しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

第50回静岡ホビーショー(その3)

(その2からつづく)

【カトー】

もう、ブルトレ、ブルトレ、です。

R0016187.jpg

EF651000番台後期形。
2年前にPが発売されたときから、カウントダウンは始まっていました。


R0016180.jpg

ブルトレは?と聞かれ、どの機関車と客車をイメージするかで世代がバレテしまいますが、当方はこの組み合わせがドンピシャです。
小学校に入学したとき、クラスの男子の大多数はこのPFのブルトレの筆箱と下敷きでした。
とうとう、意外に短いサイズでのPFを拝むことができます。


R0016188.jpg

R0016189.jpg

24系25形100番台は「意外に長い」ということで(爆)

1980年台では「関水の24系」を持つことがひとつのステータスでしたっけ。
ボロボロの紙箱に入ったトミックスの24系を持っていると、そりゃーもう惨めでした(爆)
そんな、スネ夫が持っていたような感じのする旧製品も、ついにお役目御免です。
2005年の「さよならあさかぜ」セットが最後となりました。

で。
これはもう、頭の中の記憶の姿、そのままです。
オロネ25の通路側だけは、木目のドアを表現したいところ。
うーん、それにしても素晴らしい。
月末には「鉄道公安官」のOPを見ながら、走らせることとしましょう。
ホームタウンエクスプレス~♪


R0016176.jpg

世の中には不思議なことが数多くあるものでして。

JR九州813系。
マイクロエース製品が発売され、瞬時に市場から消えましたね。
水戸岡病の私でも、店頭で見ることすらできませんでした。
しかし、その後、半年程度待っただけで、このような製品が手に入ることになりそうでして。
接着剤を使わない仕上がりに期待大です。


R0016184.jpg

京葉線205系。
1991年当時を思い出してしまうお顔です。


R0016183.jpg

R0016185.jpg

キハ181系「はまかぜ」の製品化は思いのほか早かったです。
確か製品化発表はトミックス製が市場に出た直後でしたっけ。ある意味、とても残酷なものでした。
こればかりは、カトー製に軍配を上げても異論は出ないと思います。
新規金型のボディを見て「はまかぜ」だけを見るかはユーザーの自由。
むむむむ。


R0016192.jpg

381系0番台はこのようなボードでアピールされていました。
「しなの」の歴史ですか、そうですか(!)

担当の方にお話を伺ったところ、多くのユーザーは「パノラマしなの」や100番台の製品化を希望しているんだそうです。
このような点も考慮して、0番台をレジェンドコレクションとしてリリースすることにしたとか。
「0番台『しなの』こそ381系」と思っていた当方としてはレジェンド化に驚きと戸惑いがありましたが、メーカー側ではそんな検討と葛藤があったんですね。
文字とイラストの「しなの」マークが収録されるそうです。
それにしても8月発売とは、早い。
心の準備ができません。
トミックス製の381系が発売された1980年から30年も待ち続けたのですから。
そーいえば、あの381系はブック型ケース入り車両セットのご先祖様でした。



担当の方には、その他いろいろと楽しいお話を伺うことができました。
ED16のことも。
しかし、最近のカトーは「いろーんなこと」を考えているようです。
もう、ホントにおどろきました。

R0016186.jpg

来週には発売される、EF81300。
これをひとつとっても、とてつもない未来が待ち受けているのです。
今年の財源と予算を再度検討しなければ、大変なことになりそうで怖いです。

車両と車両の相互関係を十二分に意識した製品展開はこれからもまだまだ続きそうですね。
2年前の「通夜みたいなカトーブース」の面影はまったくありませんでした。

(その4へつづく)









スポンサーサイト
  1. 2011/05/15(日) 03:12:48|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第50回静岡ホビーショー(その4) | ホーム | 第50回静岡ホビーショー(その2)>>

コメント

2年前の静岡ホビーショーで トミックスのC57135発表に悲惨な位に静まり返るカトーブースを想うと それからの反撃の凄さを改めて実感致しました。
製品企画の展開に関してのお話は、大変に参考になりました
実はカトーと云う会社が、熱い集団である事を再認識した次第であります
緑色の会社が、緑で注目を集める日を楽しみにしています
さて 来年の静岡は、どの様な話になるのでしょうか?
そろそろお財布の中身を心配しなきゃいけないかしら…
  1. 2011/05/15(日) 08:08:41 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

ようやくファインスケールEF651000が登場です。
しかも、東京機関区配属当時の富士を従えて。
20系に憧れた私は、SLを淘汰したDD51のごとく、当時は冷やかでした。
でも、今となっては大事な九州特急の1シーン。
釜、客車とも行かさせていただきました。
関門をお守るのは81銀釜。
私的にはEF30なんすよね。出ないかな~

  1. 2011/05/17(火) 21:07:21 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/829-08758da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)