しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

鉄コレ 飯田 大糸線42系電車 後編


線路際の住民です

リニア・鉄道館限定販売品 モハ52のスカートを外して見ました
既に狭窓タイプの製品化が、リリースされ 追って広窓も製品化を期待したい処です。

展示されている実物は、方運転台なんですが…
感の鋭い人は、この部分を見て飯田線タイプの製品化を 確信したかもしれませんね!




さて 身延線にして見ようと、単純に屋根だけを交換して見ます

とりあえず…と云う方には、良いかもしれませんが よ~く みるとパンタグラフ側の屋根端が、雨樋に引っかかり反り返ってしまいます
妻面上部をフラットにしないと 屋根板が キチッとハマりません。
今回の製品は、今までの鉄コレと違い 大糸、飯田線は、パンタグラフ位置の違いの他 それぞれ ジャンパ栓や床下機器配置も奇数 偶数で作り分けをするなど 単純に部品交換だけでは済まない 意外と手間の掛かるんです

その様な訳で 塗り替えた方が、楽である!
早速 塗装の為に 車体をバラしてみると 新たな驚きを発見!

貫通扉が、別パーツになってます
ある意味では、塗装済みキットの感覚ですよ コレは…

外を見ると雨模様なので また 時間のある時に 身延線に仕立ててみるつもりです

でわでわ
スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 07:30:26|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<カ3000とツム1000 | ホーム | 鉄コレ 飯田 大糸線42系電車 前編>>

コメント

ヘッドライトもそうですし、パーツの構成にだんだん違和感が無くなってきました。
すごいものです。
しかし、旧国は奥が深くてわからないことばかり。
まだまだ勉強不足です(泣)
  1. 2011/11/01(火) 21:13:30 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

奥の深い旧国であるとしても、鉄コレでこの作り分けは驚異的としか言いようが有りません。

動力化の費用を勘案しても、同じく大陸製でありながら、某残念な完成品との価格差は何なんだ?と感じてしまいます。
  1. 2011/11/02(水) 12:42:06 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

 鉄コレ42系2種類私も買いましたが、従来の鉄コレとはまったく違った高級感があります。まさに驚愕の完成度でした。
 クモハ42800は元々身延線に投入され、62系と入れ代わりに大糸線に転属した形式なので、この塗り替えはアリですよね。
 ただ、屋上の配管が空気管と電線管が逆ではないのか?と疑問を持っています。製品の配置では奇数車の配置ではなかろうか?と。
  1. 2011/11/05(土) 15:52:43 |
  2. URL |
  3. nakayamadera113 #IHo2lHN.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/914-af08c4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)