しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

第51回全日本模型ホビーショー(その4)

(その3からつづく)


【トミックス・上】

とにかく情報量が多いトミックス(トミーテック)。
すべてをお伝えできそうにありません。
実際に会場でトミーテックとあわせて見ていると、いくつかの新製品を見落としそうになりました。
わざわざ幕張まで行って、そんなチョンボをしてはいけませんね。



CIMG0171.jpg

ED7950。
蕨方面の製品が唯一でしたが、ようやく。
当然のラインナップでして、再び、あのスーパーフライホイールが搭載されるのでしょう。
コキ250000のコンテナ列車と組み合わせたりすると良いのかもしれません。
迷わず2両を導入させていただきましょう。
運転台窓のわずかな傾斜もきちんと再現できているようです。



CIMG0170.jpg

スハ43系もブルーが製品化されますが…
スハ32系、オハ61系など、トミックスの旧型客車はヒケ、そして車体の反りが目立ちます。
改善についてお話を伺ったところ、困った様子でした
(べつに責めたてたりしていませんよ、念のため)。
BMTNの良さも捨てがたいだけに、どうにかなるといいのですが。



CIMG0172.jpg

二軸貨車もまだまだ続くんですね。
当方、頬杖をついて展開を見守っている、そんな感じになってきました。

今回は、カ3000とツム1000ですか。
この2つがリニューアルされるなんて、考えたこともありませんでした。
こんな車種までTNカプラー対応で製品化するのには、いったいどういった企みがあるんでしょう。
牽引する機関車がない…
まだ答えは出てきていないような気がします。
勝手な想像ですけど。
安い価格ですし、とりあえず買っておこうかと思います。



CIMG0176.jpg

EF60も、既にEF65を製品化しているので当然のバリエーション展開。
しかし、緑のメーカーも同じようなことを考えているでしょうから、ユーザーとしても悩んでしまいます。
それぞれに良いところがある訳ですが。
トミックスの機関車は、売れ行き面でちょっと気の毒なところがあります。



CIMG0174.jpg

12フィートのコンテナも増えるようです。
日本通運のブルー。日通オレンジと合っていて、なんとなく好みです。



CIMG0184.jpg

いすみ鉄道のキハ52も出てきます。
こうした中小私鉄車両の模型化は、事業者の経営支援にもつながる良い企画ではないでしょうか。
鉄道コレクションと共に、トミックスブランドでも、どんどん展開をお願いしたいです。
三陸鉄道36形のリニューアルなんてのも、いいと思うんですが。
ライトが点灯する36形。25年の時を経て見てみたいものです。


(その5へつづく)





スポンサーサイト
  1. 2011/10/18(火) 22:04:54|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第51回全日本模型ホビーショー(その5) | ホーム | 第51回全日本模型ホビーショー(その3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/905-81c4fa4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)