しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

第51回静岡ホビーショー(その3)

(その2からつづく)


【トミックス・トミーテック】


やっぱりこれが来たのでした。

20120519018.jpg

C6120。
客車が出てきてそのまんま、なはずがない?
一応、C57に続く新たな蒸気の形式となります。
復活蒸気というところが、シニア層にイマイチ浸透しないようですが、市場のことを考えれば当然の選択でしょう。
高崎付近の復活蒸気の製品化。
青組と緑組で競争しているように見えます。
2対1となりましたけど、イーブンにもっていく奥の手があるのかないのか?



20120519015.jpg

EF63の18号機と19号機。
旧製品を手放して、もう何年になるでしょうか。
再び我が家にやってくることになりそうです。
とにもかくにも、茶色専用に起こされたパーティラインのないロクサンのボディ。
これはお初です。
当方の好みは、青と茶のミックスでの運用。
そんなことも来月にはいよいよ実現可能になるのですね。
そろそろ189系と489系の入線準備を始めます。
14系「能登」も、あと少しの辛抱かなあと思っちゃったりするのです。



20120519016.jpg

20120519017.jpg

ローグレードと言うのかどうか。
キハ187系に続くコストダウン製品が、このタンゴディスカバリーだそうです。
よく見ると椅子の背もたれは再現されている?
先日キハ187系に室内灯を組み込んでみたのですが、あまりにも悲惨な光景に目が潤み、速攻で電装解除しました。
ですので、この最低限の室内表現は大正解だと深くうなずいてしまうのです。



20120519019.jpg

北の扇形庫からさんいわく「スーパーキハ40」。
一応、北海道現行色ですから(ちょっと違う部分もあるけど)、タイフォンカバーの単色塗りと帯との違和感も少し和らぐかな。
旧塗装は帯に白線が入ったので、タイフォンカバーとの相性がイマイチでした。
ちょっと欲しいかも。



20120519021.jpg

鉄道コレクションでは、飯田線の119系が。
グリーンマックス、マイクロエースに続く3社目のチャレンジャー、登場です。
帯がありますから、塗装がうまくいくことを祈る!!!

そういえば、52系の塗装のイマイチ感については、メーカーも認識しているような印象でした。
金型が良いだけに、塗装でガッカリしたくないのですが、どうなんでしょう。



20120519022.jpg

八高線の、ある意味「スーパー103系」?
これも期待している製品です。
単色塗りですから、まあまあの塗装で出てくると思っていますけど…。
それにしても、前面の印象把握。
素晴らしいですよね。
仙石線をガマンするのがたいへんでした。



20120519020.jpg

ファンが多い、富山地方鉄道の14760形。
やっぱりあの映画とつながったかー、という感想。
ホント、鉄道コレクションの車種選定は、いまやトミックス以上に話題性があります。
トミックスのショーウインドウは、ほんの少し、勢いが衰えたかな?
「さようならナンチャラ」が話題をさらっていた時代もすっかりと昔話化している?
そんな印象をトミックスブランドに抱いてしまいます。



20120519023.jpg

牧場、ヤッパリキター!
大きさを確認してきました。
これなら建設中の直線モジュールに置けそう。
草太兄ちゃんがバイクにのっているんですね。
トラクターには乗ってほしくないなあ。
詳しくは6月9日と10日のBSフジで。



20120519024.jpg

すべてをそろえるともてあましそうなので、選んで置くことにします。
担当者氏のお話にもありましたが、最近の建物系はゆがみがなくなりました。
なので、初期の建物コレクションのリニューアルをぜひともやってほしいです。



20120519025.jpg

んでもって、コレなんです。
仮乗降場。
床板の感じといい、もうこれは買い!
100円ショップのケースでミニジオラマを作りたくなります。
とにかく見ていて楽しくなるんです。
ワンマン車用のミラー等を撤去すれば、国鉄時代でもOKみたい。
キハ22を置いて、いつまでもニヤニヤしていたくなりません???



という訳でして、繰り返しになりますが、本家よりも分家にますますの魅力を感じます。
結局は同じ会社なので、トミーテックとしてはニューホビー事業が基幹分野となった、というそれだけのことなのかな?

ただ、ユーザーとしては、トミックスブランドの今後が気になるところです。
トミックス製の車体に鉄コレのようなレタリングが入れば、相当強烈なアイテムが出現すると思いますけど、無理な事情があるのですね、たぶん。

HG、ハイグレードといっても、インレタを貼らなきゃのっぺらぼうの素材のような車両。
すべてを否定することはありませんけど、鉄コレのますます派手な展開と比べると、やはりHG製品にネガティブな印象を持たざるを得ません。
ましてやスカスカなオレンジ色の湘南色なんて、いったいなにをやっているのかと小1時間(笑)
ちょっと熱が入ってしまいました。すみません。


(その4へつづく)


スポンサーサイト
  1. 2012/05/20(日) 00:42:13|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<第51回静岡ホビーショー(その4・終) | ホーム | 第51回静岡ホビーショー(その2)>>

コメント

TOMIX
またもや碓氷シリーズ。
私の周りでは、既に複数両持っているので、食指が動かない様子です。
ただ、集電力は向上しているかと思いますので、入替ぐらいはあるかもです。

TOMITEC
話題の103系3000番台。
自作が1本(なんとハエ55、3005番編成)あるので、残り4本を予約しました。
ハエ51〜55が103系3000番台。コンプリートです。

それとこの仮乗降場。買いですね、これは。
お座敷レイアウトでも、絵になります。
  1. 2012/05/20(日) 01:04:11 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

C57 135発表を境にトミックスのブース内に於けるジオコレの存在が、目立つ様になりました。
まだまだ 続きそうですね!
103系 気合いが入ってます 何気に置いてある 元千代田乗入れ車が、何かを誘う様な気がします。??線セットABCなんて なるのでしょうか?

  1. 2012/05/20(日) 07:47:21 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

レポート感謝

遠方のホビーショーもこうやてパソコンの画面で見られる…
イイ時代です。
そして、レポートありがとうございまのす(^-^)/

C61、まずはTOMIXがノロシをあげましたか~。
隠密はKATO機を待ちます(;^_^A

川越線の103系3000番台とか、EF63茶とか、心が動くモノがたくさんあります。

しかし、吟味吟味…

牧場、これは、ん~、想像以上にデカイですね~(;^_^A
ジオコレも吟味して購入しないと、置く場所がなくなってしまいます(^^;

仮乗降場はよく似たのが大糸線にありますので、ちょっと心が動いてます(^^;
  1. 2012/05/25(金) 19:37:01 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

イケレクさん

ロクサンのリニューアルはおおよそ予想していたので、ことあるたびに処分し続けていました。
今回の茶色は、新規金型だけあって、ちょっと楽しみです。
さすがに川越・八高線については注目されていますね。
予約とはすごい。


線路際の住民さん

103系でABCセット。
エメラルドグリーン車なんて人気が爆発なんでしょうなあ。
高速でぶっとばす103系も今となっては昔のこと。
  1. 2012/05/26(土) 17:07:51 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

隠密さん

どうもどうもです。
ストラクチャーも含め、トミーテックは購買力のある年齢層を良く分析していて、そのへんにずばり合うアイテムを次々と当ててきます。
そうですね、吟味しながら買わないとたいへんなことに。
借乗降場、いい雰囲気でした。
自作でもやれそうなアイテムですが、手軽に手に入る風景であるところが良いです。
  1. 2012/05/26(土) 17:12:25 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/981-dc111758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)