しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

フレンドリーじゃない銀座線DCC化



線路際の住民です
先日購入した地下鉄銀座線の室内灯を輝かせながら走る姿は、いい感じですね~
でも 減速したり停車をすると暗くなってしまうのは、興醒めしてしまいます
そこで DCCを搭載する事にしました



先頭車の床板を見ると フレンドリー仕様だったので 動力もフレンドリー仕様かと思いモーターカバーを外すと デコーダを入れるスペースがありません!
まぁ 考えれば、16M車用ユニットですから 仕方ないのかも知れません
しかし モーター付近を見ると イカにもココにリード線を! と云う様に溝が切ってあり ココにリード線を通して
デコーダを取り付けます


今回使ったデコーダは、デジトラックスDZ143汎用タイプを使います
集電を室内灯のモノと兼ね 真鍮パーツに半田付けをします
モーター側は、集電板のモーター付近を テープを巻いて絶縁した後 集電板とモーター端子を繋ぐ真鍮パーツにリード線を半田付けして終了です

組み上げると こんな感じになります


赤いデコーダがすごーく目立ちますけれど 加減速設定をして 走らせるとスイッチひとつで 走り そのスムーズな加速に 走らせて楽しむと云う事を 改めて感じさせてくれます




最近 遅い帰宅時間に 加工作業が出来なかったのですが、ようやく ひとつ出来上がりました。
明るい室内灯に 地下鉄駅が欲しくなりますね!
チョット考えてみようかしら…
スポンサーサイト
  1. 2011/10/13(木) 07:54:40|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<鉄道コレクション 阪神5311形 | ホーム | 第18回鉄道フェスティバル(鉄コレ 阪急3000系)>>

コメント

カトーのDCCに対するスタンス

確かに室内灯がつきっぱなしの方がいですね。
しかし、フレンドリーではないとは、知りませんでした。
カトーのDCCに対する考え方は、JAM等で聞いているので、特にいちゃもんをつける気はありません。
遊べるなら遊ぼう、でしたね!

  1. 2011/10/15(土) 20:37:57 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

D51498を見ても フレンドリー仕様ではないのだけれど メーカーとして
改造し易い構造になっています
DCCについて最近のカトーは、鉄道模型を楽しむアイテムのひとつ と捉えているようで 無理矢理フレンドリーにせず 加工の余地を残すやり方にしているところを評価したいですね
その分 ユーザーも 手と頭を使いますが、そこに趣味の楽しみ方があるのでしょうね
  1. 2011/10/16(日) 09:22:40 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/900-0bcdb5df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)