しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

第50回静岡ホビーショー(その4)

(その3からつづく)

【マイクロエース】

R0016140.jpg

R0016139.jpg

50系快速「海峡」を見てきました。
はっきりとは確認できませんでしたが、妻面の窓はノロッコ並に改善されている様子。
全検表記も入れられるようですし、台車も改善されるようです。
トミックスの仕事であるような気もしますが、ちょっと気になるリニューアルアイテムです。


R0016144.jpg

京王井の頭線3000系???
当方はピラーが太いような気がしていまして、また別の意見として窓が下に落ちすぎているとの指摘も。
大丈夫か?


R0016146.jpg

そのリニューアル車ですが、内容は当然ながら同じです。
人気車種だけに心配。
新1000系を再生産すればいいと思うのですがね。


R0016148.jpg

スエ78だそうです。
ちらりと見えるデッキ部にはドアが。
ここにはドアが無かったようですが…。
メーカー担当者氏は「確認します」とのことでした。


R0016150.jpg

で、このスエ78を含めて高崎の旧型客車たちが「会場発表新製品」。
マジックで書いたレポート用紙の表示に、どこかこのメーカーの現状を感じてしまいました。
オハニのデッキ部のドアはそれなりに凹んでいるようですが、隣の車両は相変わらずプラグドアのような感じ…。

あとは、

R0016152.jpg

こんなものとか、

R0016154.jpg

こんなものなどが展示されていました。


マイクロエースブースでは、試作品を飾るショーケースが1つだけでした。
いろいろな会場で同社のブースを見てきましたが、いつもショーケースは複数だったような。
それだけ「展示品が少なかった」という印象です。
新製品よりも再生産品のリリースが増えてきたから、ということでしょうね、たぶん。

(その5へつづく)





スポンサーサイト
  1. 2011/05/15(日) 03:14:35|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<第50回静岡ホビーショー(その5) | ホーム | 第50回静岡ホビーショー(その3)>>

コメント

試作品 京王3000を見る度に 湘南顔の難しさを実感致します
微妙におでこが目立つのが災いしているのか パッと見て デストロイヤー! でした
スエ78 15は、まだ初回のテストショットと云う事なので 次回の試作を見て考える事にしましょう
今までの展示会では、珍しい位に静まり返るマイクロブースでした
どうしちゃったのかな?
  1. 2011/05/15(日) 08:19:55 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

模型ショウ並びにグランシップ出撃お疲れ様でした。京王3000はおっしゃるとおり、実車の写真と
見比べると、①ピラーが太い②フロントウインドウの傾斜かきつすぎて、イメージが若干違ってしま
う等が有りますね。その他写真を見る限り、④テールライトが少々大き過ぎる気がします。リニー
ューアル品とリニューアル前品と各1本ずつ予約している当方と致しましては、発売品が改良され
ている事を望みますね。ただ、今まで井の頭線の車両は新1000以来、爺製品しかありませんで
したので、期待大です。又、新1000の後期型の発売も望む処ですね。
  1. 2011/05/15(日) 22:06:35 |
  2. URL |
  3. 日本高速鉄道㈱ #E6kBkVdo
  4. [ 編集 ]

静岡のあと、高崎の旧客セットとD51498も追加で再生産のアナウンスがありました。
KATOとTOMIXもすでに発売されており、
三つ巴の様相を呈してきました。
レポート用紙に赤マジック。
ほんとに心配になってしまいました。
  1. 2011/05/17(火) 21:44:47 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/830-d9485a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)