しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

トミックスC57試作品

 線路際の住民です 

 金曜日から開催されたヨコハマ鉄道模型フェスタ会場へ行くと 会場内は多くの人でいっぱい!
会場内が、蒸し暑く感じるほどでした 大体こんな時に流感にやられちゃうんです。

 そして会場の案内で 「鉄道模型ファンの皆様…}なんて言葉にチョット違和感を憶えます
 そもそも鉄道趣味の分野の一つなんですですから… 鉄道撮影ファンの皆様って云いますか?
私は聞いた事がありません 主催者側もチョット安易な気持ちじゃないか?と感じます

 しかし そんな思いを忘れさせてくれる物を発見! 三月発売予定のトミックスC571の試作品を
見つけました。
 20110206001.jpg

 殆ど量産品の状態の様に見えますが 調整をする所があるそうです まあ素人の私にはとても解りませんが…
 一応発売予定の3月に間に合うように頑張っているとの事 そして小声で 末ぐらいかな~

 C571の製品化に当たって現車が、検査解体中の頃から取材をする等で 前回の135号機から
一年以上経ち 担当者としても予想以上に時間が、かかってしまったとの事 
やっぱりSLって難しいんですね!

 C57は、大きく分けて4種類あるそうで トップナンバーの1号機は 一次型に分類されるのですが
単純にいかないのが、SLの常なんです。
 昭和36年に羽越線で事故の前後で 若干形態が異なるんです 何でも復旧出場から僅かな期間に
C59の部品を付けて居た事もあったそうです。
 今回のC571の製品化に於いて 現行の「やまぐち号」と云う事なので 
この機関車から一次型の機関車(例えばC575等)へ改造する際に かなり手を加える事になりそうです

 そんな事を思いながらC571の発売を首を長くして待っている私です。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/07(月) 00:17:04|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<鉄道の街大宮 | ホーム | ガラクタD51旧製品再生>>

コメント

やっと出てきましたね。
蒸機の場合は同じ形式でもパイピング等で同じ物は2両と無いので、特定機の135号機とは共通なのは動力ユニット位では。
そんな訳でその他は殆ど新規に作り直しで、予想以上に時間が掛ったのでしょう。
出来は135号機からして問題ないでしょうから期待は出来ますね。
  1. 2011/02/07(月) 22:16:53 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

 北の扇形庫様の仰る通り 同一形式で全く同じと云う物が無い処にSLの面白さが
あるのでしょう。
 やはり複数買いかな…
  1. 2011/02/07(月) 22:39:17 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

実は・・・

実はマイクロエースのC57―1と、やまぐち号専用12系客車を持っていた事があります。トミックスがどこまで再現してくれるのか・・・?、非常に楽しみであります。
  1. 2011/02/07(月) 22:52:55 |
  2. URL |
  3. 岩崎友裕 #-
  4. [ 編集 ]

カトーのC571を手放して、はや数年。ついに恒久的に満足できるやまぐち号を保有出来そうです。出来はもう文句なし。
やまぐち号の客車もデビュー当時を再現できるように、青いノーマルの12系客車を再生産してもらいたいですね。
  1. 2011/02/07(月) 23:11:05 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

 マイクロのC57-1も最新のロットの塗装の良さに感心しますが、トミックス発売後
一緒に並べない事をお勧めしますよ 腰高な貴婦人を…
 カトーのリニューアルC571は、当分どうかな~
 しかし現時点では、決定版と言って良いかもしれませんね
 そう云えば、中古店でカトーやまぐち号セット(あの茶色い伝説のセット)が¥42000!
その後無くなって居た処を見ると売れたのかな~
  1. 2011/02/07(月) 23:21:15 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/770-24a22ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)