しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

第12回国際鉄道模型コンベンション(その7)

(その6からつづく)


【カトー】

今年の年末アイテムの発表方法は、ちょっと意外でした。
開場直後。
入口の目の前に、既に貼り出されていまして。
これを発表というのか…。

R0016887.jpg


しかもこんなに大きく。
ゲートに突入した瞬間「あ~」という声が多数あがっていました。
その昔「ウルトラクイズ」でこんなシーンがありましたね(笑)

C62重連急行「ニセコ」。
11月発売として既にC622北海道形が告知されていました。
当然こうなるのですね。



R0016894.jpg

その裏がカトーブース。
開場直後から「雪の行路」(鉄道ジャーナル社)がエンドレス放映されていました。
試作品をそっちのけで、棒のようモニターの前に立ち尽くす人が多数。
ビッグサイトまで来て「雪の行路」の記憶しかない、なんてことにならなきゃいいです!?



R0016897.jpg

10時50分。
おととしから恒例となった、加藤社長によるステージショーがスタートです。
当方、これを見なければ、年を越せないような心境になっています(ホントに)
冒頭、C62ニセコ発売の告知があらためてなされました。
加藤社長、一定の周期で体を左右にパーンしてプレゼンテーション。



R0016893.jpg

3号機(本務機)も単品販売です。
客車は6両ずつ、基本と増結に分けるとのこと。
ん? 6+6=12両?
担当者氏にいろいろとお伺いしたところ、荷物車の数に秘密があったんですね。
行きと帰り。そして意外な車両まで構想に入っていました。
ASSYパーツ。史上初の荷物車人気投票レースが繰り広げられるかもしれません。
なになに、荷物車はどこまで行っていたんでしょうねって!?
うーん、むむむむむ。


C62にはD51498の動力を転用することができたとのこと。
これで重連運転もOKとなりました。
ただ、細かいディテールの検討はこれからのようです。

11月にC622だけ先行発売となるのは、ただ単に12月のスケジュールに入りきらないからだとか。
メーカーの苦労、勉強になります。

それにしても、品番2017-2の前に来る「2017-1」が気になります。
3号機の品番となったら、それはそれでまあ。
でも、3号機の品番が「2017-3」なら、○×△□(!?!?)

小樽築港機関区の朝日を浴びて……



銀座線01系は、先日のセールスミーティングで明かされた内容から大幅に前進。
全車両が塗装された状態で展示されていました。

R0016921.jpg

CIMG0113.jpg

R0017001.jpg

R0016920.jpg

想像はしていましたが、こうして150分の1の01系が目の前に現れるとどうも…。
あらためて思うと、第1弾としては相当インパクトのある車種選定だったかな。
ユーザーがどう遊ぶかは別の話として、です。

同時発売となりそうなのが「LED室内灯クリア」。
従来のプリズムだと01系の場合、窓から見えてしまうとか。
その対策としてプリズムを薄くし、より均一に車内を点灯させるんだそうです。
お話だけなので、実態がよくつかめませんが、注目したいアイテムですね。



R0016899.jpg

そして加藤社長。
12月に、もう一つ東京メトロの車両を発売する予定との発言!
ただし車両が何かは、この場では発表できない、と。
とにもかくにも、年末アイテムは「ニセコ」の他に、東京メトロの関係でまだあるということです。

うーん。何が発売されるのか、さっぱりわかりません。
これはもう、壮大なクイズですね(大笑)



立川機関区で遊ぼうってな感じのED16。
初のお目見えです。

R0016918.jpg

R0017004.jpg

R0016907.jpg

4種のナンバーが付属しますが、ボディはどれにもズバリでは該当しないとのこと。
ここ数年は、機関車を特定番で出すような傾向にありましたが、そうでもない、昔からの考え方も捨て去っていないのですね。
やはり複数での購入行動も視野に入れると、そうせざるを得ないのでしょう。

逆に、こうした柔軟な考えの方が、特定番との組み合わせで奏功する場合があるようです(!)
いやー、大変勉強になります。



R0016901.jpg

当方の守備範囲外ですが、16番のEF510について。
ちょうど1年前に製品化の発表がありましたが、まだ遅れそうとのことです。
このような話題の大きい機関車を大きいスケールでつくるのなら、もう一度できることを検討しよう、
ということで、動力装置から見直しているんだそうです。
ちょっと、デジタル的な匂いもしてきますが。
そのお詫びということでもないでしょうが、16番・北斗星客車の製品化も発表されました。

過去のカタログのようにならないことをお祈りいたします(笑)



*      *      *



今回も、静岡ホビーショーのときと同じように、たくさんのお話をうかがうことができました。
とてつもない未来、ますます広がっているようです。

40代、50代の鉄道ファンにとっては、ますます厳しい財政出動が待ち構えていることでしょう。
そして、その反動的な展開として、若年層にアピールする銀色チックな車両のさらなる充実も行われていくものと勝手に想像します。


R0016919.jpg


ただ、このような展開は私たちの財政事情をより深く考慮したもの、というようなお話も伺いました。

ネタだけで魅了されてしまい、完成度の低い製品でも「まあ買っておこう」という心理の購買行動。
そんな市場の完成とユーザーの心理は、2000年頃からしばらく続いた訳です。
でも今は。
その頃の製品が、ほとんど走行履歴もなくどんどん中古市場に流れて溢れかえっている現実…。
わたしたちがその頃に支払ったたくさんのお金が「生き金」にならなかったことを示しているような気がします。


R0017007.jpg


「どうせお金を使うなら、出来の良い、いつまでも手元に置いておきたくなるような製品を、安心して買いたい」。
今の同社は、こうしたユーザーの心理の変化をうまく受け止めるようになった、のかもしれませんね。
ますます楽しみになりました。



□      □      □



昨夜のうちに全部書いてしまおうと思っていましたが、丸1日かかってしまいました。
家の用事やら、上の娘の算数を教えたりと、なんとも。
明日の朝には、近所の量販店をパトロールできるかな。

今回のレポート、その7までという、長くて要領の得ない文章となってしまいました。
当方の主観が入っている部分が多数ありますが、お許しいただければ幸いです。
JAMはあらゆる角度から刺激を受けることのできる、楽しいイベントですね。

では、おやすみなさい。





スポンサーサイト
  1. 2011/08/21(日) 00:20:49|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2011年夏函館へ【1】 | ホーム | 第12回国際鉄道模型コンベンション(その6)>>

コメント

 出ました大本命!そんな感じの C62 2,3 「ニセコ」セット
 何かを思わせるC62品番ハイフンに幅を広げた遊び方を提案してくるように思えます
 「ニセコ」荷物車は、航送扱いで ニセコを走らせながら この荷物車は、何所から来たんだろ?
そんな想いにふけりそうですね!
 メトロ01系のそつのない仕上がりに 早く手に取ってみたい衝動に駆られます
 社長のプレゼンで12月発売のメトロ車両が、気になりますね! C62「ニセコ」と同時期の発売ですから 比較的新しい路線で 比較的バラエティーに富んだ乗り入れ先がある車両のネタかもしれません 
 ん?最近 西武線の再販が、発表されました 何か気になります。
 ???

 
  1. 2011/08/21(日) 08:21:52 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

感謝

詳細なレポート ありがとうございます
メーカーHPや主催者の報道では知ることのできない、モデラー視線でのアップは行きたくても行かれない身にとって大変ありがたい情報です。

続々と連発(乱発)される新製品に財布がついていけず、しかもその仕上がりにやや不満・・・
こんな状況にメーカーとしても「これはまずい」と姿勢を立て直した感があります。
本当に成熟した大人の趣味市場として、メーカーもユーザーも永続的に持ちこたえる世界になってほしいです。
  1. 2011/08/21(日) 09:19:13 |
  2. URL |
  3. ホビぽっぽ #8Zcb/IVM
  4. [ 編集 ]

西武池袋線

線路際の住民さん

そうそう、西武新101系。
なんだか匂います。
次の東京メトロは何なんでしょうね(笑)

そーいえば、115系1000番台のリニューアルも唐突で。
なにかの前触れでしょうか。
  1. 2011/08/21(日) 19:54:33 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

そうなんです

ホビぽっぽさん

おっしゃるとおり。
このメーカーは、ようやくそうした点に気付き、2000年代の市場を健全にさせようとする動きをとっているように見えます。
ユーザーの財布だけでなく、小売店も不良在庫を抱えるなど、完全に疲弊してしまいました。
お店に売れないで残っている在庫商品ってどんなものか。
ここをご覧いただいているみなさんなら既におわかりのことでしょう。
ユーザーは買っても手放したくなる商品を買い、小売店は売れない商品を抱え続ける…。
これでは消耗して当たり前です。
上流、川上から、まともな商品をもっとたくさん流してもらいましょう。
そんな魅力的な商品が、いつでもカタログを見てお店で買える。
こうした市場となることを、願ってやみません。
  1. 2011/08/21(日) 20:05:38 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

お忙しい中、詳細なレポート有難うございます。
いつも大変な役を押し付けてしまっているようで
感謝です!

土日の閲覧者数のカウンターがえらい事になっていますね。

ゲートを入った真正面にドーンと・・・。現物こそまだ有りませんでしたが、一昨年の静岡でのトミックスのC57135 の発表を思い出しました。

4月の静岡でうっすらと感じたことが2号機の製品化発表で現実に近付き、今回予想通りの展開とは言え実際に目の当たりにしてテンションは最高潮です。
大本命と言うか、これを出されたら後は何が出ても驚きませんわ。(笑)
どうしてもC62重連に目が行ってしまいますが、
線路際の住民さんも仰せの通り、「ニセコ」セットに組み込まれるであろう郵便車・荷物車は航送扱いで海を渡って来る訳ですから「ニセコ」の区間は長旅の一部にしか過ぎません。
これらの郵便車・荷物車が何処から来て何処まで行くのかそんな所にも妄想は尽きない訳です。
  1. 2011/08/22(月) 20:52:25 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

ホントに製品化されるんですねー

北の扇形庫からさん

いえいえ、楽しんで更新していますから大丈夫ですよ(笑)
カウンターの伸び、ビックリです。ありがたいです。
ビッグサイトまで行った甲斐がありましたね。
「そんなことまで…」と声を出してしまいそうな場面が何度かありました。
年明けにはパーティですよ、ニセコ発売記念で!
  1. 2011/08/22(月) 21:59:37 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/879-32cf9f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)