しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

グリーンマックスのPS16N

こんばんは、しなのさかいです。


ふと思い出しまして。
仕事の帰りに、こんなものを買ってみました。


R0015862.jpg

グリーンマックスがリニューアルしたパンタグラフ。
ずいぶん前に発売されていました。
PS16Nです。
1箱で2つ入っています。1箱だけの購入。


R0015866.jpg

このように板バネが解消されました。
さすがに21世紀ですから、前世紀の仕様はさようならです。
取付方法は従来通りの二つの穴に差し込むようになっています。


R0015869.jpg

グリーンマックスの103系N40体質改善車6両編成に取り付けました。
手前が今回のもの。奥が旧仕様のPS16です。
ところで。
PS16の世界は深いようでして、この形式名に続くアルファベットでどう違うのか、さっぱりわかりません。
JR西日本の103系にはこれで合っているのかな?

上昇させたときの形状も、これまでのように崩れることはありませんでした。
ぴちっとひし形をキープしています。
色さしをした配管、カトー製に交換した避雷器、クリーム1号の貫通扉と良い組み合わせになりました。


R0015870.jpg

たたんだ状態。
この形状にも好感を持てます。
浮くことなく、水平にたためていますね。
ちなみに、窓枠は内側にもエナメル塗料のシルバーで色さしをしています。


R0015878.jpg

アーバンネットワークつながりで、数年前に完成させていた103系をケースから出して見ていたら、このパーツを思い出した次第。
キットは、なかなか良い出来だったと思います。
できれば動力ユニットの性能と、ユニットにTNカプラーをストレスなく取り付けられるようにしていただきたかったかな?
動力台車のホワイトメタルを削ってTNカプラーに干渉しないような工事をしたのは、今となっては良い思い出です。


N40体質改善車だけ、しかも両方が低運転台車の大和路線・103系が走っていたかどうかはちょっと微妙。
おそらく詳しい方がいらっしゃるんだと思います。
これに続いて、N40体質改善・高運転台車、関西形(延命N40?)も製品化されていますので、数両を増備してよりリアルな編成を目指してみたくなりました。
そのうち、GMストアーに出撃しそうな予感です。



*     *     *



あらためて申し上げるまでもなく、3月は激動でした…。
「更新の自粛」というよりは、精神的に余裕が無かったために更新できなかった、という方が正しいです。

でも、このままではダメですね。
そろそろ前へ進むこととします。
いろんな点で、そしていろんな意味で、日本は復興しなければいけません。
もちろん、鉄道模型趣味も含まれるんだと思っています。


IMG_0024.jpg

1997年8月。岩手県宮古市のホテルから撮影しました。
三陸の町の、普通の日の、朝の風景です。
被災された方々の痛みは、当方の想像をはるかに超えていると思います。
お見舞いを申し上げても、ぜんぜん及ばないような…。

結びの言葉が見つかりません。

ではまた。













スポンサーサイト
  1. 2011/03/24(木) 23:12:39|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<鉄道コレクションin同和鉱業 | ホーム | 鉄道コレクション第13弾>>

コメント

確かに最近のGMのパンタグラフは、降下した時もしっかりと折畳んだ姿をしています
質の良いパンタグラフは、折畳んだ姿で判るモノ! と聞きましたが当にその通りでしょう
パンタグラフと云えば、フクシマ模型もパンタグラフの製造だけは、続けて行くとのこと! 同社の高品質の製品が、引き続き手に入る事に安堵した方も多いのではないのでしょうか。
  1. 2011/03/25(金) 10:58:40 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

車体の出来は良くても、肝心な部品がお粗末では興醒め。GMのパンタグラフは、板バネが目立つ点、そして上昇状態での形状維持が難しい点で長い間、残念でした。
畳んだ状態でもニンマリできる、お得な小改造でした。
  1. 2011/03/25(金) 18:22:17 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

長らく板バネに頼っていたのですが、パッケージのみのリニューアルでなく中身も何気に進化していたんですね。
  1. 2011/03/26(土) 23:59:23 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/800-c5b294cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)