しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

ふたつの5000系(GM都営編)

線路際の住民です
奇しくも月末に都営と京王の5000系が、発売されました。

グリーンマックス 東京都交通局5000系の試作品段階で指摘された ライト部分ですが、結局改良されず仕舞いでした
そこで ライトリムをタッチアップして見ました


色々と指摘される製品ですが、床下機器の造形は吊り下げ感を良く表現しているものと思います
ライトの色や照度等 手を加える楽しみイッパイ!な GMらしい完成品です

そういえば、昔の同社のキットの説明書に 各自の創意工夫…なんてフレーズが、ありましたっけ?

京王編につづく
スポンサーサイト
  1. 2012/01/29(日) 10:35:58|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ふたつの5000系(京王編) | ホーム | kato 自動踏切s>>

コメント

ライトの形状は模型の完成度の中で大きなウエイトを占めるだけに、今回は妙な妥協をしたなあと思います。
採寸がしっかりしていても、こうした努力を消し去るようなやり方は残念です。
パッチリとしたライトは、やはり5000系の顔ですね。
  1. 2012/01/30(月) 07:44:25 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

元々の造形が、良かった事でライトリム色差しだけで グッと表情が、良くなったのだと思います
鉄コレ 京急とならべて遜色ありません
  1. 2012/02/04(土) 08:05:35 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/947-e69d95b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)