しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

D51旧製品と蒸機資料

こんばんは。北の扇形庫からです。

線路際の住民 さんからC57 1のレポが寄せられたことも有りましたので、
ちょっと蒸機に関する事でも・・・。

以前カトーのD51旧製品のレストアに付いて書きましたが、
その後もう1台D51旧製品の初期のモデルのM無しを入手しました。
前回余っていたモーターを組み込んだところ、これがすこぶる快調。
サイドロッドもメインロッドもプラ製で罐とテンダをリード線で結び通電する
古いタイプながら良い走りです。(リード線で結ぶほうが通電は確実でしょうが)
流石カトーですね。


CA3J0011.jpg
CA3J0012.jpg


さて、最近蒸機に関する本を2冊入手しました。
最近発刊された、写真家の原京一さん(故人)の写真集「蒸気機関車の記憶」。
この表紙の写真の様に長時間露光による夜の蒸気機関車の姿が印象的。
勿論、昼間の走行写真も有りますが、闇夜に浮かび上がる蒸機の幻想的な姿が
素晴らしいです。

CA3J0015.jpg

もう1冊はネコ・パブリッシング鉄道車輌ガイドvol.3 C62。
実車の現役時代の写真や模型作品等、製作の資料となる物です。


CA3J0014.jpg

蒸機の資料と言えば久しぶりに引っ張り出してみたこの本。
「鉄道模型趣味」で御馴染みの機芸出版社から出されていた「蒸気機関車の角度」
京都在住の小寺康正さんが自身の蒸機模型製作の資料として撮り貯めていた各形式の
細かいディテール部分も数多く納められており、今となっては資料的価値以上の貴重な物です。
初版が1972年で、私が鉄道模型を始めた頃、「鉄道模型趣味」を見るたびに広告ページに
載っていたこの本をいつかは入手したいと思っていましたが、中学、高校生には高価すぎました。
やっと手にする事が出来たのは社会人になってからの1992年の第5版で当時でも8,500円という
高価な物でした。
発刊当時から蒸機の模型をやる者にとってはバイブルみたいな存在ですね。

CA3J0017.jpg

現在中古市場やオクなどでは最低でも13,000円以上から取引されているようです。
入手がなかなか困難なのと高価なためちょっとハードルが高いですが、蒸機好きにとっては
有って損はないものです。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/27(水) 22:55:34|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<妙高セット マニ37にテールライトを点ける | ホーム | 鉄道コレクション 伊予鉄モハ2000形>>

コメント

 SL模型のバイブルとも云われ 未だに他の追従を許さない
「蒸気機関車の角度」は、流石にその価格に二の足を踏んでしまいました。
 本当はぜひ欲しい本の一つなんですけれどね~
 SL弄りは、一度始めると終わりなき世界ですよ
 身近なところで復活後のD51498ですら 年代によって変わっています
 例えば、オリ急牽引時を再現だけでも結構異なります
  しかしそんなところにSL模型の楽しさ・奥深さがあるのでしょうね!
 え?キューロクの事は考えないようにしましょう
  1. 2011/04/27(水) 23:32:33 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

> 線路際の住民 さん

入手当時は新品在庫が有ったのと、たまたま臨時収入が有りましたので思い切って買いました。
でも本当にこの本は一生ものですよ。

レイアウトの有る某中古模型店(判りますよね!)では4兪吉などという驚きのボッタクリ価格?を付けたりしていますが、オクやアマゾンなどでは15,000円前後で出ているようです。
  1. 2011/04/28(木) 22:23:34 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

ふーむ、なるほど。
当方も資料的な価値を持った書籍をいくつか持っていますが、模型をやる人間にとっては、このような本を集める、備えることも合理的なことなのですね。
月刊誌を1年間買うよりは、このような本を1冊買って、大事に持っていることの方がよっぽど…。
  1. 2011/04/30(土) 10:44:56 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

>しなのさかいさん

大きくて重いですが何時でもお見せしますよ!
蒸機に興味の有る方は一度見ると欲しくなると思います。

私自身このような高価な本を買う事は極めて稀ですが、蒸機を愛する者としては宝物です。
  1. 2011/05/01(日) 12:00:35 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/817-4aa5fe7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)