しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

2011年夏函館へ【2】

【1】より続く

滞在5日目の7月27日。
早起きしてチャリンコで20分ほどでいつもの五稜郭操車場跡へ。
まだ5時を少し過ぎたところ。眠かった…。

赤熊の4号機牽引のコンテナがやってきました。
DSC01225.jpg


後追いで1発。罐のこのアングルって割と好きなんですよ。
DSC01227.jpg


コンテナを見送っているとコンテナの間から青い2つの影とそれに続くシルバーが…。
あちゃー被られたー!「カシオペア」が軽快に駆け抜けて行きました。orz
DSC01228.jpg

気を取り直して次を待ちます。
星罐重連!トワイが来ました。今度は大丈夫でした。
DSC01235.jpg

赤熊2号機牽引が札タに向って出発して行きました。
DSC01238.jpg

赤熊3号機牽引が到着。
この日は4,2,3号機と赤スカートの若番が続きました。
DSC01241.jpg

続いて到着は赤熊102号機。
DSC01246.jpg

いよいよ登場の「北斗星」。これがこの場所で函館行きの普通列車と被る可能性が高いのですが、被らずホッとしました。
DSC01253.jpg

出発して行ったのは赤熊11号機。またもや赤スカートのMTUエンジン車。
DSC01257.jpg

「スーパー北斗1号」札幌行きの1本目です。途中で「北斗星」を追い抜いて50分も早く札幌に着きます。
DSC01261.jpg

函館発着の普通列車は現在ではキハ40だけになってしまいました。
DSC01266.jpg


赤熊の121号機。現在のところラストナンバーですね。
前後のキャブに運転士以外にも何人か乗り込んでいましたので、乗務員研修か何かでしょうか?
「スーパー北斗1号」かこの貨物列車辺りまでが朝飯前のひと仕事です。
DSC01273.jpg

28日は撮影は休みでのんびり過しました。翌7月29日、帰る日が来ました。
帰りの飛行機の出発まで時間があるので、早起きしてちょっと撮影へ。
またいつもの同じ場所ではつまらないので、下見を兼ねて27日の五稜郭操車場跡より更に北側の桔梗駅寄りへ。(五稜郭~桔梗間)

27日に被られて撮れなかった「カシオペア」から。
操車場跡のようにバックに送電線も無く空が更にスッキリしています。青空が出ていればもっと良かったのですが…。
星罐はハイビームで来たのでゴーストが出てしまっています。
DSC01317.jpg

後追いでもう1発。好きなアングルですが、陸橋の下を潜っているので1台目の罐に影が…。
DSC01318.jpg

更に桔梗駅よりで赤熊108号機の後追いです。空コキが2両有ったので、罐が良く見えました。
右端に桔梗駅の跨線橋がチラッと見えています。
DSC01323.jpg

本来は「トワイ」の予定ですが、前日(出発日)の悪天候影響で何とウヤ。
「北斗星」はほぼ定刻で通過です。
DSC01329.jpg

赤熊の115号機がやってきました。罐次の30ft.タンクコンテナ2コ積が目立ちます。
DSC01335.jpg

列車を待つ間、すぐ近くに先日車窓から見えた野立て看板が有りましたので見て来ました。
何故か函館に仙台銘菓「白松が最中」です。何度も食べた事は有りますが、見たらまた食べたくなりました。
函館に市街地からちょっと離れただけでもうこんな風景です。
3本のポプラの木が北海道らしいですね。
CA3J0058.jpg

帰りがけに青函運転所・五稜郭機関区沿いの道から「がんばろう東北」・「がんばろう宮城」の大きなステッカー付きのキンタ38号機が見えました。
DSC01340.jpg

大震災からの復興、原発事故の終息を願っています。

今回は大沼へ一泊旅行をしたことも有って撮り鉄には余り時間をかけられませんでしたが、年に一度の帰省でのんびりと過すことが出来ました。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/24(水) 18:48:28|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<鉄道コレクション第14弾 | ホーム | 2011年夏函館へ【1】>>

コメント

函館遠征お疲れ様でした。「アノ場所」は本当に良いですね。来年辺りは又行ってみたいです。
写真を見て、北海道のキハ40、増備したくなりました・・・。
  1. 2011/08/24(水) 22:24:52 |
  2. URL |
  3. 日本高速鉄道㈱ #E6kBkVdo
  4. [ 編集 ]

>日本高速鉄道㈱ さん

ご無沙汰です。
今年は「乗り」を楽しんだ分、「撮り」が少なくなりました。
それでもいつもの場所には2日通いましたが・・・。
最終日はちょっと北寄り場所で撮りました。
上り側は撮影ポジションに無理が有り、下り専用になりそうです。
  1. 2011/08/25(木) 20:23:54 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

HOKKAIDO

北海道の旅行となると、ついレンタカーに頼ってしまいますから、列車での移動がとても優雅な、贅沢なものに感じます。
キハ40の車窓から眺める北海道の風景の方が、頭の中に焼きつくのでしょうね。
高校時代の北海道旅行を思い出してしまいました。
また、函館付近の列車の数々。
普段は見ることのできない列車たちですが、日々こうして列島を行ったり来たりしているんですね。
カシオペアの最後部に乗る方、うらやましいー。
  1. 2011/08/25(木) 20:36:39 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

>しなのさかいさん

ここ数年は実家から自転車で行ける手軽さから、五稜郭駅付近か操車場跡地が多く、定点撮影状態でした。
今回気分転換に最終日ちょっと場所を移動してみました。
それにしても早朝におっさんがカメラバッグ持ってママチャリで走っている絵はかなり怪しいですね。

せっかく大沼にも行ったので、もっと自然の風景を絡めた写真も撮りたかったのですが、次回はロケハンして行ってみようかな。

カシオペアの最後部、乗ってみたいですね。
自分が乗ったら多分寝られないだろうなぁ。
  1. 2011/08/26(金) 21:07:57 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

アチャー、被られた!
遠ざかるカシオペアに写る障害検知機に 心の動揺を見て取れます
私も同じ様な思いを何度も味わいました
しかし メゲる事なく翌日に撮影して居るところは、流石です
しかし 70年代まで この鉄路をD52、C62が、驀進していたんですね
  1. 2011/08/26(金) 21:31:21 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

>線路際の住民さん

何しろこの時間帯はコンテナ貨物のラッシュ時間ですから、どちらかが遅れれば非常に際どいタイミングになります。
特にこの場所での「北斗星」は1往復体制になってからは函館行きの普通列車に被られる確率が高くなりました。
  1. 2011/08/26(金) 22:53:27 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

北海道帰省、お疲れ様でした。
ご自宅はまさに線路際で、いいロケーションですね。
しかも、ゴールデンタイムには列車頻度が高そうで
効率がよさそうですね。
本州とは一味違う北斗星やカシオペアのシーン、
撮りたくなりました。
さて、小樽築港が模型で再現する日が近くなりました。
私もそうですが、嬉しい悲鳴です。
  1. 2011/08/27(土) 09:07:53 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

>イケレクさん

帰省した時にはすっかり早朝の日課になってしまった五稜郭操車場跡通い。
その度、母は「アンタまた汽車撮りに行くのか。懲りないねぇ。」
「こっちでしか見られないんだからしかたないっしょ!」
と毎度同じ会話です。(笑)
  1. 2011/08/27(土) 21:49:43 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

あんたはホントにもう

すみません。その親子の会話、ストライク過ぎます(笑)
当方も、娘と実家にいながら「ちょっとタ◯タ◯まで…」と言って一人で出ようとすると、まったく同じ会話が再生されます。
北の扇形庫からさんですらそーなんですね。ちょっと安心しました!
(大笑泣泣泣泣泣)
  1. 2011/08/27(土) 22:15:21 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

>しなのさかい さん

上の会話の続きとしては
「何しに来てんだか。」
「機関車撮りに来てんだ。」
「いい歳してはんかくさい。」
「たまにしか来ないんだからいいべさ。」
「・・・」
親子漫才では有りませんが、どこも似たようなものですね。
  1. 2011/08/28(日) 00:04:56 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/881-c2cda235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)