しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

N小屋の壁紙シート 夢空間編

線路際の住民です。

週末行きつけの模型店に行くと
見慣れないN小屋製品を見つけました。



トミックス製夢空間に使う壁紙シートです。

夢空間の凝った室内にこの壁紙シートの発売を
期待していたので 直ぐに購入しました。

まず食堂車から始めます、非常に開放感のある室内な為に
壁が少ないと云う事で 廊下と個室の壁だけの作業でした。



外から見ると壁の絵画に高級感がありとても実感的ですね。

次にサロン車です、壁紙の設定はありませんが、
車窓のレースのカーテンを取り付ける様になってます。
作業は、窓ガラスバーツの内側に貼り付けるだけでした。
外観はこんな感じです

少し白っぽくすれば、実感的だったかも知れません。

さて、この壁紙シートで 一番時間が掛かったのが、寝台車でした。

個室の壁が多い事や 室内のベッドやテレビ画面も切り出すので
非常に細かい作業の連続でした。

出来上がりを見ると まだNゲージを始めたばかりの頃に
関水金属製オハ31を使って改造した車両に
こんな壁紙を自作して遊んでいた事を 思い出します。


チラッと見えるテレビ画面が、個室寝台の雰囲気を盛り上げています。

ブルートレイン車両の充実とともに まずは室内灯セットが、
今ではこの壁紙シートを買う人も多いそうです。
次は室内に置く人形が、売れるのでは?
そんな事を思いながら出来上がった夢空間を眺める私です。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/16(水) 22:05:16|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<くろま屋さんの臭気窓Hゴムインレタ | ホーム | ブラリと松井田駅>>

コメント

神経衰弱になりそうな加工ですね。でも、見栄えが素晴らしい!583用なんて
あったら最高ですね。でも、ものぐさな私には無理でしょうか?
  1. 2011/02/16(水) 22:33:46 |
  2. URL |
  3. 日本高速鉄道(株) #E6kBkVdo
  4. [ 編集 ]

 日本高速鉄道様583系ではありませんが、サンライズ用でしたら売っていますよ
 因みに583系は、モデルは確か昼間使用時でした、
 3段寝台でしたら20系用がありますが あれはマジで頭がおかしくなる位の
単純作業の連続だったと思います。
 そんな訳で20系の着手をためらっております
  1. 2011/02/16(水) 22:51:01 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

壁紙

ホントにグレードアップしますね!
それはそうとして、エヌ小屋の市場での立ち位置が定まりつつあるようです。
2000年頃をピークに、サードパーティーは冬の時代となりましたが、アイデア次第ではこのように。
問屋の流通に乗っているあたりも、さすがです。
16番方面で廃業するメーカーが出る一方で、Z方面に新興市場…
やはり、商品開発にかける情熱が、市場全体で見て無駄にならないよう、各メーカーさんが独特な立ち位置におさまって、末永く活躍してもらいたいと祈るばかりです。
  1. 2011/02/16(水) 23:23:03 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

サロン車のピアノと内側のカーテンが干渉するので加工が必要になりますが、出来はいいっすね。
私も、内装を貼り付けた後、カトーから出た食堂車乗務員(紺色)と乗客を乗せました。
座るタイプの人形がなかなかないので、確保が大変でした。

  1. 2011/02/17(木) 12:33:57 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

素直にこんな遊びをしたかった!
その思いを実現してくれる壁紙シートを
製品として発売させた事は、アイデア次第で市場から支持される事がわかります。
完成品をカスタマイズする楽しみ方は、
今後も増えて行くモノとおもいます
その流れの中に人形の需要が、増えるのでしょうね
  1. 2011/02/17(木) 21:08:10 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

エヌ小屋の壁紙シートはNゲージにおける新たな需要を掘り起こした感が有りますね。
白色LEDや電球色LEDの室内灯が普及してきて電球の時より室内が良く見えるようになったような気がしますが、その辺も壁紙シートの需要とリンクしているようにも思えます。
  1. 2011/02/18(金) 21:06:39 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/775-92e3684f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)