しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

詰所の中ではナニが?

こんばんは、しなのさかいです。


R0017182.jpg

10月に入ってからは、土日にうまく時間を確保することができていません。
女房が土曜日か日曜日に出勤しなければならない状態が続いていることが響いています。
なので日中は、ひたすら、子守(笑)
22時から寝るまでに、どれだけの作業を進められるか、にかかっています。
11月もこんな状態が続くみたいでして、まだまだ鉄分は不足しそうです。



ですので眠気と戦いながら、ちまちまと。

R0017287.jpg

北の扇形庫からさんのアドバイスを採用させていただき、線路際に保線小屋を置くことにしました。
なるべく建物は置かない方針ですが、ポツンとあることが、かえって自然の景色を活かすような気がしていいです。
選んだのはGMの詰所。
久しぶりに買いました。

ところで、このボックスアート。
中でナニが行われているんだろうと考えてしまうほど、魅力があります。
心理学のテストにいいかもしれません。
「保線員がヤカンでお茶を入れている」?
そんな答えでは、ダメですよ。



R0017289.jpg

タミヤのサーフェイサーを吹き付け、漆喰の部分はGMの白3号を、板壁の茶と屋根はアクリルガッシュで適当に筆塗りしました。
窓はGクリアを周囲だけに付ける感じで。
設置場所は、まだ検討中です。
いくらなんでも、野立て看板の手前はマズいです。



R0017290.jpg

板状の基礎パーツは、トロッコ置場があるために建物よりも広いものとなっています。
うっとおしいので、プラニッパーでカットし、建物だけの基礎としました。
入口の階段部は、角プラ棒で作り直しています。
グレインペイントを混ぜたアクリルガッシュでコンクリートっぽく。
低価格のプラキットですが、なかなか楽しい作業でした。
ジオコレ全盛期ではありますが、こうしたGMの小物とたわむれてみると、目指す風景とじっくり向き合うことができる気がして、いいものです。



R0017294.jpg

踏切は、まだ警報機の仕様で悩み中。
矢印装置をカットする方向で考えています。
ジオコレ製品でも良いような気がしますが、やはり自分の許容範囲ではないような気がしています。



R0017291.jpg

そうでした。
この舗装道路の左折した部分から先は未舗装の道路にします。



R0017295.jpg

ここに置きたいために、開封売りのランドクルーザーも買ってしまいました。
早く着工したいのですが、22時過ぎにボンド作業は正直厳しいです。
まあ、でたらめでも平気な作業なので、車両をいじるよりは安全ですが。
ちょっと、やってみますか。



*      *      *



話題は変わりますが。
10月は、当方の守備範囲で二つの模型店(売場)のおしまいセールに遭遇しました。


R0017292.jpg

ひとつめのお店では、こんなものを。
信じられないほどのお買得でした。
C20コンテナは、年末に再生産されるトミックスのコキ10000系に使うため。
車両もありましたが、あえてこうしたパーツ類だけとした次第です。
当方は、よほど探していた車両でもない限り、叩き売られていても買わないようになりました。
結局、走らせないで処分してしまいますし。
いろんな車両に乗せかえられるパーツを買った方が「生き金」になる…ような気がしています。



R0017285.jpg

ふたつめのお店では、こんなものを。
詰め合わせとなっていますが、これ全部で315円です。
ブックオフで買うより安いので、まあいいやと判断しました。
値段の設定も「ブックオフで売るより、まあいいや」なのでしょう、たぶん。


R0017284.jpg

今の鉄道ジャーナルには失望していますが、昔の「列車追跡」シリーズは参考になります。
Jトレインも1冊入っていました。貨車の特集号みたい。勉強しなくては。
Nマガは1から全部持っているしなー。
RMモデルスも…
でもでも、4勝3敗でも315円ですから(笑)
自分としては、いい詰め合わせを持って帰ってきたと思っています。

車両も爆安で売っていましたが、やっぱり何も買いませんでした。
叩き売り会場へ行っても、どうもシラケてしまううんです。


そういえば、東京都港区の模型店も同じ時期におしまいになったようですね。
鉄道ブームと言われていても、次々と製品が発売されても、市場を見渡せば、こうして「鉄道趣味は儲からない」というフラグが立ちまくり。

どこかがねじれているようです。
ではまた。





スポンサーサイト
  1. 2011/10/25(火) 23:05:28|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「白松がモナカ」を食す | ホーム | 第51回全日本模型ホビーショー(その7)>>

コメント

山深い線路際の駅構内でもない、ちょっとだけ開けたわずかな場所に何故か小屋がポツンと。
どうしてこんな場所に何のために?そんなシチュエーションが興味をそそる様な気がします。
昔山線の線路際に見かけたような・・・。
  1. 2011/10/27(木) 22:23:14 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

NHK番組の中でC62ニセコの空撮シーンに 木立の中を走る時に 出てくる踏切に警報機すらなかったですね
ハエタタキが、存在感を誇示していました
そういえば、雪国の踏切って警報機の位置が線路から少し離れてましたっけ!
地域によって構造物を考える事もレイアウト製作の楽しみなんですね
  1. 2011/10/28(金) 08:17:37 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

北の扇形庫からさん、線路際の住民さん

実は、そうなんです。
NHKのアレを見ながらイマジネーションを膨らませています(笑)
C62専用のモジュールにする気はないのですが、やはりいい風景です、山線は。
  1. 2011/10/28(金) 20:35:01 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/909-067f102e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)