しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

50系5000番台 快速「海峡」 改良品

こんばんは、しなのさかいです。

三連休の最終日。
今日は午前中に市営プールという場所へ、家族に連行されました。
何十年ぶりです、市営プールって。
監視員の怖い視線を感じながら、3時間ほど滞在。
すっかりバテてしまいました。


さてさて。

R0016467.jpg

マイクロエース「50系5000番台客車 快速『海峡』改良品」。
発売されるまでいろいろと悩みましたが、結局は購入を決断しました。

“改良”の最大のポイントは、オハフ50の妻面。
すでにノロッコ号などのオハフ50でも改善されていましたので、予想どおりその妻面が移植されたようです。
Hゴム窓の大きさや形がより実車に近くなったようです。
ホロも黒からグレーに。
細かい表記類があちこちに見られるようになりました。



R0016468.jpg

号車札、靴ずり、ドアレール、扉の取っ手も着色されています。
「乗務員室」表記はポイントが高いですね。
こうした点は、トミックス製には絶対に見られません。



R0016477.jpg

連結してしまうと見えなくなる、オハの妻面の表記も。



R0016473.jpg

カラオケ車の窓ガラスにも「パーティールーム」という表記。
んー、ちょっとやり過ぎの感があります。



R0016472.jpg

ボディだけでなく、足回りも。
一部の車両には、高速化に対応したTR217系の台車が実車と同様に履かされました。
カプラーは、加工なしでBMTNに換装できるようになりました。



2000年の夏。
マイクロエースの車両セットとしては、かなり黎明期にあたる製品として50系5000番台は発売されました。
思えば、この頃から同社の車種選定は独特でした。

しかしフタを開けてみれば、妻面の窓は妙な形で、しかも陥没しており…。
ネタとしては万歳三唱でしたが、製品としては必ずしも万歳とはならなかったのです。
そんな10年以上も前のフラストレーションが少しでも解消されるなら。
今回の購入の動機は、あくまでもそんな程度です。

台車から屋根まで突き抜けるビスなど、製品の構造はそのまま。
窓ガラスの固定には、あいかわらず溶剤系の接着剤。
今回のロットにも残念な部分がありますが、2000年ロットと比較すれば、まあ良しすべきでしょう。
時間があれば、少々手を加えてみたいところです。



R0016476.jpg

トミックス製のED79に牽かせます。
ようやく機関車も客車もリニューアルされました。

この夏にはトミックスがノスタルジックビュートレインをリニューアル。
その中のオハフ50が完全新規品となるようです。
1980年代の北海道の車両を次々と製品化する同社ですから、ひょっとしたら5000番台も?
その時はその時で、トミックス製も購入してしまうかもしれません。



*      *      *



一本列島改正。
1988年は大騒ぎでした。
津軽海峡線には、受験の終わった翌年の1989年に乗車。



539パスポート

こんなパスポートを50系5000番台の車内でいただきました。
中央には「海峡」のマーク。
その当時、吉岡海底駅では、地上のカメラを操作しながら、そのライブ映像を巨大なスクリーンで見れるようになっていました。
そういえば、操作した数人は、津軽海峡の景色ではなく、民家にカメラを向けていましたっけ。
庭先の無防備なおじいさんが、数十人の観光客の餌食となっていました。



R0016478.jpg

自動販売機も津軽海峡線ブームでした。
これは、その時に飲んだJR北海道の缶コーヒー。
こうしたJRコーヒー、今では見かけなくなりました。
深夜の帯広で見かけた「JR北海道コーラ」。誰かご存じないでしょうか?



数回は乗っていた50系5000番台ですが、なぜか写真はまともなものがなく…。


kaikyo1994.jpg

1994年8月、函館駅にて。
スーパー北斗15号に乗る前に撮影したんだと思います。


kaikyo1997.jpg

1997年2月、青森駅にて。
秋田内陸縦貫線と五能線を乗り継いだ帰り。「はくつる」に乗る前でした。
とにかく寒くて、ホームを駆け回る元気も無かったと記憶しています。
古葉監督のようなオハフ50となってしまいました。


こんな感じで、快速「海峡」は、当方にとって20代の思い出の列車です。
マイクロエース製を再び購入することには気が乗りませんでしたが、今回だけは「思い出アイテム」ということで。
ですからトミックス製も発売されたら、買ってしまうと思います。
だけど、ドラえもん海底列車だけは…ですね。

ではまた。




スポンサーサイト
  1. 2011/07/18(月) 18:26:59|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<第33回鉄道模型ショウ(その1) | ホーム | 鉄道コレクション 長野電鉄2000系>>

コメント

海峡レポートありがとうございました、基本的な構造を変えずに標記を充実させ 改良品としたのでしょうか。
そろそろ 50系の決定版が、欲しいですね
しかし 少し前であれば、瞬殺品も 最近 ゆっくり考えて買う事の出来る事ってイイですね!
本来のすがたなんでしょうけれど…
  1. 2011/07/18(月) 19:21:16 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

50系。やはりトミックスのノスビューを注意深く見て行こうかと。ED75に赤い客車も似合いますから。
C11にも似合いますな、50系は。
機関車次第では、予期もしないメーカーから50系客車が製品化されるかも。
  1. 2011/07/18(月) 19:55:39 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

レポート有難うございます。
何故今になって改良型出すのかな?という気もしますが、一番残念だった妻面が改良されたので一応良しとしますか。
台車も10系寝台時代からの彫りの甘いTR50流用から代わっていますし、カーペット車もシリンダ付きのTR217系になっていますからね。

実車には結局1度しか乗れませんでした。
  1. 2011/07/18(月) 20:47:11 |
  2. URL |
  3. #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

何故今?
そーなんです。何かにおびえるように改良品(笑)
青いメーカーから出る日は近いか…
でも、カラオケ車が出る確率は低いですね。
台車も良好。思えば初回ロットがちとひどすぎました(涙)
  1. 2011/07/18(月) 21:22:30 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

重大な・・・

前回の製品もそうでしたが、今回の製品も重大なエラーがあります。それはカーペットカーに改造されたオハ51型5000番代と、改造される前の同車が同じ編成に入っていると言う事なんです。僕はかれこれ、10回以上も快速海峡号を利用しました。ですが同車がカーペットカーに改造された時は、4輛共同時に改造されました。だから改造前と改造後の同車が同じ編成に連結されているのは、あり得ないんです。(>_<)
  1. 2011/07/18(月) 21:30:55 |
  2. URL |
  3. 岩崎友裕 #-
  4. [ 編集 ]

ご教授ありがとうございました。
オハ5136がセットに含まれているのがおかしいですかね。1988年中には5000番台への改造で見られなくなった、座席も51形そのままの車両でした。
  1. 2011/07/18(月) 21:49:56 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

海峡、は○なす…マイクロエースを代表する製品です
改造前後の車両が入るなんて 担当者の意気込みを感じますね(笑)
青い会社も気になりますが、左を見たら緑色の会社の微笑みが、見えたりして…
  1. 2011/07/19(火) 07:35:14 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/857-279b2ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)