しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

ホームウエイ3号に乗る前に拾ったカニ24

こんばんは、しなのさかいです。

昨夜も、ホームウエイ3号で帰ってきました。


20120309001.jpg

当方は、相模大野までの乗車です。
したがって、券売機からは、3号、53号のどちらかの座席が気まぐれで出てきます。
箱根湯本行きの3号(EXE6)、片瀬江ノ島行きの53号(EXE4)は新宿から併結されたまま相模大野にやってきて、そこで分割するので、券売機さんは「どちらでもいいでしょ、アンタ」ということのようです。
もっとも、こちらも「窓側指定」というわがままな注文をつけているので、一方的に券売機を悪く言うことはできまへんが。



20120309003.jpg

しかし、乗った時の印象は、3号よりも53号の方が落ち着くのでした。
3号はまるで宴会列車でして、新宿を出発する前から、ビニール袋の音と、おつまみとお酒のにおい。
そんな中、つとめにんが1人でウォークマンを聴きながら家路につく。
こんな異民族同士の共存は、かなり無理がありすぎるような気がします。


そんな問題意識があるからなのかわかりませんが、来週末のダイヤ改正では、分割をやめて方向別となり、さらに3号は、町田停車で本厚木止まりになるそうです。
当方は、18時44分発のホームウエイ81号の乗客となる予定です。
週に1回だけですけどね。


参考までに、昨夜の車内でのBGMは「西村京太郎トラベルミステリー」でした。
やや前傾姿勢なメロディーは、小学生のときからお気に入りです。



□      □      □



さて、そんなホームウエイ号の旅に出る前に、駅近くの中古模型店をパトロール。
最近、このパターンが多いです。
で、店内の中央にあって、複数人で同時に首をつっこめる「ジャンク箱」コーナーをのぞきこんだら、トミックス・北斗星(東)のカニ24がラップに包まれて入っていました。

ふと我に帰ったら、袋に入ったカニを握りしめて、京王デパート前の雑踏の中に立っていたのです。



R0018182.jpg

コレがソレです。
包まれた状態を撮影しておけば良かったですが、間違いなくジャンク品でした。
とにかく安かったー。
ボディはまったく問題なし。見たところ、床下はBMTN対応ではないので、JR東日本仕様2のやつ、しかも明るめの塗装ですから、二次ロットかしら。
しかし、何でジャンク扱いなのか、よく分かりません。



R0018185.jpg

よく分からないまま分解したところ「!!!!!」
床下パーツは旧仕様なのに、ライトユニットが最新のLED仕様です。
JR東日本仕様2は、確か二次ロットも含めて電球仕様だったような…。
このLED、分売パーツ(品番0720)として買うと1050円します。
ちょっと得した気分…。
こんなアップグレードされた「仕様と違う」点が、ジャンク箱行きの理由だったのかなあ。
よくわからん公式です。



R0018184.jpg

先日、近所の量販店で意味もなく買っておいた、品番6243「床下・シート(カニ24-0用)」を早くも登板させます。

手前の黒いやつは、オハネフ25に使ったPZ6261の余剰パーツ。
カニ用のジャンパ栓パーツとダミーカプラーが、このカニの到着を待つようにしっかりと余っていました(しかも5組も)。



R0018186.jpg

BMTN対応になりますから、これまたストックしてあったTNカプラー0374をはめ込みます。
車輪は、最新仕様の集電がまともなやつがデフォルトで付いていましたので、カプラーポケットをニッパーでふっとばしただけ。



R0018210.jpg

お得なのか、損なのかわからなくなりましたが、とにかく完成。
混成編成セットと同等のハズなんですが…
車番は509としました。
JR東日本仕様2はだいぶ前に処分してしまいましたし、混成編成セットは持っていませんので、久々にわが家に、トミックスの東日本カニがやってきたあんばいです。



R0018205.jpg

ところで。
先に中古単品で入線させていた、混成編成仕様のスシ24。
これには車番がありませんでした。
ですので、トミーテックお客様相談室から混成編成用のインレタを取り寄せたのです。
1枚300円ナリ。
こーして番号が入りました。こちらは507に決定。
北海道のスシと東日本のスシとでは、車番の位置(高さ)が微妙に違うのですねー。



以前からご紹介してきましたが、こうして2007年の夢空間セットを軸に、JR東日本仕様3のような編成?も組成できちゃうようにしてみました。
果たして経済的に正解だったのかどうか、微妙なところですけど(笑)
緑色のメーカーが、デラックス編成再生産に合わせて…
これ以上は考えないようにします。


R0018213.jpg

全車BMTNカプラー化完了。
とりあえず、トミックス製の夢空間車両を保有し続ける限り、こうした車両群で、いろいろな編成を組んで楽しんでいこうと考えています。

トミックス製のブルトレ客車も、BMTNとトイレタンクの組み合わせ、B寝台のカラーシートパーツ等、まだまだアドバンテージを持っていますしね。
B寝台に銀河モデルのハシゴを付けてみたくなりました。探してみます。



*     *     *



水曜日のこと。
帰宅したら、ポストにマニ50の保護棒が入っていました。
面倒くさいですけど、早いうちに取り付けてしまおうと思います。
そんなパーツよりも、驚いたのがこれ。


R0018211.jpg

トミックス製品に入っている、ごく普通の取扱説明書のようなデザイン。
よく読むと、書いてあるセリフが、先行してネット上に掲載された弁明文そのままなんです。
いろいろと記念になります。
こうした「Nゲージ事件史」を、いつか年表でまとめてみる必要がありそうです。
しらさぎの床パーツ事件、ロスナイ付け忘れました事件… まだまだありますね。
最近は、蕨方面の価格設定そのものが、連続殺人事件のようで怖かったりします。
そろそろ本気で目を覚まさないと。


「なぜ表現されていないのか?」
坊やだから、なんでしょうかね。

ではまた。





スポンサーサイト
  1. 2012/03/10(土) 17:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<またヒッソリと… | ホーム | 旧客キャンバス屋根の表現>>

コメント

カニマニ

隠密です。

ジャンク発掘調査、楽しそうですね。
とてもジャンクとは思えないものもあるんですね(^^)
田舎では中古ショップとかがないので、そんな楽しみはできません(^^;

マニ50問題、たしかにこれは歴史に残りますね。
メーカーが役所みたいな対応をした結果ですね。

隠密はN歴が浅いので、過去の事件については何も知りませんが、いくつかあったんですね…(;^_^A

蕨方面って…、こちらには「蕨温泉」というところががあるので、なんか不思議な響きです(^^;
  1. 2012/03/10(土) 22:22:29 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

お?マニの保護棒がきましたか!
我が家に まだきていないのですが、どうしたのかしら?
青い会社に限らず 緑色の会社も ゆうづるでやっちゃいましたからね
何時の間にかあけぼので なかった事にした処は、驚嘆の域です
ef80の再販が、気になります
  1. 2012/03/10(土) 22:41:15 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

たまにはホームウエイ号でゆったりと座って帰るのは良いですね。

あのコーナーは何処がジャンクなんだ!?って物が見つかるところがまた楽しいんですわ。

今回は良い拾い物でしたね。
  1. 2012/03/10(土) 23:30:53 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

隠密さん

隠密さんの保護棒に関する記事も拝見しておりましたー。
メーカーの押しつけのような割切り方とアナウンスした後での仕様変更。
こうしたことがあると、どーも距離を置いて見てしまうようになります。

最近の中古模型店では、ジャンク品からどういう展開をすることができるかという想像を楽しんでいます。
  1. 2012/03/11(日) 20:35:44 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民さん

ゆうづるオハネフ事件。
ナハフ20非常口事件に通じるものがありました。
マニ50の保護棒は、ダイレクトメールのような雰囲気で到着しますので、誤って捨てないようご注意を。
  1. 2012/03/11(日) 20:38:27 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

北の扇形庫からさん

朝の上り方面を5日連続でやると、身も心もヘロヘロで。
せっかく新宿から乗る帰り道ですので、こうした週に1回のゼータクをやっています。
EXEしか乗れないのがちとナンなんですが。でもシートは最高です。
ジャンク品は、いろいろな理由があって投げ込まれています。
単にボディがキズもの、ということでもないのですね。
スリルです。
  1. 2012/03/11(日) 20:41:32 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/01/06(水) 00:32:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

カニ24のBMTN化は問題ないか

◯◯◯◯◯◯◯◯さん

質問をいただきました。久しぶりにこのカニ24を見てみましたのでレポートします。
おそらく台車が干渉するというのは、台車が首ふりの状態となったとき、BMTNの、画面でいうと0526というナンバーがモールドされた部分の横と干渉するということでしょう。
そこでカーブレールの規格はどこまで許容されるかということになりますが、カトーの315ではまったく干渉しません。
トミックスの243で見てみましたが、ややぶつかっているのかなと思えるものの、レールには完全に追従しており、これも問題無いように感じます。
最後にカトーの216でも試しましたが同じ感想です。ただ前者と同様、このくらいの半径でブルトレの運転もナンなんで、やはり315付近で問題ないのならばOKではないのかなと思います。
少なくともBMTNを削るという必要性は感じませんでした。
トミックスのカヤ24であればBMTN化はいろいろと厳しいようですけど、カニ24ならば大丈夫だと思いますよ。
  1. 2016/01/06(水) 21:29:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/960-58c5ab24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)