しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

すいこまれていく光

こんばんは、しなのさかいです。

ゴールデンウイークの中日となりました。既に高速道路はUターンが始まっているとか。昨年よりも渋滞も多くなっているようです。

当方も、約1か月ぶりの慈善事業をしに、多摩動物公園へ行ってまいりました。

R0010023.jpg

新緑は目にまぶしく、人出の凄さは形容しがたく…。
今日と明日は入場無料なんだそうでして。

R0010034.jpg

17時近くまで滞在しましたが、ヘロヘロです。
まあ、子どもたちは満足したようですから、良しとします。
この写真、多摩都市モノレールの真下には、京王レールランドがあったのですが、もうどうでもよくなりました。


さて、3日に作業した内容です。

R0010051.jpg

甲州街道ゾーンでは、段々畑にプラスタークロスを固着。歯ブラシのトントンで、いい感じの地山ができあがりました。
最上段の農家については、GMの玉石垣を土台に巻いています。
この玉石垣を表現するところが、甲州街道を表現する大きなポイントになります。


R0010052.jpg

こちらは、前回お話した「エンブレ坂」です。
均一なアップトリムを出すために、1ミリのバルサ板を敷きました。
この道の両サイドに、新聞紙の玉を押し付けた上でプラスタークロスをカバー。土手の表現が出来上がります。
ちょうど、新作のカーコレに軽トラがラインナップされるとの情報が入りました。
作業に気合いが入ります。


R0010055.jpg

こちらはエンブレ坂とは違いますが、段々畑に続く畦道です。
中央を指でなぞってへこませ、両サイドに雑草が生えた未舗装道を表現する予定です。
軽トラが無理をすれば走れるくらいの幅員でしょう。


さてさて、これらの情景の下には、複線トンネルが。

R0010059.jpg

「内壁に照明が反射するシーン」を目指して、トンネル内部の内壁を作りこんできました。
前回の状態からさらに手を加え、内壁にタミヤパテを盛り付けてもう少し丁寧な仕上がりをめざしました。
綺麗なツルツル表現まではできませんでしたが、このことがかえって、少々コンクリートが剥離したような表現を得ることができたようです。
そして何よりも、照明反射の効果はご覧のとおり!
白色LEDのオハ14レガート車と、カトー321系を配置しましたが、内壁にライトの光を反射させることができました。カントをつけたレールにも反射しています。


R0010061.jpg

新線・旧線坑口の「新線」にも、オハ14を置いてみました。
こちらは直線部分ですから、内壁をプラ版で作っています。
同じように反射効果を得ることができました。
光が徐々に、闇の中へ吸い込まれていきます。


たかがトンネル、されどトンネル。
大概がポータルだけを設置しておしまい、という「山とトンネル」の表現ですが、小さなこだわりを持ってトライすると、それだけ運転時の楽しみを倍増させることができます。
ストラクチャーにこだわらなくても、心象風景は表現できるんですね。
この内壁反射、まさに私の心象風景です。

ではでは。




スポンサーサイト



  1. 2009/05/05(火) 00:40:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<愛知環状鉄道 | ホーム | 珍しい車両が上京>>

コメント

旧街道のイメージが出てきたようです
長野・山梨県周辺に在りがちな光景ですね
まさに何処かで見た風景でしょうか
街道沿いの民家の脇にボンカレーの看板がありそうな感じです
  1. 2009/05/05(火) 21:22:56 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

エンブレ坂の左の家に看板がありますが、左上のはもしかしたらボンカレーかな?
いい味だしてますね~
庭ににわとりがいたり、子供が遊んでいたり、いろいろイマジネーションが膨らみます。
複線隧道の反射は、幹線らしくクールです。
  1. 2009/05/06(水) 01:05:06 |
  2. URL |
  3. カレチ #-
  4. [ 編集 ]

すいこまれていく光

着々と進んでいるようですね。
トンネル内の光の反射良いです。

琺瑯看板は私の年代にとって車窓から見える風景には無くてはならない物です。
松山容子のボンカレー、水原弘のハイアース、大村昆のオロナミンC、美空ひばりの金鳥、菅公学生服等々
子供の頃車窓からチラッと見えた懐かしい思い出です。
  1. 2009/05/06(水) 09:55:26 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

トンネル内の光の反射やホーロー看板はいいですね。
模型をいかに実感的にするのかはいつも悩みます。

これという解決法がないから模型は楽しいのかもしれません。
  1. 2009/05/06(水) 12:32:25 |
  2. URL |
  3. もんち #8VFDsj1w
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/92-f2941599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)