しなのさかいの駅前広場

ぐったりやくも

鉄コレ13弾を 筑波鉄道に仕立てて見ました

線路際の住民です

昨夜の地震は、恐ろしかったですね~! 皆様の所は如何でしょうか。

さて 先月発売されたばかりの鉄コレ13弾も そろそろ割引販売をしているお店を中心に売れてしまったのか、店頭で見る事が少なくなりました。

先日津軽鉄道の筑波鉄道改造を このブログで紹介したが、留萌鉄道も同じ様に筑波鉄道にしてみました。

実車もそうなんですが、関東鉄道へ譲渡した際に大きな改造をする事も無く塗装を関東鉄道仕様にしただけでしたので 改造の内容も同じ様に塗装変更をするだけでのお手軽作業でした

今回改造に使った車体は、車両ケースに付属していた未塗装のものを使い 台車は、留萌鉄道の改造の為に使った茨城交通のものを使いました。
この茨城交通キハ200で2両の筑波鉄道への改造タネ車になりました。
パーツメーカーのインレタを使い関東鉄道の社紋を入れて完成としました。


国鉄民営化の陰で静かに幕を下ろした筑波鉄道は、今でもファンの心の中で走っているのでしょうね

考えてみると 鉄コレ13弾で関東鉄道車両が、4両出来るのですね
結構改造のタネに購入した人も多かったのかもしれませんね
道理で店頭から無くなるのが早い訳です。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/08(金) 20:34:24|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<動力装置で和倉温泉へ | ホーム | トミックスC57の衣替え>>

コメント

私鉄気動車の世界は深いです。
私はそろそろついていけなくなりました・・・(笑)
でも、なんとなくですが、これらのDCってカラーリングが味わい深いです。
なんというか懐かしさがあります。
  1. 2011/04/09(土) 21:50:34 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

私鉄気動車のディープな世界へようこそ! なんて本が出来そうな位に
奥深いんです。
 しかし鉄コレという入り口があると何と無く敷居が低くなりました。
 キングオブ気動車と呼ばれた私の大学時代の先輩が、関東鉄道へ
足繁く通った訳が今になって判る様な気がします。
  1. 2011/04/09(土) 22:25:08 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

私もディープ過ぎて手が回りません。(笑)
でも本当に鉄コレが有ってこそこのようなディープな
地方私鉄を楽しめるようになったんですね。
ガレージメーカーから細々と出される僅かなキットに
頼らざるを得なかったひと昔前では考えられなかったことです。
  1. 2011/04/10(日) 10:45:20 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

鉄コレにより製品化され 改めて実車を知ると云う方も多いと思います
そのディープな未体験ゾーンに足を踏み込むと…
  1. 2011/04/11(月) 11:31:29 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/807-4ca537ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)