しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

HG化されたトミックス489系白山

こんばんは、しなのさかいです。


R0018156.jpg

トミックスから「489系 白山」が再登場しました。

1998年に発売された旧製品は、BMTNの取付が準仕様という状態でして。
カッターナイフ片手に四苦八苦して装着した思い出があります。
そんな苦労をした編成も、いつのまにか、ロクサンと共に自宅の在庫から消えていました。

発売前の巷の声はひっそりとしていましたけど、今回はHG仕様ということでの再登場です。
いつも感じる「買い直し」の苦痛は、ちょっと少なかったかな。



R0018165.jpg

特急シンボルマークぐらいつけないと(笑)
そうそう、このシンボルマークは、旧製品ではボディと一体だったのです。
タイフォンカバーも付けていませんが、旧製品はボンドによる直付でしたね。
スカート側とボディ側とを選択できる仕様だったのですが、位置ギメでもだえまくった思い出があります。
「白山」マークも、おなじみになった、クリアパーツに印刷されたやつです。



R0018158.jpg

当方、トミックスHGのボンネット車は初。
運転台は、やはり淡緑色パーツで作りこまれています。
ボンネットのモールドは、21世紀のボンネット特急模型の定石?
見ていて楽しくなりますね。



R0018159.jpg

今度のEF6318・19号機は、ボディ前面のパーティラインが無くなるとか。
そんな粋な計らいを企むトミックスですから、ちょっと期待していましたが…
結局、ここのラインは消えませんでした。
ちょっと残念ですが、金型を考えると仕方ないのかもしれません。



R0018162.jpg

運転台の後ろのクーラーキセ。
ここは、塗装を塗り分けていました。
旧製品よりは、屋根の色をダークグレー化しているからでしょう。
他のクーラーキセは未塗装で、成形色のままのようです。



R0018161.jpg

モハ489のラウンジ&コンビニエンスカー。
久しぶりにわが家に復活、というところでしょうか。
繰り返しになりますが、こうした編成のアクセントとなるような車両は特に大好物です。
窓の無いピンク帯の部分。
改造車をアピールしたようなところがたまらんですね。



*      *      *



トミックスの碓氷アイテム・復活編。
またもや、その渦に巻き込まれてしまいました。


199411489noto1.jpg
1994年11月。福井駅にて。

今回は、こうして実車に乗った思い出がありましたので、迷いなく。
乗り鉄と模型鉄をやっている悲しさが出てしまいました。
この時は、小浜線を乗りつぶした帰りでして、異常な程にぐっすり眠れまして。
閑散期ということもあってか、1ボックス占領もらくらく。
減光してオレンジ色になった車内で、快適に深夜の碓氷峠を下ったのでした。



で、ヒドイ写真ですみませんが、乗ったのは「能登」なんです。
当方の記憶にある489系「能登」はこの「白山」カラー。

しかーし。
今回の「白山」には「あさま」が入っていても「能登」が無い!
「能登」だの「白山」だの「あさま」だのと、意味不明な文章になっているかもしれませんが、そういうことなのです。

まさか「さよなら能登」セットを買わなかった人に対する制裁措置???
うーん、これはどうにかしないといけません。



R0018177.jpg

LEDの光り具合も実感的ですし、ボディの塗装もOKでした。
トミックス製品の塗装は、以前よりは大幅に改善しましたが、最近でも大きなホコリ混入があり、気が抜けません。
一気に9両も増備するので、買う瞬間はドキドキです。



R0018169.jpg

晩年の碓氷峠で唯一の夜行列車だったのです。
だから「能登」のHMを…
もうやめておきます(自爆)

こうして、末尾9の電車が増備を行うと、今度はEF63の増備?
なんだか、コンテナ病と同じパターンです(コンテナ→コキ→コンテナ…)
今回は、家の中の不良在庫を処分した上での増備でしたが、こうした「見つめなおし」をしながらやっていこうと思います。
基本的には「Nゲージ・スローライフ宣言」を維持しているのですから。

ではまた。



スポンサーサイト
  1. 2012/02/26(日) 23:10:08|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ハエタタキ行進曲 | ホーム | 鉄コレ 弘南鉄道6000系>>

コメント

碓氷峠で昼頃やって来るんです、そして夕方になると白山色のあさまを根性で(ほぼ露出が無い為)撮影して碓氷峠を後にしていた頃を 想い出します
 碓氷シリーズが続きますね!489系あさま色も出てくるのかな?
  1. 2012/02/26(日) 23:32:04 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民さん

撮影派、乗り鉄、それぞれの思い出の中の碓氷峠です。
白山色のあさま。あまり意識していませんでした。なかなかエグい組み合わせ。489系あさま色もやるんでしょーねー。189系あさま色が出た今、ちょっと考えちゃいます。
  1. 2012/02/27(月) 07:44:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

白山には1度だけ乗ったことが有りました。
まだ白山色もあさま色も無かった頃で、当然のように特急色でした。
その時乗ったのはボンネットではなく、電気釜だったと思います。「鉄」休止期だったのでちょっと記憶が曖昧ですが・・・。
車内で「峠の釜めし」を食べつつ、空気ばねパンクのせいでゴツゴツとした乗り心地の悪さだけは覚えています。
  1. 2012/02/27(月) 20:34:33 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

北の扇形庫からさん

電気釜の白山ですか!
サシで熊の平?。なんだか目頭が。
そんな思い出を模型で再現しちゃうとエラいことになります。

  1. 2012/02/27(月) 21:52:38 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

電気釜・・・

貫通型が200・600番代で、非貫通型が300・700番代でしたねぇ・・・。一度で良いから電気釜の白山色、見たかったし乗りたかったです。
  1. 2012/02/28(火) 21:22:35 |
  2. URL |
  3. 岩崎友裕 #-
  4. [ 編集 ]

これがウワサの…

隠密です。
TOMIXの碓氷峠HGリニューアル大会、すごいですね~。
旧製品を所有しているユーザーの買い替え需要も見込んでの製品化でしょうね。
TOMIXのHGは高価だけあって、仕上がりは良いですね(^^)
隠密はこの機会に旧製品を中古で揃えました(;^_^A
それにしてもTOMIXの碓氷峠関連リニューアル、メーカーの戦略を見据えつつ、冷静に見ていきたいですね。
  1. 2012/03/02(金) 12:41:57 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

岩崎さん

当方も電気ガマの白山色は見たことがありません。
いろいろな、荒わざのような変わった色の車両があった90年代だったと思います。
  1. 2012/03/02(金) 21:12:35 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

SF商法?

隠密さん

おっしゃるとおり。
当方、こうしたレポートをする一方で、トミックス商法にどこまで付き合おうか悩んでおります。
もちろん、碓氷アイテムはストライクネタなのですけど。
最近、近所のバス停の前に、どう見てもSF商法のお店ができまして、お年寄りが大勢お店の中にいます。
「あららー」なんて思いつつ、実は自分も同じ…だったらいやですので、気を付けないといけませんねー。
  1. 2012/03/02(金) 21:16:30 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/955-b21cda0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)