.jpg
 曲線走行へ支障の無い様に出来る限り細い真鍮線(0.3mm)を使い連結棒の機関車寄りに0・4mmの
穴を開けて真鍮線を通しました。
 SLの先台車を安定させる方法の応用で 取り付けてみても外部から目立ちません。
20110123002.jpg

 試運転の結果も良好で カトーのダブルクロスも問題なく通過してゆきました。
 


 日曜日のチョットした時間でしたが、チョットした事で製品自体も良くなるんですね~
 しかしこの辺り本当は、製品段階で取り付けてほしいものだと思うのですが
如何でしょうか、マイクロエース様
スポンサーサイト
  1. 2011/01/23(日) 17:43:12|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<温泉宿Aに泊まってみたい | ホーム | 休止線探訪>>

コメント

追伸

とりあえず追従性に問題の無い様ですが
急な曲線について充分な評価をしていません
改造の結果については、皆様の自己責任という事でお願いいたします
また皆様の参考にして頂ければ幸いです
  1. 2011/01/23(日) 17:57:58 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

とっさの1枚とは言えバッチリですね。

DD53は売れ行き好調のようですね。
私は発売日翌日に買ったのですが、
私が買った店では1号機の方は発売日に入荷分が
売れてしまい、追加分を辛うじてGETした次第で危なかったです。
その時点では2号機は割と多く残っていたので
「ばん物」絡みで2号機の方が多く売れると踏んで
1号機の生産数や発注数は絞ったのかもしれませんね。

ロータリーヘッドの蛇行は何処かのブログでも指摘していた方がいましたが、ドローバーの復元ばねは有効そうですね。流石です。
ヘッドの台車がカーブ通過の為に横動を多く与えられているのと、台車の位置からかき寄せウイング先端までの車体が長いのも更に蛇行を目立たせているようですね。
  1. 2011/01/23(日) 22:38:57 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

 ドローバーの復元バネは、予想を上回る成果でした。
 確かにウィングを広げる事でラッセルヘッドのバランスをとって居るのでしょう。
 除雪車モデルの難点は、ウィングを広げて運転できる場所の無い事でしょうか
  1. 2011/01/24(月) 22:28:33 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/760-8b59ca67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)