しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

第51回全日本模型ホビーショー(その7)

(その6からつづく)


【トミーテック・下】

今回で最後です。
鉄道コレクションについて、です。


CIMG0199.jpg

42系の発売が、いよいよ今月末に迫ってきました。
楽しみです。



CIMG0200.jpg

今まで気が付かなかったのですが、灰色の貫通幌が別パーツで付くんですね!
やってくれました。
妻面の窓もはめ込み式のようでした。
貫通幌は鉄道コレクションで始めての仕様ではなかったかと頭がぐるぐるしています。
間違っていたらすみません。



そして…

R0017232.jpg

鉄道コレクション52系の製品化が発表されました。
やはりTM-17の例のパーツのうち1つは、これだったんです。



CIMG0192.jpg

R0017229.jpg

同時に試作品も。
こちらもなかなか良い印象です。
テールライトも蕨方面のようなパイプが刺さった表現ではなく、きちんと浮いています。
おでこのヘッドライトもあまり違和感がありません。



CIMG0215.jpg

CIMG0218.jpg

湘南色のセットは、中間車2両がサハではなくてクハです。
クハ47114と108。
湘南色は時代的にどうも、なんていって横須賀色ばかりを気にしていると、ちょっと後悔するかもしれません。
42系飯田線セットに入るのもクハ47でしたが、違いがあるのでしょう。



CIMG0214.jpg

次のブラインドシリーズはレールバス?
やはり中小私鉄の収益に少しでもブラスになればいいですね。
良いビジネスモデルになることを期待します。



CIMG0195.jpg

CIMG0196.jpg

弘南鉄道6000系。
東急仕様も発売されるそうです。
湯たんぽのような車体は人気が出そうです。



*      *      *



今回のショーを見て。
鉄道模型としての一番の話題は、42系と52系だったと思います。

R0017233.jpg

今回のショーのために、このようなレイアウトが披露されました。
コレクション系をふんだんに使ったものです。
42系と52系が、自動運転で列車交換をしていました。

ストラクチャーの時代設定がズバリであり、この日のために長い年月をかけてせっせと製品化してきたとしか思えません。
「いろいろと製品化してますからねー。ちょっと作ってみました」というような担当者氏のお話。
余裕を感じるセリフに、大いに納得してしまいました。100パーセント同意です。



CIMG0203.jpg

こんな風景を、線路際の住民さんと、いつまでも見てしまいました。
単線のレイアウトですが、飽きません。



R0017236.jpg

あの有名な橋をモデルにしているんでしょう。
本当に大人のメルヘンです。
こんな風景を自宅でも再現したくなります。

毎回塗装に納得できず、スルーしてしまうことの多かった当方ですが、こうしてトータルで遊び方を魅せられてしまうと、やはりヤラれてしまいます。

旧型国電の世界は、どこのプラ製品メーカーも本格的に手を出してこなかった最後のパラダイス。
ここがとうとう征服される日が来るようです。
「鉄コレ」という製品水準が現れなければ、まだまだNゲージの旧型国電の世界は、黎明期のままの平和な世界だったことでしょう。



□      □      □



長々としたレポートにお付き合いくださり、ありがとうございました。
どうしても省略できない写真が多くなってしまったため、このような結果になりました。

10月も、もう下旬に。
そろそろ今月の新製品ラッシュとなります。
適度に欲しいものを手にして、そして以上のようなこれからの新製品に思いをはせて…
そしてまた、仕事を頑張りましょう!

当方もレイアウト工事を再開します。
ではまた。




スポンサーサイト
  1. 2011/10/19(水) 22:49:03|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<詰所の中ではナニが? | ホーム | 第51回全日本模型ホビーショー(その6)>>

コメント

旧国

鉄コレ モハ52系飯田線快速色に入っているクハ47は、旧クハ58からの改番車ですので、鉄コレ クモハ43スカ色に入っているサハ48改造のクハ47とは出自が異なります。

因みに、GMのクハ47は旧クハ58の改番車クハ47 100番台です。
鉄コレ モハ52系飯田線快速色に入っているものと同じタイプです。
ただ、GMの旧国キットは車体幅が広過ぎなので、今回の鉄コレ版は車体寸法が正しい決定版になりそうです。
GMのクモハ43とクハ47のキットは、狭窓がデフォルメされていて車体長が若干長めに出来てたと思います。

飯田線に20m級の旧国が入線して暫くの間は、ブドウ色、スカ色、湘南色に塗装された旧国がゴチャ混ぜで走ってました。まさにガラクタ編成ですね。面白い。あと、買収国電と17m級国電が混結された編成も走ってました。

鉄コレで、クモハ11 400+クハ16 400のブドウ色発売して欲しい。
GMのキットは車体幅が広いので…。
  1. 2011/10/20(木) 13:44:38 |
  2. URL |
  3. KL #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます!

KLさん

はじめまして。
解説していただきありがとうございます。
いろいろな塗装の車両の混結でも良い訳ですね。
ホントにこの分野は興味があっても、良い教材が少なくて困ります。
カマの教科書は多いのですが…
GMのキットが実はなかなか使いづらいという話、他の方からも聞いています。
やはり、今回の鉄コレがブレイクスルーしそうな予感です。
クモハ11とクハ16。
いいですねー。
コンビナートのジオコレも進出しているトミーテックですから、なんだか待っていたら出てきそうですね。
  1. 2011/10/20(木) 21:49:41 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

あの飯田線レイアウトは、いいです~ね! 思わず見惚れてしまいました
遂に 流電!発表しましたね
完成品では、残念な流電を見てきただけに ヘッドライト非点灯ながら 試作品の造形の良さに発売日が、楽しみになってきました
一次型と謳って居るだけに 続編も気になります
  1. 2011/10/21(金) 21:21:34 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

52系良さそうですね。どこぞの残念な完成品に比べてもテールライトもちゃんとしてますよね。

中学生の頃、流電見たさに飯田線に行った事を思い出します。
当時飯田線は52系だけで無く、旧国天国でしたね。最も横浜線や南武線にもまだ73系が走っていたころの話ですが・・・。

東急の6000系も元沿線住民としては気になります。
  1. 2011/10/21(金) 23:12:27 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

ヘッドライト非点灯

線路際の住民さん

ヘッドライト非点灯でも、造形がいいので、点かなくて結構結構。
蕨方面のヘッドライトと比べれば、雲泥の差ですね。
続編もあるんでしょうね。
クモハ53、コイコイ。
  1. 2011/10/25(火) 23:12:27 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

東急6000系

北の扇形庫からさん

あのころの飯田線を実体験できているのは、ホントにうらやましいです。
そして、東急もついになりふり構わずの世界に。
6000系も独特のスタイルで、思わず手にとってしまいそうです。
でも、旧5000系の再生産や5200系の登場をもっと期待しているのですが。
あのときは、ちょうどお金が無くて買えなかったんですよねー、青ガエル。
  1. 2011/10/25(火) 23:15:34 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/908-4e42dcee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)